臼杵市

日本の大分県の市

臼杵市(うすきし)は、大分県の東海岸に位置する国宝臼杵石仏醤油の製造で有名。近年では城下町の町並みでも知られるようになった。

うすきし ウィキデータを編集
臼杵市
Buddhism statue of USUKI (Furuzono) Oita,JAPAN.JPG
臼杵磨崖仏・古園石仏群の大日如来像
臼杵市旗 臼杵市章
臼杵市旗
2007年1月1日制定
臼杵市章
2007年1月1日制定
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 大分県
市町村コード 44206-2
法人番号 2000020442062 ウィキデータを編集
面積 291.20km2
総人口 34,514[編集]
推計人口、2023年1月1日)
人口密度 119人/km2
隣接自治体 大分市佐伯市津久見市豊後大野市
市の木 カボス
市の花 サルビア
臼杵市役所
市長 中野五郎
所在地 875-8501
大分県臼杵市大字臼杵72-1
北緯33度07分34秒 東経131度48分19秒 / 北緯33.12611度 東経131.80525度 / 33.12611; 131.80525座標: 北緯33度07分34秒 東経131度48分19秒 / 北緯33.12611度 東経131.80525度 / 33.12611; 131.80525
Usuki city hall (usuki building).JPG
市庁舎位置
外部リンク 公式ウェブサイト

臼杵市位置図

― 市 / ― 町・村

特記事項
  • 市役所のデータは臼杵庁舎のもの
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

 
臼杵市中心部周辺の空中写真。
2018年4月22日撮影の6枚を合成作成。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。

東部は豊後水道に面しており、北を佐賀関半島、南を長目半島に囲まれた臼杵湾に沿って広がる。臼杵湾に注ぐ臼杵川の河口周辺の平野部に市街地が形成されている。臼杵湾には、黒島津久見島等が浮かぶ。内陸部は、北部がなだらかな丘陵、南部が標高500mから600mの山地となっている。

隣接する市町村編集

地名編集

全域が明治からの大字を用いている。平成の大合併前に野津町であった地域は大字の前に「野津町」を冠する。 旧臼杵市

  • 家野、板知屋、市浜、臼杵、江無田、大泊、海添、風成、戸室、二王座、野田、深江、深田、福良、前田、望月(以上、旧臼杵町)
  • 大浜、諏訪、中津浦(以上、旧海辺村)
  • 佐志生(旧佐志生村
  • 大野、下ノ江、田井(以上、旧下ノ江村)
  • 末広、岳谷、田尻(以上、旧上北津留村)
  • 稲田、井村、藤河内(以上、旧下北津留村)
  • 乙見、掻懐、久木小野、左津留、高山、武山、中臼杵、中尾、東神野、吉小野(以上、旧南津留村)

旧野津町

  • 老松、野津市、原、都原、宮原(以上、旧野津市町)
  • 秋山、西畑、東谷、前河内、吉田(以上、旧南野津村)
  • 烏岳、西寒田、千塚、藤小野、柚野木(以上、旧戸上村)
  • 岩屋、落谷、垣河内、白岩、清水原、泊、西神野(以上、旧川登村)
  • 亀甲、王子、八里合、福良木、山頭(以上、旧田野村)

歴史編集

うすきし
臼杵市
   
臼杵市旗
1950年4月1日制定
臼杵市章
1950年4月1日制定
廃止日 2005年(平成17年)1月1日
廃止理由 新設合併
臼杵市(旧)、大野郡野津町 → 臼杵市(新)
現在の自治体 臼杵市(新)
廃止時点のデータ
  日本
地方 九州地方
都道府県 大分県
隣接自治体 大分市津久見市、大野郡野津町、南海部郡弥生町北海部郡佐賀関町
臼杵市役所
所在地 875-8501
大分県臼杵市大字臼杵72-1
 表示 ウィキプロジェクト

市名の由来編集

臼塚古墳の入口に立っている石の武人像が、「」と「」の形に似ており、昔から「うすきね様」と呼ばれ親しまれてきたことから「臼杵」の地名となったと言われる[2]

産業編集

農業・漁業といった第一次産業と、造船業醤油味噌などの醸造業が盛んである。経済的には大分都市圏に属し、大分市との関係が深い。

臼杵市に本社を置く主要企業編集

市政編集

市役所編集

  • 臼杵庁舎(旧臼杵市役所、議会設置庁舎)
  • 野津庁舎(旧野津町役場)
  • 臼杵市社会基盤整備・災害支援センター(旧大分県立臼杵商業高校

消防編集

話題になった出来事編集

若林純一市議(鼻だしマスク市議)編集

2021年8月、小中学校周辺で複数回にわたってマスクを着けずにCOVID-19ワクチンの接種停止を求めるチラシを配布し、市に苦情の電話が殺到した[3][4]。市議会は信頼を損なう行為だとして、厳重注意を行った[3][5]。市議は、新型コロナは風邪であるとし、マスクの効果やワクチンの安全性に疑問を持っている[5][6]

2021年9月21日、鼻だしマスク姿で議会での発言を認められず、退席したことが全国ニュースで報じられた[4]。議会は辞職勧告を決議したが受け入れず、市議は表現の自由の侵害で議長や市を提訴した[7][8]。裁判中は「マスクの着用は有害無益だ」と訴え、法廷にはノーマスクで入り、傍聴席にはノーマスクの支援者が20人ほどいた[8][9][10]

2022年4月24日、臼杵市議会選挙が行われ、最下位で落選した[11]。その後、「市議でなくなり、マスクなしでの発言を求める意味がなくなった」として、訴訟を取り下げた[8][12][13]

男女共同参画基本計画編集

2022年、臼杵市の「男女共同参画[14]」が、時代にズレているとして話題になっている[15][16]。この2017年に策定された基本計画では、吉四六(きっちょむ)さんの妻「おへまさん」を市民の理想像に掲げ、「内助」「我慢強い」「器量良し」「美人ではないが安心感を与える容姿」など、古い価値観の再生やジェンダー不平等につながりかねない表現がされている[15]。また、基本計画の「基本的な考え方」には「臼杵市の男女共同参画を日本中に広めよう!」「臼杵市の男女共同参画が日本の標準になる」と書かれ、「10年後のあるべき姿」に「古風な『男らしさ』や『女らしさ』を感じさせる『祇園祭』や『うすき竹宵』も、伝統行事として毎年開催されています」、「主な取り組み」に「婚活支援と地域で子育てを支える環境をつくります」などと書かれている[17]

2021年3月、同市出身の大学生が基本計画の内容に危機感を覚え、市に意見書を郵送した[15]。市の反応は鈍かったが、大学生が市議や担当者に相談し、2022年9月の市議会で取り上げられた[15]。市は、不適切表現を一部認め、修正、削除する方針を決めたが、総合目標や理想像をおへまさんとすることは変えないとし、「おへまさんによって親しみやすい計画ができ、企業などの反応もよかった。適切でない表現があったのはまずかったが、全面的な作り直しは次期計画で行いたい」と述べている[15]

国政・県政編集

国政編集

衆議院小選挙区選挙では、大分2区に属する。直近の第47回衆議院議員総選挙2014年12月)での選出議員は以下のとおり。

なお、吉川元社会民主党)が比例で復活当選している。

県政編集

大分県議会議員選挙では、本市でひとつの選挙区をなす。定数は2人。直近の第18回統一地方選挙2015年4月)での選出議員は以下のとおり[18][19]

公共機関編集

国の行政機関編集

県の行政機関編集

司法機関編集

姉妹都市・提携都市編集

国内編集

国外編集

地域編集

市外局番編集

  • 旧臼杵市:0972
  • 旧野津町:0974

人口編集

 
臼杵市と全国の年齢別人口分布(2005年) 臼杵市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 臼杵市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

臼杵市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


教育編集

高等学校編集

かつて存在した高等学校編集

中学校編集

休校中の学校は除く。 市立

小学校編集

休校中の学校は除く。

市立編集

特別支援学校編集

  • 大分県立臼杵養護学校

交通編集

 
宇和島運輸フェリー - 臼杵港
 
九四オレンジフェリー

鉄道編集

中心駅は臼杵駅。

バス編集

一般路線バス編集

かつてはJR九州バスが臼杵駅 - 三重町駅間(野津経由)に臼三線の路線バスを運行していたが、2007年3月31日をもって廃止され、路線は大分バスグループに譲渡された。

高速バス編集

上記1路線のみ。かつては福岡市と臼杵市を結ぶ以下の高速バスが運行されたことがあったが現在は運行しておらず、県外と臼杵市を結ぶ高速バス路線は現在ない。

  • 日豊海岸 くろしお号(大分バス西鉄高速バス)2009年12月4日から2010年8月29日までの試行運行。
  • YOKARO - 2011年4月1日運行開始。市内に「臼杵」・「辻」の2停留所があった。資金難、運転手不足のため2014年10月11日より運休。

道路編集

高速道路編集

一般国道編集

主要地方道編集

一般県道編集

船舶編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

名所・旧跡・観光スポット編集

 
臼杵磨崖仏(ホキ石仏第二群第一龕 阿弥陀如来)
 
臼杵城址跡
 
二王座歴史の道
 
九家の大蔵

市のPRキャラクター編集

臼杵市の国宝・臼杵石仏をモデルにした「ほっとさん」、やる気なさげな姿が話題になった[21][23]。市の臨時職員が2013年に広報資料を作成した際にパソコンで描いたのが始まりで、名前は公募で選ばれた[24]。市の祭礼に登場する赤い猫に仮装したり、臼杵特産の「かぼすブリ」にまたがるなどのバリエーションがある[21]

祭事・催事編集

百選編集

臼杵市出身の有名人編集

政治編集

産業編集

文化人編集

スポーツ編集

芸能編集

マスコミ編集

臼杵市を舞台とした作品編集

小説編集

映画編集

漫画編集

ソーシャルゲーム編集

注釈編集

  1. ^ 原作漫画は旧野津町が舞台だが、ドラマ版・映画版では、園子温が監督を務め、ドラマ本作と映画版は園の出身地の愛知県の東三河地方で、ドラマ続編は東京都内でロケが行われた。

出典編集

  1. ^ 臼杵市長が辞意 セメント誘致めぐり リコール運動のさ中『朝日新聞』1970年(昭和45年)11月5日 12版 23面
  2. ^ 歴史 | 臼杵市役所”. www.city.usuki.oita.jp. 2020年4月11日閲覧。
  3. ^ a b 「発言は許可できません」“鼻マスク”市議が注意無視で議会紛糾…退席市議「法的手段を検討」と反発も…大分・臼杵市”. FNNプライムオンライン (2021年9月22日). 2023年2月6日閲覧。
  4. ^ a b 大分の〝鼻出しマスク市議〟がブログで反論「マスクの強要以外の何物でもありません」”. 東京スポーツ (2021年9月23日). 2023年2月6日閲覧。
  5. ^ a b 臼杵市議がマスクつけず接種の停止求める活動 議会が厳重注意”. NHK (2021年9月5日). 2023年2月6日閲覧。
  6. ^ 大分県臼杵市議会、「鼻出しマスク」で辞職勧告”. 日経ビジネス (2021年11月5日). 2023年2月6日閲覧。
  7. ^ 「ノーマスク市議」マスク着用で「規則順守」条例案に反対するも…可決 大分・臼杵市”. テレビ大分 (2022年3月24日). 2023年2月6日閲覧。
  8. ^ a b c 鼻だしマスクの元臼杵市議 落選受け裁判の訴え取り下げ”. NHK (2022年5月13日). 2023年2月6日閲覧。
  9. ^ 法廷でもマスクせず 市議と市の「マスク訴訟」初弁論 ”. 産経新聞 (2022年2月25日). 2023年2月6日閲覧。
  10. ^ 「鼻マスク市議」大分・臼杵市選挙で最下位落選! 反ワクチン系候補も “絶滅” 一直線か”. 東京スポーツ (2022年4月25日). 2023年2月6日閲覧。
  11. ^ マスク拒否で辞職勧告が決議された市議、最下位で落選 大分・臼杵”. 朝日新聞 (2022年4月25日). 2023年2月6日閲覧。
  12. ^ 市議「鼻出しマスク」訴訟、落選で訴え取り上げ「発言求める意味なくなった」”. 読売新聞 (2022年5月22日). 2023年2月6日閲覧。
  13. ^ マスク拒否で処分受けた元市議 慰謝料請求などの訴えを取り下げ”. 朝日新聞 (2022年5月12日). 2023年2月6日閲覧。
  14. ^ 臼杵市男女共同参画基本計画”. 臼杵市 (2019年2月28日). 2023年2月6日閲覧。
  15. ^ a b c d e 内助、器量良し…理想は吉四六さん妻 大分・臼杵市のズレた「男女共同参画」”. 西日本新聞 (2023年1月6日). 2023年2月6日閲覧。
  16. ^ 「おへまさん」とマリン首相と「あなたは世界を変えられる」”. 朝日新聞 (2022年7月1日). 2023年2月6日閲覧。
  17. ^ 第2次臼杵市男女共同参画基本計画【ダイジェスト版】 (PDF)”. 臼杵市. 2023年2月6日閲覧。
  18. ^ 開票結果-道府県議選・大分県【統一地方選2015】 読売新聞
  19. ^ 選挙区別議員名簿 大分県ホームページ
  20. ^ スリランカどんな国? 臼杵市と姉妹都市提携50周年を記念”. 大分合同新聞 (2016年10月8日). 2023年2月6日閲覧。
  21. ^ a b c 大分のゆるすぎ?キャラ 臼杵石仏「ほっとさん」 やる気なさげな姿で話題”. 産経ニュース (2014年8月13日). 2023年2月6日閲覧。
  22. ^ 古田健治(2014年4月25日). “臼杵市歴史資料館:あす開設 市所蔵の絵図など展示公開”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  23. ^ ほっとさん”. ゆるキャラグランプリ. 2023年2月6日閲覧。
  24. ^ 大分“ゆるすぎ”キャラ話題沸騰 臼杵石仏「ほっとさん」”. スポニチアネックス (2014年8月14日). 2023年2月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集