立石岬

福井県敦賀市にある岬

立石岬(たていしみさき)は敦賀半島の北端にあるである。若狭湾の入り口西側にあり、若狭湾国定公園に含まれる。

東側の鉢伏山から望む敦賀半島先端の立石岬、岬から南東に延びる浦底半島とその先端ある水島、左端に蠑螺が岳

概要編集

北緯35度45分51秒 東経136度1分3秒 / 北緯35.76417度 東経136.01750度 / 35.76417; 136.01750座標: 北緯35度45分51秒 東経136度1分3秒 / 北緯35.76417度 東経136.01750度 / 35.76417; 136.01750にあり、福井県敦賀市に属している。岬から約250m内陸の海抜121m地点に、日本人設計による初の洋風灯台である立石岬灯台が建てられている。

岬の南側の入り江には1970年昭和45年)に竣工した日本原子力発電敦賀発電所がある。また、夏期は海水浴ウィンドサーフィンなどのマリンスポーツで観光客が訪れる無人島、水島が近い[1]

交通編集

灯台へは福井県道141号竹波立石縄間線の終点から徒歩で500mの道のりである[2]

  • 公共交通機関
北陸本線敦賀駅から「立石」バス停まで、敦賀市コミュニティバス常宮線が運行されている[2][3]
  • 自家用車
北陸自動車道敦賀インターチェンジから約45分の道のりである[2]
  • タクシー
敦賀駅から約40分の道のりである[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 【敦賀観光案内サイト 漫遊敦賀/無人島「水島」】一般社団法人 敦賀観光協会”. 一般社団法人 敦賀観光協会. 2015年2月9日閲覧。
  2. ^ a b c d 【敦賀観光案内サイト 漫遊敦賀/立石岬灯台】一般社団法人 敦賀観光協会”. 一般社団法人 敦賀観光協会. 2015年2月9日閲覧。
  3. ^ 1402コミュニティバス時刻表出力.indd - 004.pdf (pdf)”. 敦賀市. 2015年2月9日閲覧。

外部リンク編集