わらわぬおとこ』はNHK銀河ドラマ」枠で1970年7月20日7月31日に放送された連続テレビドラマである。カラー作品。全10回。NHK大阪制作。

概要編集

「銀河ドラマ」第33作。松竹新喜劇の創立者、2代目渋谷天外の自伝的随筆をもとに、芸人の子として生まれた主人公が、紆余曲折を経ながら一流の喜劇役者に成長してゆく姿を笑いと涙のうちに描く一代記ドラマ。登場人物は全て仮名になっている。

物語編集

大正の末、大阪で人気のあった泉楽天のひとり息子文夫は、子役として舞台に立つことを嫌い進学を志していたが、父の急逝で否応なく喜劇の世界へ引きずり込まれてしまう。行く末を案じてなにくれと世話を焼いてくれた遠縁のおたまが嫁ぐと、文夫は天涯孤独の身となった。師匠格の楽坊は文夫に脚本の修業を命じるが、その意図を理解しかねる文夫は修業に身が入らず、女性遍歴を重ねてゆく。やがて芝居茶屋のお茶子、おきぬが妊娠した。

キャスト編集

スタッフ編集

参考資料編集

  • 「テレビジョンドラマ」(放送映画出版)
NHK 銀河ドラマ
前番組 番組名 次番組
大風呂敷
(1970.7.13 - 1970.7.17)
笑わぬ男
(1970.7.20 - 1970.7.31)
闇からの声
(1970.8.3 - 1970.8.7)