さざんか きゅう
山茶花 究
本名 末広 峰夫
すえひろ みねお
別名義 加川 久
かがわ ひさし
生年月日 (1914-04-01) 1914年4月1日
没年月日 (1971-03-04) 1971年3月4日(満56歳没)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市
職業 俳優芸人
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1932年 - 1970年
主な作品
夫婦善哉
用心棒

山茶花 究(さざんか きゅう、本名:末広峰夫(すえひろ みねお)、1914年4月1日 - 1971年3月4日)は、日本俳優芸人

目次

人物と生涯編集

大阪府大阪市出身。生家は船場でも指折りの米問屋だったが、米騒動のあおりを受けて倒れる。兵庫県立神戸工業学校の建築科に入り、建築会社への就職が決まっていたが、実兄が東京で画家の修行をしていたことから、自らも画家の道が捨てきれず、卒業試験をすっぽかして単身東京へ行く。この頃、社会主義思想に傾倒し、特高にも目をつけられ、尾行を巻いているうちに浅草のレビュー小屋に潜り込んで、そのまま文芸部員としてレビューの台本を書いたり、また歌手として舞台で歌ったりして生計を立てるようになる。

1932年11月にカジノ・フォーリーで歌手としてデビュー。1933年1月に浅草オペラ館の俳優となる。その後エノケン劇団、万盛座のグラン・テッカール、「吉本ショウ」などを転々とする[1]。当時は笠井峰と名乗っていた。のち大阪に戻り、いくつかの舞台に立つが、芽が出ずに俳優を辞めて朝鮮に行き、実業につく。1937年8月、東宝ロッパ一座に入り役者に復帰。このとき一緒に入ってきた森繁久彌と出会う。ここで芸名加川久と名乗る。

1939年3月、当時絶大な人気を得ていた「あきれたぼういず」がリーダーの川田義雄を残して、坊屋三郎益田喜頓芝利英吉本興業から松竹系の新興キネマ演芸部に引き抜かれ、その川田の代役として選ばれ、山茶花究の名で第2次あきれたぼういずを結成する。1943年に解散、森川信新青年座に副座長で入り、1944年に山茶花究劇団を組織して巡業するが、戦況の悪化により解散する。その後、水の江滝子主催の劇団たんぽぽに加わり、終戦を迎える。

 
あきれたぼういず時代(1950年・中央)

敗戦直後の1945年10月に再び劇団を立ち上げるが、すぐに解散。1946年に坊屋三郎、益田喜頓と「あきれたぼういず」を再結成。1952年に解散後は、喜劇役者として舞台や映画で活躍。ラジオのジャズ番組の司会などをしていたところ、森繁久彌から誘われて映画『夫婦善哉』にふちなし眼鏡をかけたインテリの番頭役で出演、冷酷で神経質なキャラクターを嫌味たっぷりに演じ、性格俳優として飛躍。

社長シリーズ』『駅前シリーズ』などの喜劇映画に多数出演する一方、黒澤明川島雄三作品の常連俳優でもあった。エラの張ったギョロ目の風貌で、高利貸しやヤクザの親分など嫌味かつ個性的な役どころなど天下一品の味わいを出し、悪役も善玉もこなす性格俳優として、日本映画黄金期に140作品以上の作品に出演した。1961年に『女は二度生まれる』の演技でNHK助演男優賞を受賞。

また舞台でも活躍し、森繁劇団では番頭格として三木のり平と共に森繁の片腕として動く。喜劇畑出身の俳優だったが、実際は左翼思想に傾倒していただけに新劇志向だったという。1970年5月、森繁劇団の明治座公演で倒れ、酸素マスクをつけてまで舞台に立ったが、気管支拡張症で入院。肺結核糖尿病に苦しみ、死の床に見舞いに来た森繁久弥に「繁ちゃん、いっしょに逝こう」という言葉を残し、翌1971年3月4日午前6時16分に心不全で息を引き取った。

芸名は、九九の「さざんがきゅう(3×3=9)」に由来する[2]。またいつもサインを求められると、「非情」とそえていた。

出演作品編集

映画編集

太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品
★印は黒澤明監督作品

  • 弥次喜多 大陸道中(1939年、松竹)
  • 弥次喜多 怪談道中(1940年、松竹)
  • ニコニコ大会 追ひつ追はれつ(1946年、松竹)
  • 満月城の歌合戦(1946年、松竹) - 九筒三郎
  • おスミの持参金(1947年、東宝) - 綱渡り
  • 親馬鹿大将(1948年、大映) - 学生三人組
  • 社長と女店員(1948年、松竹) - 楽器売り場店員
  • 歌うまぼろし御殿(1949年、太泉映画)
  • エノケン・笠置のお染久松(1949年、新東宝)
  • エノケンの天一坊(1950年、東宝) - お茶売り平助
  • 風雲児(1951年、東映) - 小屋主
  • エノケンの石川五右衛門(1951年、新東宝) - 傀儡師
  • 風流活殺剣(1952年、松竹) - 酒屋勝五郎
  • ひよどり草紙(1952年、宝プロ) - 越中の薬売
  • 天狗の源内(1953年、宝塚映画) - 巻田源内
  • 悲剣乙女桜(1953年、宝塚映画) - 糀屋清兵衛
  • 唄ごよみ おしどり若衆(1954年、東映) - 井の田平八
  • 唄しぐれ おしどり若衆(1954年、東映) - 加賀爪陣内
  • 八百屋お七 ふり袖月夜(1954年、東映) - 拓殖十太夫
  • 歌ごよみお夏清十郎(1954年、新芸プロ) - 人夫安吉
  • 満月狸ばやし(1954年、東映) - 犬上典膳
  • 大江戸千両囃子(1955年、東映) - 大垣主膳
  • 越後獅子祭り やくざ若衆(1955年、東映) - 河童の河太郎
  • あばれ纏千両肌(1955年、東映) - 古市弥十郎
  • ふり袖侠艶録(1955年、東映) - 黒崎半兵衛
  • たけくらべ(1955年、新芸術プロ) - 辰五郎
  • 夫婦善哉(1955年、東宝) - 京一
  • ふり袖小天狗(1955年、東映) - 盛岡屋重兵衛
  • 唄祭り江戸っ子金さん捕物帖(1955年、新芸プロ) - 笹山左近
  • 多羅尾伴内 戦慄の七仮面(1956年、東映) - 警部補塚田
  • 銭形平次捕物控シリーズ(大映)
    • 銭形平次捕物控 死美人風呂(1956年) - 熊八
    • 銭形平次捕物控 まだら蛇(1957年) - 桂周庵
    • 銭形平次捕物控 女狐屋敷(1957年) - 桜川千孝
  • 続二等兵物語 五里霧中の巻(1956年、松竹) - 北原伍長
  • 真昼の暗黒(1956年、現代ぷろだくしょん) - 白木検事
  • 鬼の居ぬ間(1956年、東宝) - 田島営業課長
  • 祇園の姉妹(1956年、大映) - 岡西喜久一
  • 若さま侍捕物帳 魔の死美人屋敷(1956年、東映) - 野ざらし伝三
  • 弥次喜多道中(1956年、大映) - 細野久庵
  • 夜の河(1956年、大映) - 篠田
  • 不知火奉行(1956年、大映) - 春秋庵十風
  • 猫と庄造と二人のをんな(1956年、東宝) - 添山
  • あなた買います(1956年、松竹) - 古川太郎
  • あばれ鳶(1956年、大映) - 家主久兵衛
  • 大阪物語(1957年、東宝) - 河内屋
  • 満員電車(1957年、大映) - 駱駝麦酒社長
  • 刀傷未遂(1957年、大映) - 宗匠宗加
  • 伴淳・森繁の糞尿譚(1957年、松竹) - 李聖学
  • 南蛮寺の佝僂男(1957年、大映) - 風呂間伝兵衛
  • 太夫さんより 女体は哀しく(1957年、宝塚映画) - ジープ主人
  • 恋風道中(1957年、東映) - 喜助
  • 鬼火駕篭(1957年、大映) - すがめの勘次
  • 女殺油地獄(1957年、東宝) - 七左衛門
  • 地上(1957年、大映) - 峯屋
  • 暖流(1957年、大映) - 相良
  • 続々大番(1957年、東宝) - 大将
  • 旅笠道中(1958年、東映) - どろんの新助
  • 弥次喜多道中記(1958年、東宝) - 鬼山玄蕃
  • 巨人と玩具(1958年、大映) - 東隆蔵
  • おこんの初恋 花嫁七変化(1958年、東映) - 庄屋
  • 駅前シリーズ(東宝)
  • 女狐風呂(1958年、大映) - 竜山堂
  • 共犯者(1958年、大映) - 岡本玄
  • 野良猫(1958年 東宝(宝塚映画製作))
  • 細雪(1959年、大映) - 貞之助
  • 人間の條件 第1・2部(1959年、にんじんくらぶ) - 張
  • 花のれん(1959年、東宝) - 織京の主人
  • コタンの口笛(1959年、東宝) - 畑中金二
  • 江戸遊民伝(1959年、松竹) - 北村大膳
  • 社長シリーズ(東宝)
  • (1959年、大映) - 古美術商
  • まり子自叙伝 花咲く星座(1959年、東宝) - 日劇支配人
  • 狐と狸(1959年、東宝) - 天中軒瓢右衛門
  • 怪傑黒頭巾 爆発篇(1959年、東映) - まむしの権次
  • 晴れ姿勢揃い 剣侠五人男(1959年、松竹) - 弥助
  • 警視庁物語 深夜便一三〇列車(1960年、東映) - 準捜査本部の市川部長刑事
  • 抱寝の長脇差(1960年、松竹) - 矢柄郡太夫
  • 女が階段を上る時(1960年、東宝) - バーの持ち主
  • 珍品堂主人(1960年、東京映画)- 島々徳久
  • 路傍の石(1960年、東宝) - 番頭忠助
  • 青春残酷物語(1960年、松竹) - パッカードの紳士
  • 悪い奴ほどよく眠る(1960年、東宝) - 大竜建設専務・金子
  • がめつい奴(1960年、東宝) - 升金
  • 白い肌と黄色い隊長(1960年、松竹) - 松下少佐
  • 花のセールスマン 背広三四郎(1960年、東宝) - 岩井社長
  • 用心棒(1961年、東宝) - 新田の丑寅
  • 女は二度生まれる(1961年、大映) - 矢島堅造
  • 悪名(1961年、大映) - 吉岡
  • 続悪名(1961年、大映) - 吉岡
  • 小早川家の秋(1961年、松竹) - 造り酒屋の番頭さん
  • 飼育(1961年、大宝) - 塚田伝松
  • しとやかな獣(1962年、大映) - 作家・吉沢駿太郎
  • 殺陣師段平(1962年、大映) - 兵庫市
  • 雁の寺(1962年、大映) - 藤本雪舟
  • 夢で逢いましょ(1962年、東宝) - 甚兵衛
  • 丹下左膳 乾雲坤竜の巻(1962年、東映) - 鈴川源十郎
  • 忠臣蔵 花の巻・雪の巻(1962年、東宝) - 柳沢出羽守
  • 空と海との結婚(1962年、松竹) - 黒眼鏡の男
  • 天国と地獄(1963年、東宝) - 債権者A
  • 夜の配当(1963年、大映) - 石神常務
  • 赤い水(1963年、大映) - 野沢地方事務所長
  • 白と黒(1963年、東宝) - 岩崎
  • 台所太平記(1963年、東京映画)- 薬屋・花村
  • クレージー映画(東宝)
  • 新・夫婦善哉(1963年、東宝) - 京一
  • 天才詐欺師物語 狸の花道(1964年、東宝) - 貝原新作
  • 黒の挑戦者(1964年、大映) - 板津部長刑事
  • 鉄火場破り(1964年、日活) - カミソリの竜
  • 乾いた花(1964年、松竹) - 今井
  • 甘い汗(1964年、東宝) - 金子
  • (1964年、大映) - 校長
  • 兵隊やくざ(1965年、大映) - 桃中軒梅竜
  • 喜劇 各駅停車(1965年、東宝) - 菊岡
  • とべない沈黙(1966年、日本映画新社) - 老人
  • 何処へ(1966年、東宝) - 田島教頭
  • 坊ちゃん社員 青春は俺のものだ!(1967年、東宝) - 石山所長
  • 愛のきずな(1969年、東宝) - 葉室

テレビドラマ編集

舞台編集

関連人物編集

脚注編集

  1. ^ 矢野誠一著 『さらば、愛しき芸人たち』 文春文庫、1989年、152頁。
  2. ^ 児玉清著、集英社「負けるのは美しく」より。

外部リンク編集