メインメニューを開く

高桐 真(たかぎり まこと[1][2][3]1927年9月8日[1][2][3][4][5] - )は、日本俳優。本名、道下 真二[1][2][3][5]

たかぎり まこと
高桐 真
本名 道下 真二
生年月日 (1927-09-08) 1927年9月8日(91歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
身長 168 cm[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
配偶者 既婚
主な作品
テレビドラマ
太閤記
忍者キャプター

大阪府[1][4][6]大阪市出身[2][5]関西大学[6]経済学部卒業[2][4]東京俳優生活協同組合[3]、ワシオ企画[4]、鳥プロ[6]を経て、大木由美子オフィスに所属していた[1]

目次

来歴・人物編集

呉服屋を営む父と母の二男四女の次男[2]。大学在学中の1948年、劇団制作座を結成し、中心俳優として『三人姉妹』『罪と罰』『ルノアール群島』などに出演する一方、ラジオドラマテレビドラマにも出演[2]映画にも劇団の資金集めのため、『江戸っ子野郎と娘たち』(1960年第二東映)を皮切りに各社の作品に助演した[2]

制作座はのちに解散し、関西芸術座の創立メンバーを経てフリーとなる[2]。テレビドラマでは、NHK大河ドラマ太閤記』(1965年)、『新・平家物語』(1972年)、『元禄太平記』(1975年)や[2]特撮テレビドラマ忍者キャプター』(1976年)などにレギュラー出演した。そのほか、刑事ドラマ時代劇にも数多く出演[2]。また、舞台作品においても、上記の制作座公演や、長谷川一夫三波春夫らの舞台公演、ミュージカル竹取物語』など幅広い分野で活躍している[2]

2000年代以降は出演作品が途絶えているが、2016年2月には、勝呂誉のトークショーにゲストとして招かれ健在ぶりをアピールしている[7]

特技は、乗馬殺陣歌唱[3]1958年に結婚し、一女あり[2]

出演作品編集

テレビドラマ編集

  • こどもドラマ(NHK
    • お迎い狸(1955年) - 遠山源吾先生
    • 弟のひみつ(1956年) - お父さん
  • 花にふる雨(1957年、NHK)
  • プレイハウス / 檻の中(1957年、NHK)
  • 呼出符号L(1958年 - 1959年、OTV
  • 現代人間模様 / 漁港で(1959年、NHK)
  • 東芝日曜劇場 / かえり咲き(1960年、ABC
  • グリーン劇場 / 柴竹運送店(1961年、TBS
  • 東芝土曜劇場 / 水(1962年、KTV) - 秋山
  • 虹に誓う(1963年、NHK)
  • 星光る(1964年、NHK)
  • 大河ドラマ(NHK)
  • テレビ指定席 / はらから(1965年、NHK) - 主演・衆樹真作
  • 若いいのち(1965年、NTV) - 三宅教官
  • 銭形平次CX
    • 第47話「地獄の罠」(1967年)
    • 第199話「暮六つの鐘」(1970年) - 孫六
  • 特別機動捜査隊 第329話「花散りぬ」(1968年、NET) - 吉川
  • あまくちからくち 第16回(1971年、NHK) - 玲子(演・范文雀)の父
  • 弥次喜多隠密道中 第26話「恐怖の銅山 宇和島」(1972年、NTV) - 村越兵衛
  • 変身忍者 嵐 第40話「空を飛ぶ妖怪城!!」(1973年、NET) - 代官
  • 通りゃんせ(1973年、CX) - 金森耕造
  • けったいな人々(1974年、NHK) - 梅原
  • 特捜記者 第4話「殺しのセールスマン」(1974年、KTV) - 糸村社長
  • スーパーロボット レッドバロン 第37話「宇宙からきた父の手紙」 - 第39話「機械じかけの明日」 (1974年、NTV) - 紅健太郎
  • 闘え!ドラゴン 第9話「怪奇!闇空手!」(1974年、12CH) - 小野社長
  • 非情のライセンス 第2シリーズ 第3話「兇悪の序曲」(1974年、NET / 東映) - 唐沢
  • 正義のシンボル コンドールマン 第8話「やったぞ! 3段化身」 - 第11話「ゼニクレージー大反撃」(1975年、NET) - 黒井剛造 / ゼニクレージー(声)
  • 青春の門(1976年、MBS) - 高塔
  • 太陽にほえろ! 第204話「厭な奴」 (1976年、NTV) - 朝倉泰造
  • 忍者キャプター 第1話「東京タワーに立つ七人の忍者」 - 第37話「天堂無人の最後」(1976年、12CH) - 天堂無人
  • 桃太郎侍(NTV)
    • 第23話「涙でうたう子守唄」(1977年) - 吉村彦太夫
    • 第102話「さらば上方屋」(1978年) - 坂上伊予守
    • 第213話「仁兵衛の天中殺」(1980年) - 井筒屋七右衛門
    • 第254話「望みかなった新妻の座」(1981年)
  • ジャッカー電撃隊 第6話「9ポーカー!!美女の罠」(1977年、ANB) - クライムボス(富岡)
  • 土曜ワイド劇場 / 江戸川乱歩の美女シリーズ 第2作「浴室の美女」 (1978年、ANB) - 福田得二郎
  • 江戸の激斗 第17話「みれん花・野盗 暁の襲撃」(1979年、CX)
  • ザ・ハングマンシリーズ(ABC)
  • 想い出づくり。(1981年、TBS) - 中野国夫
  • 宇宙刑事シャリバン 第25話「鬼の目に涙・天使の涙・パパ助けに来て」(1983年、ANB) - 郷原社長
  • 長七郎江戸日記 第1シリーズ 第114話「なまくら新兵衛」(1986年、NTV) - 市兵衛
  • 江戸を斬る(TBS)
  • 水戸黄門(TBS)
    • 第17部 第18話「河豚に当って悪退治 -下関-」(1987年)
    • 第18部 第26話「怨念渦巻く祭の宿 -豊川-」(1989年)
    • 第19部
      • 第7話「人買い光右衛門 -尾花沢-」(1989年)
      • 第22話「事隠す謎の切腹 -高田-」(1990年)
    • 第20部
      • 第8話「情け紡いだ西陣織 -京-」(1990年) - 清兵衛
      • 第13話「ドジな男の恩返し -高知-」(1991年) - 安藤重行
      • 第21話「奸計暴いた娘の忠義し -人吉-」(1991年) - 倉持左左衛門
      • 第37話「悲願を秘めた水芸師 -長岡-」(1991年) - 大槻左馬之助
    • 第21部(1992年)
      • 第7話「目ざす敵は瓜ふたつ -津和野-」 - 大隅屋
      • 第23話「母の秘密は卍の入れ墨 -敦賀-」 - 浦部頼母
    • 第22部(1993年)
      • 第3話「天下の嶮の幽霊騒動 -箱根-」 - 松乃屋
      • 第11話「弟思いのあほんだら兄貴 -大坂-」 - 石割豊後守
    • 第23部
      • 第3話「泣き笑い幽霊旅籠 -熊谷-」(1994年) - 河野辺茂持
      • 第13話「姫様狙う悪の罠 -福井-」(1994年) - 織部帯刀
      • 第25話「怨念! 化け猫騒動 -佐賀-」(1995年) - 青山頼母
    • 水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 第11話「非情の試し撃ち -彦根-」(1995年) - 白河主水
    • 第26部(1998年)
      • 第13話「夢を叶えた娘の悲願 -人吉-」 - 吉田忠兵衛
      • 第23話「京の都に恋の花 -京都-」 - 大野頼母
  • 鞍馬天狗(1991年、TX)
    • 第十六話「海の風雲児・坂本龍馬」 - 松平容保
    • 第十八話「兄を斬れ! 無情の掟」 - 同上
    • 第四十六話「無惨! 京に散る父子鷹」 - 横倉大膳
  • 大岡越前(TBS)
    • 第12部
      • 第3話「悪に溺れた凄腕同心」(1991年) - 伊勢屋
      • 第13話「殺しを見ていた女」(1992年) - 毘沙門の藤五郎
    • 第13部
      • 第1話「大岡越前」(1992年) - 苓石
      • 第16話「孫兵衛を怨んだ男」(1993年) - 室堂の喜左衛門
  • 八百八町夢日記 第2シリーズ(1992年、NTV)
    • 第11話「命がけ! 鉄火肌の女」 - 室町屋
    • 第30話「殿様は盗っ人上り」
  • 新・三匹が斬る! 第22話「さらば三匹、死出の旅への王手飛車」(1993年、ANB)
  • 殿さま風来坊隠れ旅 第13話「魔神の山! 黄金の裸女」(1994年、ANB) - 寺坂図書

映画編集

  • 喧嘩まつり 江戸っ子野郎と娘たち(1960年、第二東映) - 松蔵
  • 海族八幡船(1960年、東映
  • 夜の傾斜(1962年、宝塚映画) - 武田
  • 女系家族(1963年、大映京都
  • 僕はボディーガード(1964年、宝塚映画) - 白井
  • 血とダイヤモンド(1964年、宝塚映画) - 木崎
  • 沙羅の門(1964年、宝塚映画) - 今野
  • 忍者狩り(1964年、東映)
  • 王将(1973年、東宝) - 作平
  • 226(1989年、松竹) - 斎藤実
  • 陽炎(1991年、松竹)

吹き替え編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑2002』VIPタイムズ社、2002年、247頁。ISBN 4-9901242-0-0
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『日本映画人名事典』男優編<下巻>、キネマ旬報社、1996年、24-25頁。ISBN 978-4873761893
  3. ^ a b c d e 『日本タレント名鑑'73』VIPタイムズ社、1972年、78頁。
  4. ^ a b c d 『日本タレント名鑑'83』VIPタイムズ社、1982年、129頁。
  5. ^ a b c 高桐真 - KINENOTE
  6. ^ a b c 『日本タレント名鑑1993』VIPタイムズ社、1993年、187頁。
  7. ^ ヒロノツトム. “第115回 勝呂誉とランチDEトーク”. ヒロノツトムの走れタコ!. livedoor Blog. 2018年9月30日閲覧。