メインメニューを開く

第一ホテル (音更町)

北海道河東郡音更町にある企業

第一ホテル(だいいちホテル)は、北海道河東郡音更町十勝川温泉にある企業十勝川温泉第一ホテル豊洲亭・豆陽亭(とかちがわおんせんだいいちホテル ほうしゅうてい・とうようてい)と三余庵(さんよあん)を運営している。十勝毎日新聞社グループ[1]

株式会社 第一ホテル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
080-0263
北海道河東郡音更町十勝川温泉南12
設立 1957年
業種 旅館業
法人番号 2460101000891 ウィキデータを編集
代表者 林文昭(代表取締役社長)
関係する人物 林豊洲
テンプレートを表示

概要編集

十勝川沿いに位置している。名称は、豊洲亭が十勝川温泉の開発に貢献し、十勝毎日新聞社創業者でもある林豊洲に由来し、豆陽亭が依田佐二平依田勉三の兄)が賀茂郡松崎町に開校した「私立豆陽学校」に由来し、三余庵が依田勉三が師事した漢学者の土屋三余に由来している[2]。いずれの旅館も観光経済新聞社主催の『人気温泉旅館250選』による5つ星の宿に認定されている[3]

沿革編集

  • 1955年昭和30年):温泉を掘削。
  • 1957年(昭和32年):有限会社十勝温泉クラブを設立し、営業開始[4]
  • 1961年(昭和36年):有限会社第一ホテル登記[4]
  • 1973年(昭和48年):第2泉源を掘削。
  • 1976年(昭和51年):株式会社第一ホテル登記。
  • 1992年平成04年):新館となる豊洲亭[4]、コンベンションホール「白鳥」完成。
  • 2000年(平成12年):本館全室改修。
  • 2004年(平成16年):十勝管内初となるデザイナーズ旅館の三余庵オープン。
  • 2007年(平成19年):本館を豆陽亭にリニューアル[4]。三余庵がジェイティービー(JTB)の2006年度「サービス優秀旅館ホテル」最優秀賞(小規模部門)獲得[2]
  • 2011年(平成23年):豊洲亭改修[5]
  • 2012年(平成24年):『ミシュランガイド北海道2012特別版』の料理で三余庵が星を獲得、宿泊施設の内装やサービスを評価する「快適度」においても三余庵と第一ホテルが星を獲得[6]

宿泊施設編集

十勝川温泉第一ホテル豊洲亭・豆陽亭編集

十勝川温泉第一ホテル豊洲亭・豆陽亭
Tokachigawa Hot Springs Dai-Ichi Hotel
Spa Suite Hosyu-tei・Tokachi Modern Toyo-tei
 
施設外観(2013年10月)
ホテル概要
運営 第一ホテル
開業 1957年
1992年(豊洲亭)
最寄駅 帯広駅
最寄IC 音更帯広IC
所在地 〒080-0263
北海道河東郡音更町十勝川温泉南12
公式サイト 十勝川温泉第一ホテル豊洲亭・豆陽亭 公式サイト
テンプレートを表示

客室

  • 豊洲亭
    • デラックス(洋室40m²、全室川側、展望露天風呂・暖炉・バルコニー付)
    • コーナーデラックス(洋室52m²、全室川側、展望露天風呂・暖炉・バルコニー付)
    • モダンスイート(和洋室60m²以上、全室川側、展望露天風呂・暖炉・バルコニー付)
  • 豆陽亭
    • 川側 和モダン和室
      • 北海道モダン(8畳、バルコニー付)
      • 民芸モダン(10畳)
    • 川側 和モダン洋室
      • ツイン(8畳、バルコニー付)
      • ハリウッドツイン(8畳、バルコニー付)
    • 和モダン和室(8畳)
    • 露天風呂付和室
      • 檜タイプ(12.5畳)
      • 石造り(12.5畳)

大浴場

  • 温泉大浴場 湯楽
    • モール温泉:泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉/pH 8.2)
  • 湯上がりラウンジ

宴会場・会議

  • 宴会場
    • 大宴会場 狩勝(収容人数200名)
    • コンベンションホール 白鳥(収容人数200名)
    • 倶楽部ダイニング 十勝(個室10室)

その他

  • アロマテラピーサロン「ラフィーネ」
  • レストラン 木もれび
  • 倶楽部ダイニング 十勝
  • 鉄板焼 樹氷
  • バー「ウィズ」
  • ラーメン・居酒屋「とかち野」
  • おみやげ処「玉手箱」
  • ラウンジ「はるにれ」
  • ライブラリーコーナー・インターネットコーナー
  • キッズ・プレイコーナー

三余庵編集

十勝川温泉 三余庵
Tokachigawa Hot Spring Sanyoan
ホテル概要
設計 象設計集団[1]
運営 第一ホテル
階数 1 - 3階
部屋数 11室
開業 2004年
最寄駅 帯広駅
最寄IC 音更帯広IC
所在地 〒080-0263
北海道河東郡音更町十勝川温泉南13
公式サイト 十勝川温泉 三余庵 公式サイト
テンプレートを表示

客室

  • 2F
    • 若菜、万葉、雪国、火山灰地、細雪
  • 3F
    • 桜の園、浮雲、たけくらべ、落葉松、草枕、春の海

温泉

  • モール温泉

その他

  • アロマテラピーサロン「ラフィーネ」
  • Bar「道草」
  • ライブラリー「旅愁」
  • 三余庵Shop

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 観光グループ”. 十勝毎日新聞社. 2016年2月16日閲覧。
  2. ^ a b “十勝川温泉「三余庵」がサービス優秀賞”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2010年6月5日). http://www.tokachi.co.jp/news/201006/20100605-0005617.php 2016年2月16日閲覧。 
  3. ^ 人気温泉旅館250選”. 観光経済新聞. 観光経済新聞社. 2016年2月16日閲覧。
  4. ^ a b c d 十勝川温泉第一ホテル(音更町) (PDF)”. “魅力ある宿づくり”に挑戦する旅館群. 北海道経済産業局 (2010年). 2016年11月1日閲覧。
  5. ^ “豊洲亭と観月苑が大改修へ”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2011年1月26日). http://www.tokachi.co.jp/news/201101/20110126-0007869.php 2016年2月16日閲覧。 
  6. ^ “ミシュラン北海道 十勝から3店”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2012年4月11日). http://www.tokachi.co.jp/news/201204/20120411-0012265.php 2016年2月16日閲覧。 

外部リンク編集