第1次岸内閣 (改造)

第1次岸改造内閣(だいいちじきしかいぞうないかく)は、岸信介が第56代内閣総理大臣に任命され、1957年(昭和32年)7月10日から1958年(昭和33年)6月12日まで続いた日本の内閣である。

第1次岸改造内閣
内閣総理大臣 第56代 岸信介
成立年月日 1957年(昭和32年)7月10日
終了年月日 1958年(昭和33年)6月12日
与党・支持基盤 自由民主党
施行した選挙 第28回衆議院議員総選挙
衆議院解散 1958年(昭和33年)4月25日
話し合い解散
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

前の第1次岸内閣改造内閣である。

目次

閣僚編集

政務次官編集

第1次岸内閣の政務次官が1957年(昭和32年)7月16日に退任し、同日付で新たな政務次官を任命した。

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集