メインメニューを開く

第32回ベルリン国際映画祭は1982年2月12日から23日まで開催された。

目次

概要編集

コンペティション部門には19本の長編と19本の短編が出品され、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーの『ベロニカ・フォスのあこがれ』が金熊賞を受賞した。

レトロスペクティブ部門ではカーティス・バーンハートアンソニー・マンサム・ウッドなど、多くのアメリカ映画が上映された。

受賞編集

上映作品編集

コンペティション部門編集

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。

題名
原題
監督 製作国
スクープ 悪意の不在
Absence of Malice
シドニー・ポラック   アメリカ合衆国
女には向かない職業
An Unsuitable Job For A Woman
クリストファー・ペティト   イギリス
Beyroutou el lika Borhane Alaouié   レバノン  チュニジア  ベルギー
Bürgschaft für ein Jahr Herrmann Zschoche   東ドイツ
Den enfaldige Mördaren
(The Simple-Minded Murder)
ハンス・アルフレッドソン   スウェーデン
ベロニカ・フォスのあこがれ
Die Sehnsucht der Veronika Voss
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー   西ドイツ
Dreszcze
(Shivers)
ヴォィチェフ・マルチェフスキ   ポーランド
Eine Deutsche Revolution ヘルム・ヘルプスト   西ドイツ
Het meisje met het rode haar
(The Girl With The Red Hair)
ベン・ヴェルボング   オランダ
Il Marchese del Grillo マリオ・モニチェリ   イタリア  フランス
Kraftprobe ハイディ・ゲネー   西ドイツ
女たちの恋
L'amour des femmes
ミシェル・ステー   スイス  フランス
新しい家族
Muzhiki!
イスクラ・バービッチ   ソビエト連邦
日本の熱い日々 謀殺・下山事件 熊井啓   日本
Requiem ゾルタン・ファブリ   ハンガリー
Romanze mit Amelie ウルリッヒ・タイン   東ドイツ
さらば愛しき大地 柳町光男   日本
The Killing Of Angel Street ドナルド・クロンビー   オーストラリア
Tzlila Chozeret
(Repeat Drive)
シモン・ドータン   イスラエル
Une étrange affair
(Strange Affair)
ピエール・グラニエ=ドフェール   フランス
Xiang Qing フー・ピンリウ
ワン・ジン
  中国


日本映画編集

コンペティション部門に熊井啓の『日本の熱い日々 謀殺・下山事件』と柳町光男の『さらば愛しき大地』が出品されたが、いずれも無冠に終わった。

その他は、青年映画部門で後藤俊夫の『マタギ』が上映された。

審査員編集

外部リンク編集