メインメニューを開く

第34回IBAFワールドカップ日本代表(だい34かいIBAFワールドカップにっぽんだいひょう)は、2001年11月に台湾で開かれた第34回IBAFワールドカップに出場するために選抜された野球日本代表チームである。

概要編集

前年のシドニーオリンピック野球日本代表からプロ野球選手も代表入りするようになり、かつ今大会はペナントレース終了後であったことから、各球団から主に若手選手1名を供出することで比較的にスムーズに各球団の了承が得られた。さらに後藤監督は国際試合の経験が豊富なプロ選手として読売ジャイアンツから高橋由伸福岡ダイエーホークスから井口資仁をも選出した。また、特筆すべきは歴代の日本代表チームとして史上初めて現役高校生の寺原隼人が選出された。

構成は、プロ14人、社会人4人、大学生5人、高校生1人。

監督・コーチ編集

(かっこ内は所属;年齢。いずれも選出当時。★はプロ経験者)

  • 30 後藤寿彦監督(全日本アマチュア野球連盟選手強化本部ナショナルチーム強化部会長;48)
  • 31 山下大輔コーチ★(全日本アマチュア野球連盟選手強化本部アドバイザー・野球評論家;49)
  • 32 荒木大輔コーチ★(全日本アマチュア野球連盟選手強化本部アドバイザー・野球評論家;37)
  • 33 應武篤良コーチ(全日本アマチュア野球連盟選手強化本部アドバイザー;43)

選手編集

大会戦績編集

予選リーグ編集

  • 第1戦(11月7日) 日本 21-0 フィリピン (7回コールド)
  • 第2戦(11月8日) 日本 10-0 パナマ (7回コールド)
  • 第3戦(11月9日) 日本 12-0 ロシア (7回コールド)
  • 第4戦(11月10日) 日本 5-3 キューバ
    日本が国際試合でキューバから挙げた3つ目の白星。
  • 第5戦(11月11日) 日本 8-0 オーストラリア
  • 第6戦(11月13日) 日本 6-2 カナダ
  • 第7戦(11月14日) 日本 6-5 オランダ

決勝トーナメント編集

  • 準々決勝(11月16日) 日本 3-1 韓国
  • 準決勝(11月17日) 日本 1-3 キューバ (延長11回)
  • 3位決定戦(11月18日) 日本 0-3 チャイニーズタイペイ
    メダルに届かず、4位に終わる。

表彰選手編集

  • ベストナイン(三塁手) 東出輝裕
  • ベストナイン(遊撃手) 井端弘和
  • ベストナイン(外野手) 高橋由伸

関連項目編集