第51師団 (日本軍)

大日本帝国陸軍

第51師団(だいごじゅういちしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。茨城栃木群馬の三県を徴兵区とする常設師団として、1940年(昭和15年)7月10日に留守第14師団を基幹に宇都宮で編成された

第51師団 (日本軍)
創設 1940年(昭和15年)7月10日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
所在地 宇都宮-満州-華南-ラバウル-ニューギニア
編成地 宇都宮
通称号/略称
補充担任 宇都宮師管宇都宮師管区
最終上級単位 第18軍
最終位置 ニューギニア クッシャム
主な戦歴 関特演-日中-太平洋戦争
(香港の戦い)
(ニューギニアの戦い)
テンプレートを表示

沿革編集

1940年(昭和15年)8月から常設師団のうちの8個師団が満州に永久駐屯することになり、代替の常設師団として同年7月10日に第51師団・ 第52師団第54師団第55師団第56師団第57師団の計6個師団がそれぞれ留守師団を基幹に編成された[1]。第51師団の管轄区域は宇都宮師管と称した。

師団は編成後当初は東部軍に所属し宇都宮に在ったが、1941年(昭和16年)7月に関東軍特種演習参加のため満州へ派遣された[2]。宇都宮師管の管区業務は留守第51師団が引き継いだ。

同年9月には華南に進出し第23軍に編入され、歩兵第66連隊基幹の荒木支隊が12月の香港の戦いに参戦する。その後も第23軍隷下広東に駐屯していたが、1942年(昭和17年)10月20日に南東方面の第17軍の戦闘序列に編入となった[3]。11月16日には新設の第18軍に移り[3]ニューギニア戦線に転用され、ラバウルに進出した。

1943年(昭和18年)1月2日東部ニューギニアブナ日本軍が玉砕し、師団は連合国軍の次の目標地であろうラエを守るべく2月28日にラバウルを出航した(八十一号作戦)。しかし、3月2日・3日にダンピール海峡で連合軍の空襲を受け、輸送船8隻すべてと駆逐艦4隻が撃沈されダンピールの悲劇といわれる多大な犠牲を出した(ビスマルク海海戦)。その後小規模に分かれた舟艇や駆逐艦による輸送により上陸した1個連隊ほどの兵員もラエ・サラモアの戦いに敗れ、サラワケット越えを敢行しての撤退は悲惨を極め、さらに連合国軍の飛び石作戦に翻弄され飢餓との戦いを続け、約16,000名の人員が終戦時には2,754名であった。

師団概要編集

歴代師団長編集

  • 上野勘一郎 中将:1940年(昭和15年)9月1日 - 1941年(昭和16年)7月1日
  • 李王垠 中将:1941年(昭和16年)7月1日 - 1941年(昭和16年)11月16日
  • 中野英光 中将:1941年(昭和16年)11月16日 - 終戦

参謀長編集

最終所属部隊編集

  • 第51歩兵団:川久保鎮馬中将
  • 捜索第51連隊
  • 野砲兵第14連隊:渡辺左之大佐
  • 工兵第51連隊:安東英夫中佐
  • 輜重兵第51連隊:江崎義雄大佐
  • 第51師団通信隊:小泉茂大尉
  • 第51師団兵器勤務隊:喜多川儀平中尉
  • 第51師団衛生隊:小桜八太郎少佐
  • 第51師団第1野戦病院:谷口慶亮軍医少佐
  • 第51師団第2野戦病院:本間博軍医少佐
  • 第51師団第3野戦病院:佐伯正之進軍医少佐

脚注編集

  1. ^ 戦史叢書『陸軍軍戦備』、287 - 288頁。
  2. ^ 戦史叢書『陸軍軍戦備』、313 - 314頁。
  3. ^ a b 戦史叢書『陸軍軍戦備』、361頁。
  4. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』395頁。
  5. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』407-408頁。
  6. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』443頁。
  7. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』431頁。
  8. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』398頁。

参考文献編集

  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 防衛庁防衛研修所戦史部『陸軍軍戦備』(戦史叢書)、朝雲新聞社、1979年。

関連項目編集