メインメニューを開く

捜索連隊(そうさくれんたい、搜索聯隊)とは、大日本帝国陸軍部隊編制連隊)の一種で、戦闘斥候を任務とする機動偵察部隊である。また、「連隊」ではなく捜索隊(そうさくたい、搜索隊)と称する類似の編制も存在しており、ともに本項で詳述する。帝国陸軍における軍隊符号は捜索連隊・捜索隊ともにSO

第二次世界大戦期に旧来の騎兵連隊に替わる部隊として、各師団隷下に設置された。同時期の列強における機械化騎兵連隊・装甲偵察大隊、陸上自衛隊機甲科偵察隊などに相当する。

編成の経緯編集

陸戦において機動力を生かしての偵察や伝令襲撃、掃射任務などを担当する兵種としては、古くから騎兵が用いられており陸軍の花形であった。しかし、第一次世界大戦では機関銃が本格的に運用され、機動力や白兵戦における攻撃力に優れるも防御力に劣る乗馬騎兵の戦闘能力に疑問がもたれるようになった。また、自動車の発達が急速に進んだこともあり、列強各国では騎兵部隊の自動車化・機械化が研究されるようになった。

日本陸軍においても、従来は各師団に騎兵連隊や騎兵大隊を設置して偵察や伝令任務を負わせていたが、諸外国に倣いその機械化の研究を進めるようになった。その研究の成果として、1937年(昭和12年)と翌1938年(昭和13年)に新設された師団のうち7個の隷下に、捜索隊(一般用語との混同を避けるため「師団捜索隊」とも呼称された)が編成された。これは、騎兵連隊・騎兵大隊が持っていた2個乗馬中隊のうち、1個中隊だけを装甲車中隊としたものである(詳細後述)。「捜索連隊(連隊)」と称されなかったのは、仮に連隊番号(隊号)を所属する師団番号と同じにした場合、既存騎兵連隊の連隊番号と一部重複するので、混乱を回避するためとされる[1]

その後、上記7個の師団捜索隊に続き、太平洋戦争大東亜戦争)開戦までの新設師団の多くには捜索連隊が編成された。さらに、既存の師団が持つ旧来の騎兵連隊の多くも、1940年(昭和15年)以降に順次捜索連隊へと改編された。その際、既存騎兵連隊の有していた軍旗(連隊旗)は奉還された。ただし、師団所属のすべての騎兵連隊が改編されたわけではなく、帝国陸軍の儀仗部隊として「鳳輦供奉」の任にあたっていた近衛師団近衛騎兵連隊(「近衛騎兵連隊」とは別に「近衛捜索連隊」が編成されている)や、騎兵第3連隊騎兵第6連隊などは終戦時まで騎兵連隊として残っていた。なお、近衛騎兵連隊をはじめとして、中には騎兵連隊の名称のままでありながら戦車中隊を追加された例なども多数あった。また、戦車師団が誕生するとその編制には通常師団のものより強力な師団捜索隊が加えられた。

特色と限界編集

以上のようにして整備された捜索隊・捜索連隊は、編制内に装甲戦闘車両自動車化歩兵を持ち、機械化が遅れていた日本陸軍の中では特異な存在となった。特に装甲車中隊に配備された九二式重装甲車九四式軽装甲車九七式軽装甲車は、戦車兵以外の兵種が使うことができた唯一の装甲戦闘車両となり、本来の偵察任務を超えて攻撃任務にまで投入された。また、一応の諸兵科連合部隊となっていることから単独戦闘能力を期待され、師団主力から独立しての運用(挺進)が行われることがしばしばあったが、ノモンハン事件の戦例のように兵力の少なさや軽装甲車の非力さ、補給の限界から苦戦することも多かった。

太平洋戦争緒戦の南方作戦においては、その高い機動力を生かして師団の先頭に立ちビルマ攻略戦の戦例のように活躍することも多かった。しかし、中期以降の島嶼戦では機動力発揮の余地が少なく、軽装甲車の性能限界も明らかだったことから、師団主力が前線へ進出する際に分離されて残留することが多くなった。そのため不要となった捜索連隊は次々に解隊されて、兵員は戦車部隊に振り替えられていった[2]。太平洋戦争中に新設された師団のほとんどは、最初から捜索連隊を持たなかった。捜索隊・捜索連隊の数は最大時には40隊を超えていたが、終戦時に残っていたのは23隊のみで、そのうち9隊は戦力喪失状態だった。

基本編制編集

捜索連隊は大隊結節を持たず兵力500名以下と連隊としては小規模であり、連隊長も歩兵連隊なら大佐であるところ少佐ということが多かった。各連隊ごとに編制の差が非常に大きく、しかも同一部隊でも時期によって変化が大きい。以下に掲げるのは基本編制類型である。太平洋戦争においては、軍隊輸送船への船積みの関係で縮小編制とされて出動することが多かった。


  • 師団捜索隊 - 1937年から1938年新設の特設師団に編合。
    • 本部
    • 乗馬中隊 - 通常の騎兵。
    • 装甲車中隊 - 九二式重装甲車または軽装甲車5両
  • 標準的な捜索連隊 - 常備師団の騎兵連隊から改編された部隊や、30番台の新設師団の連隊の多くなど。
  • 太平洋戦争中の優良装備の捜索連隊 - 捜索第2連隊や捜索第16連隊など。さらに九七式自動二輪車など自動二輪車隊が追加された例がある。
    • 本部
    • 乗車中隊(2個)
    • 装甲車中隊(2個) - 軽装甲車8両
    • 通信小隊
  • 戦車師団の師団捜索隊 - ただし、戦車第4師団では当初から欠。

戦例編集

ノモンハン事件における第23師団捜索隊編集

1939年に発生したノモンハン事件では、編成されたばかりの第23師団捜索隊が投入された。第一次ノモンハン事件ではソ連軍の退路を遮断する任務を担い、機動力を生かして背後に迂回することには成功した。しかし、そのまま孤立して包囲されてしまい、捜索隊長の東中佐以下全滅してしまった。

再建後、第二次ノモンハン事件にも出動した。師団主力から離れ日本軍最右翼のフイ高地の守備配置についたが、周辺の満州国軍騎兵が敗走したため孤立してしまった。包囲されながらも奮戦し、ソ連側指揮官が交代させられるほどだったが、最終的に弾薬食糧が尽きて退却することになった。捜索隊長の井置中佐は無断退却の責任を問われ自決した。

ビルマの戦いにおける捜索第56連隊編集

太平洋戦争初期のビルマの戦いでは、第56師団所属の捜索第56連隊が進撃の先頭に立って活躍した。1942年3月26日にラングーンへ上陸した連隊は、まずトングーを占領した。その後、歩兵中隊や輜重隊などの配属を受けて4月1日にトングーを出発すると、中国軍部隊と数十回に渡り交戦しながら北上し、5月4日に目標のバーモを占領した。34日間での進撃距離は1,400km以上に及んだ。

レイテ島の戦いにおける捜索第1連隊編集

太平洋戦争後期のフィリピン防衛戦におけるレイテ島の戦いへは、第1師団所属の捜索第1連隊が投入された。捜索第1連隊は、本部と乗馬中隊・乗車中隊・装甲車中隊・自動車中隊1個ずつの編制であったが、フィリピン方面への出発時に縮小編制とされて車両・馬匹をすべて除かれ、本部のほか乗馬中隊を改編した徒歩中隊と機関銃小隊のみの約200名となった。

レイテ島オルモックへ上陸後、戦車第2師団の軽戦車1個小隊などを配属されて師団の先遣隊として北上したが、途中でアメリカ陸軍第24歩兵師団遭遇戦になった。そのまま後続の師団主力から離れた高地に孤立して防衛戦闘することになり、師団の撤退が始まるまでの1ヶ月以上に渡り防衛には成功したが、撤退命令の伝達が遅れ連隊長以下多くが戦死し、45名のみが脱出できた[3]

部隊一覧編集

部隊名の後の( )内は編成地[4]

捜索連隊編集

原則として連隊番号と同じ番号の師団に隷属する。

捜索隊編集

第15・17・22師団捜索隊の復帰後、装甲車中隊は師団戦車隊に改編。第21師団捜索隊の復帰後、装甲車中隊は歩兵団装甲車中隊に改編。

注記編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「日本軍機甲部隊の編制・装備(4)」、103頁。既存騎兵連隊を捜索連隊に改編した場合、混同が生じる恐れがあった。
  2. ^ ロス・オリンピック馬術障害飛越競技金メダリストとして有名な西竹一大佐は、太平洋戦争中の1942年(昭和17年)11月に第26師団捜索隊長、さらに1943年(昭和18年)7月の第1師団捜索隊長を経て、1944年(昭和19年)3月には戦車第1師団捜索隊を改編した戦車第26連隊長となり、硫黄島の戦いに従軍している。
  3. ^ 「日本軍機甲部隊の編制・装備(5)」、119頁。ただし、佐久間(1970年)によれば野戦病院に後送されていた5人を除き生存者が無いため、現在でもその最期は不明であるという。
  4. ^ 編成地は特記無き限り敷浪による。
  5. ^ 第2中隊は津田沼。アジア歴史資料センター:Ref.C04120342800

参考文献編集

  • 佐久間亮三・平井卯輔 『日本騎兵史』 原書房、1970年。
  • 敷浪迪 「日本軍機甲部隊の編制・装備(4)」 『グランドパワー』 2001年5月号、デルタ出版。
  • 敷浪迪「日本軍機甲部隊の編制・装備(5)」 『グランドパワー』同 2001年6月号。