メインメニューを開く

概要編集

TV放送に係わる歴史編集

  • 1959年 (昭和34年)3月1日[3]NHK福島 総合テレビジョン運用開始
  • 1959年(昭和34年)4月[4]1日 NHK福島 総合テレビジョン放送開始
  • 1960年(昭和35年)11月1日[3][4] NHK福島 教育テレビジョン放送開始
  • 1963年(昭和38年)4月1日 福島テレビ 放送開始[5]
  • 1970年(昭和45年)4月1日 福島中央テレビ 放送開始[6]
  • 1981年(昭和56年)10月1日 福島放送 放送開始[7]
  • 1983年(昭和58年)12月4日 テレビユー福島 放送開始[8]
  • 1995年(平成7年)10月1日 エフエム福島 放送開始[9]
  • 2005年(平成17年)12月1日 NHK福島 デジタルテレビジョン放送開始[4] [10]
  • 2006年(平成18年)6月1日 福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、福島テレビ デジタルテレビジョン放送開始[11]
  • 2012年(平成24年)3月31日 アナログテレビジョン 放送終了

送信所送信施設概要編集

 
送信所アンテナ群

デジタルテレビ放送送信所編集

リモコンキーID 放送局名 コールサイン 物理チャンネル 空中線電力 実効輻射電力 放送対象地域 放送区域
内世帯数
1 NHK
福島総合
JOFP-DTV[10][12] 15ch 3kW[12][13][14][15][16][17] 30kW[12][13] 福島県 約31万9千世帯[要出典]
2 NHK
福島教育
JOFD-DTV[10][13] 14ch 全国放送
4 FCT
福島中央テレビ
JOVI-DTV[14] 27ch 38kW[14] 福島県
5 KFB
福島放送
JOJI-DTV[15] 29ch 41kW[15]
6 TUF
テレビユー福島
JOKI-DTV[16] 26ch 38kW[16]
8 FTV
福島テレビ
JOPX-DTV[17] 25ch 39kW[17]

FM放送送信所編集

周波数(MHz) 放送局名 コールサイン等 空中線電力 実効輻射電力 放送対象地域 放送区域
内世帯数
81.8 ふくしまFM[要出典]
エフエム福島
JOTV-FM[19] 1kW[19][20] 4.8kW[19] 福島県 -
85.3 NHK
福島FM[1]
JOFP-FM[10][20] 4.9kW[20]
一般財団法人
道路交通情報通信システムセンター
JOVS-FCM15[21]
90.8 rfc
ラジオ福島
(rfc福島FM補完中継局)[22] 500W[22][23] 1.3kW[23] 176,297世帯
(カバー率78.2%)[22]
  • NHK-FMは1964年7月1日に実用化試験局(モノラル)、ならび実験局(ステレオ)として運用開始し、1969年3月1日に本放送を開始した[10]
  • ふくしまFMの文字多重放送見えるラジオ/JOTV-FCM)は、2014年3月31日終了
  • ラジオ福島はFM補完中継局として2016年(平成28年)10月6日に総務省東北総合通信局より予備免許が交付され[24]、2017年3月2日に本免許が交付された[25]。当FM補完中継局はrfc郡山FM補完中継局[26]ともに大電力同期放送を実現しており、福島県中通りを中心とするエリアでは同じ周波数で聞くことができる[25]。当中継局はrfc郡山FM補完中継局ともに2017年3月26日に運用開始した[26]

アナログテレビ放送送信所編集

チャンネル 放送局名 コールサイン 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
2ch NHK
福島教育
JOFD-TV[3][4] 映像3kW[3][27]/
音声750W[27]
映像17kW/
音声4.3kW
[要出典]
全国放送 -
9ch NHK
福島総合
JOFP-TV[3][4] 福島県
11ch FTV
福島テレビ
JOPX-TV[27] 映像16.5kW/
音声4.2kW
[要出典]
31ch TUF
テレビユー福島
JOKI-TV[28] 映像30kW[28][29]/
音声7.5kW[28][29]
映像380kW/
音声95kW
[要出典]
33ch[30] FCT
福島中央テレビ
JOVI-TV[29] 映像360kW/
音声89kW
[要出典]
35ch KFB
福島放送
JOJI-TV[31] 映像350kW/
音声89kW
[要出典]

Jモバ福島中継局編集

周波数 放送局名 空中線
電力
ERP 放送区域 放送区域
内世帯数
開局日
214.714286MHz
(VHF11chに相当する周波数帯)
Jモバ
福島MMH
7.5kW 45kW 福島県と宮城県の各一部 約-世帯 2013年
2月27日

歴史編集

外部リンク編集

その他編集

  • 福島市内には標高275mの信夫山があり、当送信所からの電波が受信しづらい地域に向けて福島信夫中継局を置局し、電波を発射している。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b NHK年鑑2016 NHK放送文化研究所 320ページ (PDF) 2017年10月30日閲覧
  2. ^ a b DXアンテナ総合カタログ2017秋 179ページ (PDF) 2017年10月30日閲覧
  3. ^ a b c d e NHK年鑑2009(NHK放送文化研究所) (PDF)
  4. ^ a b c d e f 福島放送局の沿革(NHK福島放送局 2017年2月24日閲覧)
  5. ^ 会社概要 (FTV福島テレビ 2017年4月30日閲覧)
  6. ^ 会社概要、会社情報(福島中央テレビ 2017年4月30日閲覧)
  7. ^ 会社概要(福島放送 2017年4月30日閲覧)
  8. ^ 会社概要(TUFテレビユー福島 2017年4月30日閲覧)
  9. ^ ふくしまFM会社概要(エフエム福島 2017年4月30日閲覧)
  10. ^ a b c d e f NHK年鑑2016(NHK放送文化研究所) (PDF)
  11. ^ a b 総務省東北通信局福島県予備免許、免許情報2013年12月19日現在 2017年4月26日閲覧
  12. ^ a b c 無線局免許状等情報(NHK総合(総務省))
  13. ^ a b c 無線局免許状等情報(NHK教育(総務省))
  14. ^ a b c 無線局免許状等情報(福島中央テレビ(総務省))
  15. ^ a b c 無線局免許状等情報(福島放送(総務省))
  16. ^ a b c 無線局免許状等情報(テレビユー福島(総務省))
  17. ^ a b c 無線局免許状等情報(福島テレビ(総務省))
  18. ^ A-PAB放送エリアのめやす(福島局 2017年4月26日閲覧)
  19. ^ a b c 無線局免許状等情報(エフエム福島(総務省)
  20. ^ a b c 無線局免許状等情報(NHK-FM(総務省)
  21. ^ 無線局免許状等情報(一般財団法人道路交通情報通信システムセンター (総務省)
  22. ^ a b c 予備免許の概要 2016年10月6日(総務省東北総合通信局) (PDF)
  23. ^ a b 無線局免許状等情報(ラジオ福島(総務省)
  24. ^ 株式会社ラジオ福島及び株式会社アイビーシー岩手放送のFM補完中継局に予備免許 (総務省東北総合通信局 報道資料 2016年10月6日)
  25. ^ a b 株式会社ラジオ福島のFM補完中継局に免許(管内初の大電力同期放送でAMラジオの受信状況が大幅改善 2017年3月2日総務省東北総合通信局報道資料)
  26. ^ a b 免許の概要 2017年3月2日総務省東北総合通信局報道資料別紙 (PDF)
  27. ^ a b c FTVチャンネル設定 福島テレビ 2009年2月19日現在のアーカイブオリジナルURL
  28. ^ a b c TUF会社概要(TUFテレビユー福島 2002年4月23日現在のアーカイブ)オリジナルURL
  29. ^ a b c 福島中央テレビ会社概要(福島中央テレビ 2002年6月16日現在のアーカイブオリジナルURL
  30. ^ 福島中央テレビチャンネル(2002年6月16日現在のアーカイブ)オリジナルURL
  31. ^ KFB福島放送 : KFBって?(KFB福島放送 2002年8月8日現在のアーカイブ)オリジナルURL

外部リンク編集