篠原 茂(しのはら しげる、1937年昭和12年)[1] - )は、日本映画プロデューサー脚本家。脚本家名は「しのだとみお」。

来歴編集

1937年昭和12年)生まれ。青山学院大学卒業後、映画会社東映を経て松竹に入社。「松竹テレビ部」でテレビドラマを製作。

1970年(昭和45年)、年末に梅津製作本部長から頼まれ、ピー・プロダクションへ出向。製作主任として、フジテレビの特撮番組『宇宙猿人ゴリ』の第4話「ラー地球人をさぐる」から制作スタッフとして参加する。

1971年(昭和46年)、3月から松竹テレビ部に戻りピー・プロダクションから離れるが、今度はフジテレビプロデューサーの別所孝治と鷺巣富雄(うしおそうじ)両者から頼まれ7月から再び『宇宙猿人ゴリ』の現場に復帰。番組名は『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』、『スペクトルマン』と2回変遷するが、それ以後も全編の製作を担当。

1972年(昭和47年)、正式にピー・プロダクションのプロデューサーとなり『快傑ライオン丸』を担当。以後『風雲ライオン丸』、『鉄人タイガーセブン』、『電人ザボーガー』、『冒険ロックバット』といったフジテレビ/ピープロの作品群をプロデュースする他、ペンネームでうしおそうじと共同で脚本の執筆を担当したり[2]、またアトラクションなど企画全般を担当し活躍する。

1980年(昭和55年)、ピープロの日仏合作特撮企画『シルバージャガー』に参加。徳間大映で『宇宙怪獣ガメラ』(湯浅憲明監督)を製作担当。以後も映像作品に関わる。

人物・エピソード編集

ピープロ作品でのスタッフ記名「しのだとみお」は社長の鷺巣富雄(うしおそうじ)と篠原の名前を合わせたペンネームであり、脚本家としての「しのだとみお」は篠原のことである[1][注釈 1]

篠原は元々松竹で芦田伸介主演のテレビドラマの制作を担当していたが、ピープロ社長の鷺巣と製作本部長の梅津が懇意であった関係もあり、1970年昭和45年)暮れから『宇宙猿人ゴリ』の製作を担当する事になった。この番組は翌1971年(昭和46年)1月2日に放映開始を予定していたが、製作期間は1ヶ月弱しかなく困り果てた鷺巣社長が梅津に「誰か制作進行が出来る人物はいないかな?」と頼み込み、急遽梅津から鷺巣を紹介された篠原は『宇宙猿人ゴリ』の内容に興味を惹かれたというのもあり、これを引き受けたという。篠原はこの時、翌年3月から松竹テレビ部での仕事を控えていた事情もあり「2か月だけなら引き受けられます」と条件提示したが、鷺巣に「それで構わない」と言われたという。番組の制作状況はそれほど逼迫したものであり、篠原は「おかげ様で、暮れも正月もなくなりましたけどね」と笑って当時を振り返っている。

早速『宇宙猿人ゴリ』の制作進行を引き受けてみたものの、当時のピー・プロダクションは急遽寄せ集められたスタッフだった事もあり、プロダクションとしての体制がほとんど整っていなかった。第一に特撮班が夜中でないと集まらない上に、更に仕事を始めない事に驚かされたという。この特撮班と昼間に撮影するドラマ班の統率を取るのに苦労したといい、集合時間に一人しか来ないといった事もあり「どのスタッフも仕事にのめり込む半面、他の部分は大雑把で構わないという古い映画屋さんの気質みたいな物がありましたね」と篠原は語る。局から支給される制作予算についても鷺巣社長自身もこれを把握しておらず、まずはこの是正から始めた。

結局、7月から鷺巣に請われて再びピープロに戻り、プロデューサーとしてピープロ作品全般の制作進行を取りまとめた。『宇宙猿人ゴリ』は当初「公害」がテーマで、大昭和製紙のヘドロ垂れ流し現場をそのまま撮影してクレームが付いたが、映像の自粛程度で済んだという[1]。「交通公害」テーマの怪獣「クルマニクラス」は公募デザインによる怪獣だが、愛知県警の「交通安全キャンペーン」に採用され、垂れ幕などにこの怪獣の絵が使われた[1]。篠原はこれを『スペクトルマン』で最も印象に残った出来事に挙げている[1]。第52話に登場する怪獣「マウントドラゴン」は、実物大になる怪獣の模型を実際にトレーラーに載せて公道でロケを行ったものの、撮影許可が中々下りずに難航した。そこで芦田を通じ、政治家に頼んだ上で撮影が実現したという[1]

『スペクトルマン』放映時、七五三で当時3歳だった長男に「ゴリ博士」の衣装を誂えて着せ、主人公ヒーロー「スペクトルマン」や猿人「ラー」と一緒に明治神宮にお参りをして話題をさらった。これは鷺巣の提案の一つでもある。

『スペクトルマン』の第47話である「ガマ星人攻撃開始!!」では、カエル博士という異名を持つ藤山教授役でカメオ出演している[3]

1972年(昭和47年)の『快傑ライオン丸』は、当初『ライオンマン』という現代物の企画だった。これがフジテレビの武田信敬[4]局長の意見で急遽時代劇に変更となったのだが、ドラマは現代劇仕立てで進行させる方針にした。初回の「第1話だけは時代劇の雰囲気を出そうじゃないか」と鷺巣社長と東映に掛け合い[注釈 2]東映京都撮影所の時代劇映画『徳川家康』(伊藤大輔監督)の合戦シーンを抜き出したデュープ・フィルムを買って冒頭部分に挿入した。結果は内外でも評判となりドラマに見事な厚みを持たせたが、東映の担当者は後で上司の渡邊亮徳から苦言を称されたという。この第1話では東京都町田市内にあった廃屋を持ち主の許可を得て実際に火をつけて燃やしているが、篠原は元々『東映育ち』という事もあり「東映には昔からジンクスがあって、第1話で海の話は駄目、とにかく水の話は当たらない、それで火は当たる」という意味も込めた物だったそうである。

主役ヒーロー「ライオン丸」のマスク制作は高山良策に依頼したが、たてがみの処理に困り歌舞伎など舞台専門の「細野かつら店」で一本一本、丁寧に植え付けてもらった。「あのかつらで番組が成功したと思います」と語っている。 こうして製作開始した『快傑ライオン丸』だったが、4月放映に合わせ毎日放送東映が同種の時代劇変身ヒーロー番組『変身忍者 嵐』をぶつけてきた。この『嵐』は、元々東映が時代劇専門だったという事もあり、監督の内田一作と脚本の伊上勝が用意した本格的な絵巻物形式の企画書を見て、スタッフは「こりゃ東映さんは凄い物を制作するんだろうな」と一同焦らされたというが、結果的に視聴率は『ライオン丸』に軍配が上がった。篠原は『変身忍者 嵐』が視聴率的に伸び悩んだ事について「ちょっと本格的になり過ぎたんでしょう」とし「子供達には、ちょっとぐらいお粗末な方がピンと来るんですよね」と語っている。主演の「獅子丸」役の潮哲也は、篠原と鷺巣、監督の石黒光一[5]によるオーディションで、全員一致で選んだ。またライバル剣士の「虎錠之介」役の戸野広浩司の起用は篠原によるものである。

『快傑ライオン丸』では、敵役の「ゴースン魔人」のネーミングも篠原が主に考案している。「ライオン飛行斬り」の「飛行斬り」のネーミングは、丁度冬の札幌オリンピックで「飛行隊」の名が流行っていた時期でもあった為、これから由来している。篠原は『ライオン丸』から脚本を執筆しているが、これは制作上の理由であった。とある脚本家に対して春に蝶々のエピソードの話を依頼した所、その入稿が延滞し夏を過ぎた頃になってしまった。その脚本を没にした事に対し、執筆したその脚本家から日本シナリオ作家協会に提訴されてしまう。結局提訴に関しては説得し取り下げて貰ったが、その没にした脚本を執筆しなければならなくなった。代わりの執筆者もいなかった為、篠原が『しのだとみお』名義で執筆する[6]事になった。篠原自身が最も気に入っているエピソードは第24話の『ライオン飛行斬り対怪人トビムサシ』で、これは「目の見えない少女と怪人のラブストーリー」を描きたかったのだという。

『快傑ライオン丸』は作品の人気と共に商品化ビジネスも好調で、鷺巣がフリー契約のスタッフに暮れの賞与を支給したが、三船プロから「慣例になると困るんだよね」と抗議が来てしまった。これに対し篠原は「制作者として一本作り、赤字が出るのはどうにかならない物かとは思うけど、下請けなのに利益が上がらないのはおかしいですよ」、「制作予算が無いのならそれをバネにしてやらないと作品の質はどんどん下がってしまいます」と語っている。ピープロでは鷺巣夫人が経理担当で、当座の費用を貰いに行くと夫人が直接財布から費用を出していたといい「これ、貰っても大丈夫なの?」と思ったという。1974年(昭和49年)の『電人ザボーガー』では病身だったため、当初大映京都撮影所の元制作部長だった松原久晴に制作を委託した。しかし鷺巣によると篠原に比べて松原は予算の管理が非常に厳しく、現場スタッフからその厳しさに苦情が出た程だった。独立プロダクションとしてテレビ番組制作の為の金策は容易でなく、一時は映写機も質に入っていたという[1]

篠原は子供番組の主人公について、演じる俳優も常に「明るさが必要」とし、「暗いものや陰惨なものは当たらない」としている。また「特撮物とかSF物というものは“映画の原点”だと思ってますから」と語っている。「今の子供番組も脚本に知恵を出さないといけません」とし「これからもっと新しいヒーローが出て来てもいいはずなんですけどね」とも述べている。ピープロでは製作全般を担当したが「優秀なスタッフがいたということで、最終的にはとても良かったと思います。こういう世界は『人』ですからね。人がいなければお金も集まりませんから」としている。

『電人ザボーガー』では、元大映監督の湯浅憲明が「ぜひピープロ作品をやってみたい」と自ら声を掛けて来てくれた為、それに応じて監督を務める事となった。またパイロット作品『シルバージャガー』では、監督の花田良知から「いい音楽家がいるから使ってみてください」と作曲家を紹介された[1]。結局起用は見送られてしまったが、その作曲家は坂本龍一であった[1]

テレビ出演編集

  • 『ピープロ魂』(フジテレビ721、2007年(平成19年)放映) - インタビュー出演し、ピープロ時代のエピソードを語った。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『ライオン丸』や『鉄人タイガーセブン』の主題歌作詞者としての「しのだとみお」は、スタッフ全員の連名表記である。
  2. ^ ピープロは過去に東映の子供向け夏休みプログラムに『マグマ大使』を提供した縁があった。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 特撮秘宝3 2016.
  2. ^ うしおそうじとの共同執筆の他に、篠原個人でペンネームを用いて執筆を担当した事もあった。
  3. ^ 『ピー・プロ70'sヒーロー列伝 (1) スペクトルマン』ソニー・マガジンズ、1999年12月1日、55頁。ISBN 4-7897-1443-8
  4. ^ 前作『スペクトルマン』の放映、製作への後押しに貢献した人物でもあった。
  5. ^ 快傑ライオン丸のメイン監督を務めた。
  6. ^ うしおそうじと篠原茂との共同名義であるのは先に説明されているが、快傑ライオン丸以降の作品でも執筆は継続している。

参考資料編集

  • 『ファンタスティックコレクションNO.17 ピー・プロ特撮映像の世界』(朝日ソノラマ)
  • 『うしおそうじとピープロの時代 スペクトルマンVSライオン丸』(太田出版)
  • 「INTERVIEW 『スペクトルマン』ほか製作 篠原茂」『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社、2016年3月13日、 pp.79-82、 ISBN 978-4-8003-0865-8

関連項目編集