紋別港

紋別港に停泊する砕氷船ガリンコ号2

紋別港(もんべつこう)は、北海道紋別市の北部に位置する港湾。国の重要港湾に指定されており、港湾管理者は紋別市。紋別港周辺はみなとオアシスもんべつとしてみなとオアシスに登録されている。

弁天岬と呼ばれる500メートルほどの岩礁オホーツク海に突き出し、海流を防いで南東側に湾を形成する天然の防波堤となっている。西側には北見山脈がそびえ、港内は波浪が穏やかである。かつては暗礁があり大型船の入港が困難だったが、1920年代浚渫などが行なわれて近代的な港が築かれ、オホーツク海における漁業基地として栄えてきた。現在は入港する船隻数の90%以上が漁船であり、周辺には観光施設も増えている。

目次

歴史編集

 
紋別市中心部と紋別港周辺の空中写真。1978年撮影の8枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

築港以前編集

1680年代松前藩によりソウヤ場所を設けた際、漁場として開設されたといわれる。1846年弘化3年)7月には松浦武四郎が紋別を訪れ、東向きの浜に岬が湾を作っており、波浪が静かで船の停泊に適している、と記録している[1]。また、1871年明治4年)頃の港付近は沖に向かって12〜13(約1,300〜1,400m)にわたる暗礁があり、不案内な船には座礁の恐れがあった[2]1876年(明治9年)1月には紋別に郵便局が設けられたのに伴って定期郵便船の寄港地となり、この頃には小樽港函館港根室港などと航路が結ばれ海運基地にもなっている。しかし暗礁のために和船は岸から200〜300m、汽船は1,300〜1,400m離れた所に停泊する必要があって大型船の入港は困難であり、また冬季の12月初旬から4月中旬までは流氷などのため航海ができなかった。

紋別港周辺のオホーツク海沿岸部には緊急時の避難港がなかった事もあり、1906年(明治39年)には紋別築港の運動が生じた。このような中で1922年大正11年)9月29日暴風雨により、オホーツク海で出漁操業中のホタテ漁船350隻中100隻以上が転覆し、漁師1,700名中260名が死亡するという大惨事が起きた[3]。これを機に翌1923年(大正12年)に弁天岬から防波堤を延ばす北防波堤工事が始まり、あわせて湾内の海底を浚渫し、船入澗や岸壁が築かれた。一方、大正時代には動力付漁船が用いられるようになり、従来の沿岸付近の浅海漁業から沖合漁業へ転換が進んだ。1923年には動力付の船として紋別港船籍の3隻と他港船籍の10隻が操業していた。また漁網の巻上作業なども自動化されている。

築港以降編集

1930年昭和5年)に紋別港が竣工すると、漁業基地としての施設が整備された事で利用する船舶が増加し、1949年(昭和24年)にはオコック汽船底曳網漁業協同組合が設立され、沖合漁業へ本格的に転換していった。これにより、1948年(昭和23年)には船と取扱貨物は5,800隻、68,000トンだったのが、1954年(昭和29年)にはそれぞれ16,000隻、105,000トンに増加した。さらに1955年(昭和30年)に北洋漁業が再開されてからは、中継基地としてカムチャツカ独航船(仲積船)が紋別港に寄港した。これに対応するための港湾の改良・拡大を目指し、船入澗や北防波堤の増設および新港、防波堤、島堤の建設などが行なわれ、1967年(昭和42年)に完成した[4]。これにより大型貨物船の入港も可能となり、1975年(昭和50年)には重要港湾に指定されている。さらに1978年(昭和53年)に出入国管理令に基づく指定と検疫港の指定、1980年(昭和55年)には関税法開港指定を受けた。

近年では観光面に注力し、1987年(昭和62年)に世界初の観光用流氷砕氷船であるガリンコ号が配備され、1996年平成8年)に海洋科学の観測研究施設であるオホーツクタワーと散策可能な第3防波堤(クリオネプロムナード)が完成している。また、1997年(平成9年)に2代目となるガリンコ号2が就航し、2000年(平成11年)には人工海水浴場オホーツクとっかりセンターが付近に作られた。

さらに2014年(平成26年)1月に入ると、1997年に道の駅に登録された道の駅オホーツク紋別を含む一帯がみなとオアシスに登録され、さらに観光化が進んでいる。[5]

2002年(平成14年)に水深12mの大型岸壁が竣工し、第4防波堤の建設が始まっている。

交通アクセス編集

参考文献編集

  • 日本歴史地名大系(オンライン版) 小学館
  1. ^ 『蝦夷日誌』
  2. ^ 『北見州経験誌』
  3. ^ 『紋別市史』
  4. ^ 『新紋別市史』
  5. ^ みなとオアシス「もんべつ」【紋別港】”. 国土交通省北海道開発局. 2015年3月18日閲覧。

外部リンク編集