メインメニューを開く
TsukubaWarship.jpg
艦歴
起工: 1851年
進水: 1853年4月9日
竣工: 1854年
購入: 1871年8月16日
除籍: 1905年6月10日
性能諸元
排水量: 常備:1,947 t
全長: 垂線間長:58.2 m
全幅: 10.6 m
吃水: 5.48 m
機関: 1軸レシプロ
526 ihp
最大速: 10 ノット
兵員: 301 名
兵装: 16 cm砲 9 門
その他 信号符字:GQBF[1]

筑波(つくば)は、日本海軍軍艦、木造コルベット。元イギリス海軍所属の「HMS マラッカ」(HMS Malacca)で、兵部省が購入。艦名は茨城県の「筑波山」にちなんで名づけられた。

艦歴編集

HMS マラッカは、英領ビルマの警備のため建造された、スクリュー付き機帆走木造スループである。英領マラッカで竣工したとされるが、建造場所は不明である。1862年コルベットとして機関を換装し、1869年に売却された。1871年明治4年)に日本海軍がイギリス人から購入し、「筑波」と改名された。1887年(明治20年)までの正式名は「筑波艦」である。HMS マラッカは世界で最初に円缶を搭載した軍艦として有名である。

海軍兵学寮(のち海軍兵学校)の練習艦となり、1875年(明治8年)11月にはサンフランシスコまで航海するなど、遠洋練習航海のさきがけとなった[2]。他に測量任務にも従事した。

日清戦争時には艦歴40年以上であったので、実戦には投入されず軍港警備に従事した。

1898年(明治31年)3月21日、三等海防艦に類別された。1905年(明治38年)に除籍され、翌年に売却された。

艦長編集

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

  • (代理)相浦紀道 大尉:1871年10月28日 - 1872年3月3日
  • 本山漸 中佐:1872年6月24日 -
  • 伊藤雋吉 中佐:1872年9月14日 - 1874年6月12日
  • (兼)伊藤雋吉 中佐:1874年6月12日 - 1876年9月12日
  • 本山漸 中佐:1876年9月12日 - 1877年2月20日
  • 松村淳蔵 大佐:1877年2月20日 - 1877年8月23日
  • 本山漸 中佐:1877年8月23日 - 1877年11月1日
  • 松村淳蔵 大佐:1877年12月1日 - 1879年8月19日
  • 相浦紀道 中佐:1879年8月19日 - 1881年6月17日
  • 伊東祐亨 中佐:1881年7月7日 - 1881年12月27日
  • 有地品之允 大佐:1882年12月23日 - 1884年12月17日
  • (心得)新井有貫 少佐:1884年12月17日 - 1885年6月22日
  • 福島敬典 大佐:1885年10月23日 - 1886年1月6日(生徒練習航海中)
  • 福島敬典 大佐:1886年1月6日 - 1886年12月28日
  • 野村貞 大佐:1887年4月25日 - 1889年1月24日
  • 柴山矢八 大佐:1889年5月15日 - 1891年2月6日
  • 黒岡帯刀 大佐:1891年2月6日 - 1891年11月20日
  • 黒岡帯刀 大佐:1892年8月6日 - 1895年12月27日
  • 細谷資氏 大佐:1895年12月27日 - 1896年4月1日
  • 石井猪太郎 大佐:1896年4月1日 - 5月19日
  • 柏原長繁 大佐:1897年2月18日 - 1898年3月1日
  • 友野雄介 中佐:1898年3月1日 - 10月1日
  • 加藤重成 大佐:1898年10月1日 - 1899年6月3日
  • 高桑勇 中佐:1899年6月3日 - 1899年7月25日
  • (兼)宮岡直記 中佐:1899年9月19日 - 1900年11月6日
  • (兼)今井兼昌 大佐:1900年11月6日 - 1902年6月28日
  • 松居銓太郎 中佐:1902年6月28日 - 10月23日
  • 黒水公三郎 中佐:1903年4月20日 - 5月14日
  • 中川重光 中佐:1903年5月14日 - 6月22日

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ #公文類聚10編33巻 画像1『二月十八日 逓信省海軍艦船及西洋形商船ニ信号符字ヲ點付ス 逓信省達 第八号本年一月中海軍艦船及ヒ西洋形商船左ノ通信号符字ヲ點付ス十九年二月十八日 海軍艦船ノ部 信号符字 艦名 砲數 …(略)… GQBF 筑波Tsuku-ba 八 …』
  2. ^ 中島武著『明治の海軍物語』三友社、1939年のうち、「最初の遠洋航海」。

参考資料編集

  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、光人社、2003年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報
  • アジア歴史資料センター(公式)
    • 『公文類聚・第十編・明治十九年・第三十三巻・運輸三・船舶車輌・津港・河渠・橋道』。Ref.A15111235500。

関連項目編集