綾瀬バスストップ

綾瀬バスストップ(あやせバスストップ)は、神奈川県綾瀬市東名高速道路本線上に設置されたバス停留所である。東名綾瀬(とうめいあやせ)とも言う。

概要編集

JR東名ハイウェイバスの急行・特急 東名ライナーと小田急箱根高速バスの特急、および相鉄バスフジエクスプレスが共同運行するレイクライナーの全便が停車する。

渋滞の名所」として知られる「綾瀬バス停」はこの綾瀬バスストップのことを指す。しかし最近では、道路拡幅に伴い、渋滞地帯は約4 kmほど東京方面にある「大和トンネル」付近となり、「渋滞の名所」の名を返上することとなった。

なお、このバス停周辺に綾瀬スマートインターチェンジを設置する予定がある。

周辺編集

綾瀬バスストップの階段を上ると、目の前に橋(寺小橋)があり、都市計画道路寺尾上土棚線(神奈川県道42号線)が通っている。付近の工業団地内にはIHI技術教習所があり、ここでは様々な工業資格が取得できるので当バス停を利用する人は多い。また、東名の側道を5分程南西に歩くと、綾瀬郵便局がある。

歴史編集

停車する路線編集

  • 東名ハイウェイバス(東京 - 御殿場 - 静岡 - 浜松 - 名古屋)
  • 小田急箱根高速バス(新宿 - 御殿場 - 箱根)
  • 相鉄バスフジエクスプレス レイクライナー(横浜 - 富士急ハイランド・河口湖)
    • 夏季の登山シーズンの特定日に1往復を富士山五合目まで延長運転

乗り換え編集

なお綾瀬市コミュニティバスかわせみ1号車「綾瀬市役所かしわ台駅循環ルート」 寺尾西公園バス停からも至近距離にある

距離編集

座標: 北緯35度26分52.5秒 東経139度25分8.2秒 / 北緯35.447917度 東経139.418944度 / 35.447917; 139.418944