美少女学園』(びしょうじょがくえん)は、1987年11月1日から1988年4月3日まで一部テレビ朝日系列局で放送されていたテレビ朝日製作のテレビドラマバラエティ番組。放送時間は毎週日曜 12:00 - 12:45 (日本標準時)。

美少女学園
ジャンル テレビドラマバラエティ番組
脚本 水島聡
ほか
出演者 藤谷美紀
久本雅美
原田伸郎
中山秀征
渡辺徹
ほか
オープニング 「水に落ちたヴァイオレット」
エンディング 「OITAな15歳」
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1987年11月1日 - 1988年4月3日
放送時間 日曜 12:00 - 12:45
放送分 45分
テンプレートを表示

概要編集

前期編集

1987年オスカープロモーションが開催した『第1回 全日本国民的美少女コンテスト』の受賞者たちを起用していたテレビドラマ。

グランプリ受賞者の藤谷美紀を主役に据え、その他の受賞者たちも出演させていた。第1話と1988年1月3日放送の『美少女学園スペシャル』には、国民的美少女コンテストの火付け役となった後藤久美子がゲスト出演した。

内容は学園ドラマで、あらすじは「美少女学園とは芸能人養成学校。現実に美少女たちを本物のスターに育てていく実録版スター誕生物語…」と教師役の渡辺徹が説明していた。脚本は水島聡ほかが担当。

藤谷たちはミッション系のお嬢様学校を思わせる特注の制服を着用し、家庭科の授業のシーンでは調理実習も行っていた。

本番組は純粋なドラマではなく、ドラマパートと出演者たちのレッスン過程を映したドキュメンタリーパートによって構成されていた。

後期編集

屋内プールで彼女たちが水着に裸足の格好になってプールに入りながらバレーの試合を繰り広げる「ずぶ濡れバレーボール」というコーナーは、番組開始から終了まで行われていた。

バレーボールと水泳をミックスさせた競技であるが、競技衣装は水着必着のまま水泳を行うチーム体操着またはバレーユニフォーム必着のままバレーボールを行うチームに分けられた。ルールはバレーボールとほぼ変わりなく、プールに入りながら試合を行うだけで企画独自のルールもなかった。

ドラマパートの一部として、出演者側は「美少女アタックス」という学園公認のバレーボールチームとして登場。プールに設置された特設コートでのバレーボールの試合に勝利する為、水着着用のまま試合に参加。

一方、対戦チーム側は「企業、団体等のバレーボールサークル、実業団、一般の女子バレーボールクラブ」であり、20代前半から50代まで幅広い年代の女性が参加。水着姿での試合参加も検討されていたが、企画として成立させるだけでなく美少女アタックスに一勝でも勝たせる為に、体操着またはバレーユニフォーム一式必着となった[1]。企業、会社にバレーボールクラブがあるところでは、特訓や本番でも指定のバレーユニフォーム一式を着用し、プールに浸かって全身びしょ濡れになることを想定してバケツの水をかぶったり、シャワーを浴びるなど、普段のバレーボールの練習や試合で着用しているバレーユニフォーム一式を水着にして、髪や顔、大腿部まで全身びしょ濡れにしたまま行うなど勝つために必死になっていた。屋内プールでの水上バレーボールの試合で「美少女アタックス」に勝利すれば景品が贈られた。中には、会社の威信をかけてのぼりまで持参したチームもあった。

ドラマパートでは、実力派バレーボールチームとして美少女アタックスから試合を挑まれるが、試合当日に会場が急遽変更になったと聞かされ、はじめて屋内プール館内の特設バレーコートで試合を行うことを知らされる。屋内プール館内の更衣室で競技衣装に着替えた後、普段の練習、試合で着用している体操着またはバレーユニフォーム一式を着用したままプールに入りながら試合に挑むことになる[2]

試合当日、「美少女アタックス」は水着着用のまま水泳を行う感覚で会場入りし、相手チームと顔合わせしたら水深膝下くらいまであるプールに設置されたバレーコートに入る。対する「一般参加の女性チーム」は、屋内プール館内の更衣室でアクセサリー等を外し、化粧を落としてから普段の練習、試合で使用しているバレーユニフォーム一式に着替え、バレーボールの練習、試合を行う格好のまま会場入りし、相手チームと顔合わせをする[3]。試合本番は、バレーユニフォーム一式から下着まで全て水着として着用したままプールに潜って水泳を行う覚悟を決め、身なりをきちんと整えてから水深膝下くらいまであるプールに入り、運動靴、ハイソックスを履いて濡らしたまま、特設バレーコートで試合に挑むこととなる。

全試合を振り返ると、前半は一般参加の女性チームがハイソックス、運動靴を履いて濡らしながら移動しなければならないせいか、バレーユニフォーム一式を着用したまま転倒して全身びしょ濡れになるのを怖れ、ボールも返せないまま「美少女アタックス」のリードを許していた[4]。後半からは、一般参加の女性チームがバレーユニフォーム一式を水着として捉え、プールでの試合に慣れ、バレーユニフォーム必着のまま全身びしょ濡れになる覚悟を決め、そこから追い上げて勝利をおさめるパターンが多かった(中には「美少女アタックス」が勝利した回もある)。

試合中の転倒によるずぶ濡れも期待されていたが少ないに等しく、ほとんどが美少女アタックスの選手が転倒して全身びしょ濡れになっていた。体操着ならびバレーユニフォーム一式必着での遊泳許可が降りたにも関わらず、水泳の要素が活かしきれなかったせいか、コート外に落ちたボールをチームメンバーで取りに行かせることをルールとして定めなかったのも原因となった。

企画上、一般参加の女性チームに体操着ならびバレーユニフォーム一式必着での試合参加にしたのは、企業や会社指定デザインのバレーユニフォーム一式のアピールだけでなく、途中で転倒したり、ボール拾い等でプールに潜って髪からバレーユニフォーム一式まで全身びしょ濡れになっても必死に頑張る女性の姿を見てもらいたかったのこと。時には、一般参加の女性チームの選手も転倒したこともあり、バレーユニフォームだけでなく、長い髪まで全身びしょ濡れになって試合に挑んだ回もあった[5]。「美少女アタックス」が負けるとコーチに呼び出され、プールに設置されたバレーコートで特訓をしていた。

試合終了後、「美少女アタックス」は水着に裸足姿のまま洗眼してシャワーを浴びながら洗い流して更衣室へ戻り、着替えを済ませて帰宅となる。「一般参加の女性チーム」はバレーユニフォーム一式を水着として必着している為、「美少女アタックス」同様、洗眼したら企業、会社指定のバレーユニフォーム一式必着に身なりをきちんとした格好のままシャワーを浴びることとなり、バレーユニフォーム一式が「水着」としての役割を果たすこととなる。シャワーを浴びてバレーユニフォーム一式をまんべんなく濡らしながら髪や顔、脚まで洗い、全身びしょ濡れにして更衣室へ戻らなければならなかった[6]。女子バレーボール選手がバレーユニフォーム一式のまま着衣水泳をして全身びしょ濡れになった格好で更衣室へ戻り、着替えを済ませたあとは屋内プール館内の外へ出て解散となる。10月から3月までの半年間、屋内プール館内の寒さにも負けずにバレーボールの試合を繰り広げてきた。

他にも『月刊De☆View』の編集長がオーディション情報を紹介するコーナーがあり、ドラマのエキストラの募集も行っていた。番組のエンディングにはNG場面を流していた。

番組終了へ編集

番組のメインであるドラマは途中で立ち消えになり、以後は渡辺徹と久本雅美が司会を務めるバラエティ企画がメインになっていった。

さらに番組は1988年4月に同タイトルでの放送を終了し、錦織一清大島智子が司会を務めるバラエティ番組『キラリ!美少女』へとリニューアルした。本番組に出演していたメンバーのうち、藤谷のみが引き続き出演した。

出演者編集

主題歌編集

  • 水に落ちたヴァイオレット(中村由真、オープニングテーマ)
  • OITAな15歳(a-cha、エンディングテーマ)

備考編集

系列局の朝日放送はこの時間帯にローカル番組を放送しており、本番組は未放送だった。

脚注編集

  1. ^ 衛生上、試合用に白無地の下着も持参して、更衣室での着替えは、試合用の下着に着替えてから、体操着またはバレーユニフォーム一式に着替えなければならない。
  2. ^ 水着着用ならびバレーユニフォーム下の水着着用の試合参加は一切禁止。ブルマー最盛期の頃に行われた為、大半が試合用の白無地の下着の上から長袖ユニフォームシャツにバレーブルマー。ハイソックスに運動靴。中には、膝サポーター、ハチマキをして参加したチームもいた。
  3. ^ 本来なら、更衣室からプールまでの移動の間に腰洗い槽に浸かってからシャワーを浴びるが、企画では着替えてから真っ直ぐ試合会場へ移動。
  4. ^ 一般の女子バレーボールチームのメンバー全員が、着衣水泳ならびにプールでのユニフォーム着用の試合を経験していない為。
  5. ^ 後に2003年秋に放送された『KUNOICHI』では、バレーボール部に所属する女子大生が、競技参加衣装として長袖ユニフォームシャツにバレーブルマー、膝サポーター、ハイソックス、運動靴、頭にハチマキをきちっと締めた恰好で参加。3つ目の浮遊島でタイムアップとなった後、自らの意思で池に入り、頭ごと池の中に潜り込んで全身びしょ濡れにした後に平泳ぎ。女子バレーボール選手が練習、試合で使用するバレーユニフォーム一式を必着したまま水泳を行い、池やプール等に潜って全身びしょ濡れになりながら平泳ぎ等して着衣水泳を行った例でもある。
  6. ^ 試合中にチームメンバーが転倒してプールで全身びしょ濡れになった時の為。

関連項目編集

外部リンク編集

テレビ朝日系列 日曜12:00枠
前番組 番組名 次番組
クイズ!!データマッチ
(1986年12月7日 - 1987年10月25日)
美少女学園
(1987年11月1日 - 1988年4月3日)
キラリ!美少女
(1988年4月10日 - 1988年9月25日)