羽安駅

兵庫県西脇市にあった西日本旅客鉄道の駅(廃駅)

羽安駅(はやすえき)は、かつて兵庫県西脇市羽安町にあった西日本旅客鉄道(JR西日本)鍛冶屋線である。

羽安駅
駅跡(2017年3月)
はやす
Hayasu
市原 (2.3 km)
(1.8 km) 曽我井
地図
所在地 兵庫県西脇市羽安町
北緯35度2分0.9秒 東経134度57分14.7秒 / 北緯35.033583度 東経134.954083度 / 35.033583; 134.954083座標: 北緯35度2分0.9秒 東経134度57分14.7秒 / 北緯35.033583度 東経134.954083度 / 35.033583; 134.954083
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 鍛冶屋線
キロ程 7.0 km(野村起点)
電報略号 ハス
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1923年大正12年)5月6日[1]
廃止年月日 1990年平成2年)4月1日[1]
テンプレートを表示

歴史 編集

駅のあった場所の地名はもともと羽山であった。杉原川を渡って北側にある多可郡中町(現多可町)の安田地区と合わせて安田郷と呼ばれていた。鉄道が建設される際に羽山と安田の間で駅の取り合いになり、羽山側に建設されるが駅名は安田口と一旦は決定された。実際に切符の印刷までされていたが、羽山側の反発を受けて両者の地名から1文字ずつ取って「羽安」という名前に決まった。1952年(昭和27年)に合併により西脇市となった際に、町名を駅名に合わせて羽安町としている[2]

年表 編集

駅構造 編集

単式ホーム1面1線のみを有していた地上駅。古い木造駅舎があった。

駅跡地 編集

駅の跡地は公園になり、ホームの一部が残されている。レールは撤去されているが、レール・枕木の模様が地面に描かれている。 近くにウイング神姫運行代替バスの「羽安」バス停がある。

隣の駅 編集

西日本旅客鉄道(JR西日本)
鍛冶屋線
市原駅 - 羽安駅 - 曽我井駅

脚注 編集

  1. ^ a b c d e f g h i 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、243頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ 神戸新聞総合出版センター『ひょうご懐かしの鉄道 廃線ノスタルジー』p.117 2005年 ISBN 4-343-00322-1
  3. ^ “日本国有鉄道公示第180号”. 官報. (1973年10月1日) 
  4. ^ 「通報 ●加古川線市場駅ほか8駅の駅員無配置について(旅客局)」『鉄道公報日本国有鉄道総裁室文書課、1973年10月1日、9面。

関連項目 編集