メインメニューを開く

羽野 だい豆(はの だいず、1976年7月25日[1] - )は、日本俳優声優。舞台の脚本や演出も行う。オフィス・ティービー所属。ごっタメ!主宰[2]福岡県出身。以前は同人舎プロダクションに所属していた。旧名・羽野 大志郎(はの だいしろう)。脚本・演出の際は、旧名を使用。

はの だいず
羽野 だい豆
プロフィール
本名 羽野 大志郎
愛称 ごろー
性別 男性
出生地 日本の旗 日本福岡県
生年月日 (1976-07-25) 1976年7月25日(42歳)
血液型 O型
身長 168 cm
職業 声優俳優脚本家演出家
事務所 オフィス・ティービー
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

目次

人物編集

趣味は歌、絵、写真、ダンス(タップジャズ地歌舞)、特技は朗読、方言(博多弁関西弁)、少林寺拳法[3]

経歴編集

2001年よりサラリーマンを退社し、声優・三田ゆう子主宰の朗読ボランティアグループに参加する。

舞台役者として、小中劇場や新国立オペラ劇場などに多数出演し、2010年には、紀伊國屋ホールにて、舞台「アストライアの天秤」(上演当時月刊アフタヌーン連載中の漫画)の主演に大抜擢される[4]

演出家・菅野臣太朗を師事し、役者、演出助手として菅野演出の舞台に多数参加しながら、2004年より自身でも企画・演出を始める。 当初、井の頭恩賜公園などで「大道演劇集団ごっタメ!」と銘打って野外でゲリラ的に行い、1年足らずで民放の某有名深夜番組から出演オファーをもらうも、解散[5]。現在ではメンバーを新たに、企画集団Gotta!として渋谷・伝承ホールで公演を行うまでに成長。[6]。現在は、ごっタメ!に改名し活動している。

演出・脚本家として、自身が主宰するごっタメ!の作品はもちろんのこと、タレントプロダクション、市主催の公演などでも脚本、演出を務めている。現在は、声優として洋画、海外ドラマの吹き替えを中心に、アニメなどでも活躍している[7]

出演作品編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

2014年

2015年

2017年

劇場アニメ編集

2015年

吹き替え編集

映画編集

テレビドラマ編集

アニメ編集

舞台編集

  • 『神鷲は死なない』(オフィスワンダーランド/東京芸術劇場小ホール2)
  • 『漂鳥の儚』(オフィスワンダーランド/中野劇場 MOMO)
  • 『OKINAWA1947』(オフィスワンダーランド/紀伊国屋ホール)
  • 『アストライアの天秤』(オフィスワンダーランド/紀伊国屋ホール公演)主演
  • 『オペラ ラ・ボエーム』(新国立劇場オペラ)
  • 『歌芝居をぐり』(京楽座/シアターΧ)
  • 『GO NOW』(西川たけしプロデュース/中野ウエストエンド)
  • 『ラン・フォー・ユア・ワイフ』『響刻』(ナッツプロダクション/萬劇場)主演
  • 『夏のバッキャロー!』(劇薬混入団すくらっち/シアターブラッツ)主演
  • 『ホワイト*ソング』(ROCK MUSICAL PROJECT/笹塚ファクトリー)
  • 『80日間世界一周』(おのまさしあたー/慶応義塾大学日吉キャンパス来往舎)
  • 『酔いどれ船』(おのまさしあたー/コレドシアター)
  • 『星空に吠えろトランペット』(劇団エンゼル/学校公演)主演
  • ごんぎつね』(劇団エンゼル/学校公演)主演
  • ひだまりの樹・朗読会 第3回〜第10回
  • ミニクレ+朗読会「夢十夜」

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ オフィスティービー プロフィール”. 2016年5月1日閲覧。
  2. ^ ごっタメ!”. 2018年5月1日閲覧。
  3. ^ オフィスティービー プロフィール”. 2016年5月1日閲覧。
  4. ^ ごっタメ!プロフィール”. 2016年5月1日閲覧。
  5. ^ ごっタメ!の歴史”. 2016年5月1日閲覧。
  6. ^ ボイスカルシアター「ドリームドロップス」”. 2016年5月1日閲覧。
  7. ^ ごっタメ!プロフィール”. 2016年5月1日閲覧。
  8. ^ プロメテウス[ザ・シネマ新録版]”. ふきカエル大作戦‼︎ (2017年12月2日). 2017年12月5日閲覧。

外部リンク編集