ブラッドリー・ウィットフォード

ブラッドリー・ウィットフォード(Bradley Whitford, 1959年10月10日 - )は、アメリカ合衆国俳優。『ザ・ホワイトハウス』のジョシュ・ライマンで知られる。2001年にはエミー賞の助演男優賞を受賞した。また2001年から2003年まで3年連続でゴールデングローブ賞の助演男優賞にもノミネートされた。2019年にはプライタイム・エミー賞ゲスト男優賞ドラマ部門を受賞した。

ブラッドリー・ウィットフォード
Bradley Whitford
Bradley Whitford
生年月日 (1959-10-10) 1959年10月10日(63歳)
出生地 ウィスコンシン州マディソン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ、舞台、映画
主な作品
映画
ロボコップ3
ゲット・アウト
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
テレビドラマ
ザ・ホワイトハウス
トランスペアレント
ハンドメイズ・テイル/侍女の物語
テンプレートを表示

出演作品編集

公開年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1986 ミッドナイト・トリック
Dead as a Doorman
テリー
1990 ヤングガン2
Young Guns II
チャールズ 牛山茂(VHS版)
伊藤栄次(フジテレビ版)
1992 セント・オブ・ウーマン/夢の香り
Scent of a Woman
ランディ・スレイド 荒川太朗
1993 マイ・ライフ
My Life
ポール 中村秀利(ソフト版)
不明(日本テレビ版)
パーフェクト・ワールド
A Perfect World
ボビー・リー
フィラデルフィア
Philadelphia
ジェイミー・コリンズ
ロボコップ3
RoboCop 3
フレック 田原アルノ(ソフト版)
仲野裕(テレビ東京版、テレビ朝日版)
1994 依頼人
The Client
トーマス・フィンク 大川透(ソフト版)
大滝寛(テレビ朝日版)
1995 アダム・サンドラーは ビリー・マジソン/一日一善
Billy Madison
エリック・ゴードン
1996 元大統領危機一発/プレジデント・クライシス
My Fellow Americans
カール
1997 トラブルボーダー
Masterminds
マイルズ
クローン:絶対遺伝子
Cloned
リック・ウエストン テレビ映画
北京のふたり
Red Corner
ボブ 秋元羊介
1999 仮面の顔/ほんとうの顔
Behind the Mask
ブライアン テレビ映画
2001 ニューヨークの恋人
Kate & Leopold
J.J. カムデン 小杉十郎太(ソフト版)
江原正士(日本テレビ版)
2005 旅するジーンズと16歳の夏
The Sisterhood of the Traveling Pants
アル 二又一成
小さな恋のものがたり
Little Manhattan
アダム
2007 アメリカン・クライム
An American Crime
検察官
2008 ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡
Bottle Shock
サンダース
2011 キャビン
The Cabin in the Woods
ハドリー 内田直哉
2013 ウォルト・ディズニーの約束
Saving Mr. Banks
ドン・ダグラディ 根本泰彦
2015 アイ・ソー・ザ・ライト
I Saw the Light
フレッド・ローズ 羽野だい豆
2016 オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男
All the Way
ヒューバート・ハンフリー テレビ映画
母が教えてくれたこと
Other People
ノーマン・マルカヒー 大川透
2017 ゲット・アウト
Get Out
ディーン・アーミテージ 二又一成
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
The Post
アーサー・パーソンズ 山本満太
ユニコーン・ストア
Unicorn Store
グラディス 根本泰彦
2018 ダーケスト・マインド
The Darkest Minds
グレイ大統領 魚建
ストレイ・ドッグ
Destroyer
ディフランコ
2019 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
Godzilla: King of the Monsters
リック・スタントン博士 安原義人
フィルのフィロソフィー
The Philosophy of Phil
マイケル・フィスク
ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
The Last Full Measure
カールトン・スタントン
2020 セルジオ: 世界を救うために戦った男
Sergio
ポール・ブレマー 魚建
野性の呼び声
The Call of the Wild
ミラー判事 内田紳一郎
ソングバード
Songbird
ウィリアム・グリフィン
2021 How It Ends Kenny [1]
Tick, tick... BOOM! : チック、チック…ブーン!
Tick, Tick... Boom!
Stephen Sondheim [2]
2022 ロザライン
Rosaline
Adrian Capulet [3]

テレビシリーズ編集

放映年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1994 NYPDブルー
NYPD Blue
ノーマン・ガードナー 4エピソードに出演
X-ファイル
The X-Files
ダニエル・トレプコス 第2シーズン第9話「地底
1995 ER緊急救命室
ER
ショーン・オブライエン 2エピソードに出演
1999-2006 ザ・ホワイトハウス
The West Wing
ジョシュ・ライマン次席補佐官 154エピソードに出演
2001年度エミー賞助演男優賞 受賞
石塚運昇
2002 マルコム in the Middle
Malcolm in the Middle
メグの夫 2エピソードに出演
そりゃないぜ!? フレイジャー
Frasier
ステュー エピソードKissing Cousin
2006-2007 ステュディオ60・オン・ザ・サンセット・ストリップ
Studio 60 on the Sunset Strip
ダニー・トリップ 22エピソードに出演
2008 バーン・アップ 石油利権の闇
Burn Up
マック ミニシリーズ
2009 名探偵モンク
Monk
ディーン・ベリー エピソードMr. Monk on Wheels
2011 LAW & ORDER:LA
Law & Order: Los Angeles
ミクリン エピソードBig Rock Mesa
メンタリスト
The Mentalist
ティモシー・カーター 2エピソードに出演 千葉繁
ザ・プロテクター/狙われる証人たち
In Plain Sight
アダム・ウィルソン / アダム・ロストン エピソードCrazy Like a Witness
2012 Parks and Recreation ピルナー議員 エピソードLive Ammo
2013 シェイムレス 俺たちに恥はない
Shameless
エイブラハム・ペイジ 2エピソードに出演
2013-2014 Trophy Wife ピート・ハリソン 22エピソードに出演
2014 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
フランク・マドックス エピソードReasonable Doubt
アルファ・ハウス
Alpha House
ネッド上院議員 第2シーズン第6話「リトリートで再発見」
2014-2019 トランスペアレント
Transparent
マーシー / マグヌス・ヒルシュフェルト 8エピソードに出演
2015-2020 ブルックリン・ナイン-ナイン
Brooklyn Nine-Nine
ロジャー・ペラルタ 4エピソードに出演 内田直哉
2017 Chicago Justice アルバート・フォレスト エピソード"Fake"
2018- ハンドメイズ・テイル/侍女の物語
The Handmaid's Tale
ジョゼフ・ローレンス司令官 メイン・監督
プライムタイム・エミー賞ゲスト男優賞ドラマ部門受賞
村治学
2019 シリコンバレー狂騒曲
Valley of the Boom
ジェームズ・バークスデイル 6エピソードに出演

出典編集

  1. ^ ‘How It Ends’ Trailer: Pandemic-Shot Sundance Hit to Premiere This Summer”. IndieWire (2021年6月18日). 2022年12月4日閲覧。
  2. ^ Bradley Whitford on Reuniting With Lin-Manuel Miranda for ‘Tick, Tick, Boom!’”. The Hollywood Reporter (2021年9月9日). 2022年12月4日閲覧。
  3. ^ 『ロザライン Rosaline』感想(ネタバレ)”. シネマンドレイク (2022年10月17日). 2022年12月4日閲覧。

外部リンク編集