メインメニューを開く

聖処女』(せいしょじょ、The Song of Bernadette)は、ヘンリー・キング監督による1943年のアメリカ合衆国の映画フランツ・ヴェルフェルの小説『ベルナデットの歌』を原作としている。

聖処女
The Song of Bernadette
Jennifer Jones still, 'Song of Bernadette'.jpg
監督 ヘンリー・キング
脚本 ジョージ・シートン
原作 フランツ・ヴェルフェル
製作 ウィリアム・パールバーグ
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 アーサー・C・ミラー
編集 バーバラ・マクリーン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1943年12月21日
日本の旗 1949年5月14日[1]
上映時間 156分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

第二帝政時代のフランス。貧しい農家に生まれ、やがて聖女と呼ばれるようになるベルナデッタ・スビルーを描く。

キャスト編集

映画賞受賞・ノミネート編集

映画賞 部門 候補者 結果
アカデミー賞 作品賞 ノミネート
主演女優賞 ジェニファー・ジョーンズ 受賞
助演男優賞 チャールズ・ビックフォード ノミネート
助演女優賞 アン・リヴィア
グラディス・クーパー
監督賞 ヘンリー・キング
脚色賞 ジョージ・シートン
撮影賞(白黒) アーサー・C・ミラー 受賞
劇映画音楽賞 アルフレッド・ニューマン
室内装置賞(白黒) 美術: ジェームズ・バセヴィウィリアム・ダーリング
装置: トーマス・リトル
編集賞 バーバラ・マクリーン ノミネート
録音賞 E・H・ハンセン
20世紀フォックス・スタジオ・サウンド部
ゴールデングローブ賞[2] 作品賞 受賞
女優賞 ジェニファー・ジョーンズ
監督賞 ヘンリー・キング

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集