脊振村(せふりむら)は、佐賀県の北部、神埼郡にあった山村である。村の名は、脊振山地の最高峰、脊振山にちなむ。

せふりむら
脊振村
廃止日 2006年3月20日
廃止理由 新設合併
神埼町千代田町脊振村神埼市
現在の自治体 神埼市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 佐賀県
神埼郡
団体コード 41325-9
面積 60.93km2
総人口 1,907
(国勢調査、2005年)
隣接自治体 神埼町吉野ヶ里町佐賀市福岡市
村の木 スギ
村の花 チャノキ
村の鳥 ウグイス
脊振村役場
所在地 842-0292
佐賀県神埼郡脊振村大字広滝558-2
外部リンク 旧脊振村の公式ホームページ
SefuriMuraKennai1889.png
 表示 ウィキプロジェクト

県内最後の村であったが、2006年3月20日神埼町千代田町と対等合併して市制施行し、神埼市となった。現在は全域が神埼市脊振(せふりまち)となっている。

目次

地理編集

佐賀県北部、脊振山地の中にある。北に脊振山があり、南に行くほど標高は低くなる。人口は城原川沿いに散らばる。

  • 山岳: 脊振山 (1055m)
  • 河川: 城原川

隣接していた市町村・行政区編集

佐賀県

福岡県

歴史編集

  • 1869年(明治2年) 広滝・倉谷・岩屋が合併して広滝山村、一番ヶ瀬・服巻・久保山が合併して服巻山村、鹿路・鳥羽院・名尾が合併して鹿路山村がそれぞれ成立。
  • 1889年(明治22年)4月1日 市町村制施行により広滝山村・服巻山村・鹿路山村(名尾を除く)が合併して脊振村成立。
  • 2006年(平成18年)3月20日 - 神埼町・千代田町と対等合併し、市制施行して神埼市となり消滅。

経済編集

産業編集

農業では水稲野菜が生産される。

産業別就業者数
第1次産業 311人
第2次産業 241人
第3次産業 486人

地域編集

教育編集

  • 脊振村立脊振中学校
  • 脊振村立脊振小学校

交通編集

バス路線編集

道路編集

主要地方道
一般県道
  • 佐賀県道209号広滝大和富士線
  • 佐賀県道273号藤原松瀬線
  • 佐賀県道305号脊振山公園線

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

  • 高取山
  • ふるさとロッジかじか

関連項目編集