メインメニューを開く

千代田町(ちよだちょう)は、佐賀県東部にあったで、神埼郡に属していた。『次郎物語』の作者、下村湖人の生誕地である町のキャッチフレーズは「水と緑と次郎の里」。

ちよだちょう
千代田町
廃止日 2006年3月20日
廃止理由 新設合併
神埼町千代田町脊振村神埼市
現在の自治体 神埼市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 佐賀県
神埼郡
団体コード 41322-4
面積 24.77km2
総人口 11,868
(国勢調査速報値、2005年10月1日)
隣接自治体 佐賀市神埼町吉野ヶ里町みやき町
久留米市大川市
町の木
町の花 コスモス
千代田町役場
所在地 842-8502
佐賀県神埼郡千代田町大字直鳥166-1
外部リンク 千代田町(閉鎖)
座標 北緯33度16分 東経130度22分 / 北緯33.267度 東経130.367度 / 33.267; 130.367座標: 北緯33度16分 東経130度22分 / 北緯33.267度 東経130.367度 / 33.267; 130.367
SagaChiyodaChoKennai1965.png
 表示 ウィキプロジェクト

2006年3月20日に神埼郡脊振村および神埼町合併(新設合併)し、神埼市となった。

地理編集

佐賀県東部、筑後川の北岸の佐賀平野にあり、南東部は筑後川を挟んで福岡県に接する。全域が平野で山はない。

隣接していた市町村編集

歴史編集

近現代編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、城田村境野村千歳村・蓮池村が発足。
  • 1935年(昭和10年)11月3日 - 蓮池村が町制施行。蓮池町となる。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 城田村・境野村・千歳村・蓮池町の一部が合併(新設合併)して千代田村が発足(蓮池町の他の地域は佐賀市へ編入)。
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 千代田村が町制施行、千代田町となる。
  • 2006年(平成18年)3月20日 - 神埼郡脊振村、神埼町と合併し、市制施行して神埼市となり消滅。

行政編集

 
神埼市役所千代田庁舎、2015年撮影(旧千代田町役場)
  • 町長:内川修治(最終代)

産業編集

クリークにより導水する農業が中心。町の東側に千代田東部工業団地が建設され、製造業の誘致が図られている。

地域編集

教育編集

中学校編集

町立

  • 千代田中学校

小学校編集

町立

  • 千代田東部小学校
  • 千代田中部小学校
  • 千代田西部小学校

交通編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

 
下村湖人生家
  • 直鳥城跡
  • 下村湖人生家
  • 次郎の森公園
  • 堀デーちよだ
  • 冠者神社相撲大会

千代田町出身の有名人編集

千代田町を舞台とした作品編集

関連項目編集

外部リンク編集