メインメニューを開く

興和紡株式会社(こうわぼう、: Kowabo Co., Ltd.)は、印刷事業、自動車販売を行う子会社の経営指導管理事業、不動産賃貸事業等を行う日本企業である。

興和紡株式会社
Kowabo Company, Limited
Kowa headquarters 110215.jpg
興和紡本社ビルとサウスハウス
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
460-0003
名古屋市中区錦三丁目6番29号[1]
北緯35度10分19.5秒
東経136度54分25.1秒
座標: 北緯35度10分19.5秒 東経136度54分25.1秒
設立 2009年12月10日[1]
業種 製造業
法人番号 9180001072698
事業内容 印刷事業、不動産事業、自動車販売事業
代表者 代表取締役社長 三輪芳弘[1]
資本金 5,000万円[1]
売上高 121億5478万3千円(2018年3月期)
営業利益 16億7797万4千円(2018年3月期)
純利益 15億9220万9千円(2018年3月期)
純資産 197億3641万円(2018年3月31日現在)
総資産 377億569万9千円(2018年3月31日現在)
従業員数 103人(2016年3月現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 大栄産興株式会社
外部リンク http://www.kowabo.co.jp/
特記事項:創業は1894年明治27年)12月25日。前身会社(株式会社服部商店→興和紡績株式会社)の設立は1912年大正元年)10月25日
テンプレートを表示

株式非上場化のためのマネジメント・バイアウト(MBO)として、興和紡績株式会社を2010年11月に吸収合併している。

概要編集

本社は愛知県名古屋市に所在する。興和株式会社を中核に構成される「興和グループ」の源流企業である。かつては創業事業である紡績事業も存在していたが、グループ中核企業の興和株式会社に繊維部門を事業譲渡したため、現在は紡績事業を行っていない。

非上場化に伴う会社再編を経て繊維事業から離れた為、現在の会社名は「興和紡」に変更となっている。かつては射出成形品(金型製造を含む)、ヘルスケア商品製造事業なども行っていたが、これらも興和株式会社に吸収分割により事業譲渡している。

直接の子会社として、興和冷蔵シュテルン名古屋南メルセデス・ベンツディーラー)、名南三菱自動車販売三菱自動車のディーラー)などの企業がある。かつては、知立電子工業と三興紙器、NobleSkill LTD.といった子会社があった。また関連会社として、興和株式会社、興和新薬株式会社、興和創薬株式会社などが存在する。

会長・社長は、興和紡、興和、興和新薬、興和創薬とも同じである。

沿革編集

旧法人・興和紡績編集

現法人・興和紡編集

  • 2009年(平成21年)
    • 12月10日 - マネジメント・バイアウトを目的として、大栄産興株式会社の完全子会社の興和紡株式会社を設立。
    • 12月24日 - 興和紡株式会社による、興和紡績株式会社に対する株式公開買付(TOB)を発表[5]
  • 2010年(平成22年)
    • 2月23日 - 興和紡績株式会社の株式取得
    • 11月 - 興和紡績株式会社を吸収合併する。
  • 2015年(平成27年)
    • 5月29日 - 興和紡と株式会社ジェイ・ウィル・パートナーズが共同で設立した合同会社江守コーポレーションが、 江守グループホールディングス株式会社(後の株式会社サスティナ)とスポンサー契約を締結し主要子会社8社の株式を譲り受けた[6]
  • 2017年(平成29年)
    • 4月1日 - 江守商事とその関連会社3社を興和株式会社が子会社とした[7]

子会社等編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 概要”. 興和紡株式会社. 2016年10月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 興和紡績(株)『興和のあゆみ : 写真集』(1988.12)”. 渋沢社史データベース. 2016年10月19日閲覧。
  3. ^
    名証1部 3117
    2010年5月14日上場廃止
  4. ^
    大証1部(廃止) 3117
    2010年5月14日上場廃止
  5. ^ a b MBOの実施及び応募の推奨に関するお知らせ 興和紡績株式会社・平成21年12月24日
  6. ^ 子会社株式の譲渡完了及び子会社の異動のお知らせ 江守グループホールディングス株式会社
  7. ^ 興和、江守商事を⼦会社化 興和株式会社プレスリリース2017年4月3日

外部リンク編集