メインメニューを開く
舞洲全景(大阪府咲洲庁舎より撮影)

舞洲(まいしま)は、大阪府大阪市此花区にある人工島。面積は約220ヘクタール[1]

新都心の開発を目指して、1988年に策定された「テクノポート大阪」計画の対象となった人工島3地区の一つ。大阪北港の一画を占め、レジャー施設や物流拠点などが誘致されている。

アミティ舞洲
大阪市環境局 舞洲工場
大阪市舞洲スラッジセンター
プロロジスパーク舞洲II

地理編集

大阪市西部の大阪港北港に位置する人工島。行政上は此花区に属し、北港緑地北港白津の2つの町名が設定されている。島は3つの道路橋で島外と接続しており、北の常吉大橋常吉と、東の此花大橋北港(町名)と、南の夢舞大橋夢洲と結ばれている。

舞洲は東側が物流・環境ゾーン、西側がスポーツ・レクリエーションゾーンと位置づけられている[2][3]

歴史編集

1972年7月、廃棄物処理・埋立場として此花区地先水面を埋め立て、埠頭用地、公園緑地、護岸等公共用地の造成を行う事業が認可決定された[4]。現在「舞洲」の愛称で呼ばれている埋立地の名称は「北港北地区」[4]。1987年、「北港北地区」では廃棄物の受け入れを完了した。

大阪市制100年記念事業(1989年が市制100周年に当たる)として1983年に検討が始まった臨海部の開発構想は[5]テクノポート大阪」構想として策定された。この構想において、北港北地区には文化リクリエーション施設などを開発、従業人口1万人、昼間人口2万2千人の規模を2010年度に達成する計画であった[5]

1991年、「舞洲」という愛称が、一般公募により定められた(咲洲・夢洲も同時命名である)[4]

舞洲をスポーツ施設を集積した「スポーツアイランド」とする構想は1990年よりあり[2]、人工スキー場やゴルフ場を設ける案もあったという[2]。1997年の第52回国民体育大会に向けての施設整備がすすめられ[4]舞洲ベースボールスタジアム(軟式野球)、舞洲アリーナ(バスケットボール)、舞洲球技場(ホッケー)が試合会場となった。

1990年代末より進められた、2008年の夏季オリンピック招致構想(大阪オリンピック構想)では、舞洲がメイン会場とされた。しかし2001年のIOC総会で開催地は北京と決定し、落選した(2008年夏季オリンピックの開催地選考[6]

オリンピック誘致失敗後は未開発地の活用が課題とされる[2]。プロサッカークラブのセレッソ大阪が練習場を設けたのを皮切りとして、プロ野球球団オリックス・バファローズが練習拠点・2軍本拠地を設置、プロバスケットボールチームの大阪エヴェッサが本拠地とする[2]

施設編集

交通機関編集

周辺地区編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪港のあらまし - 大阪市。2009年3月16日
  2. ^ a b c d e “売り出せ、スポーツの島 大阪港 街づくりの夢(4)”. 日本経済新聞. (2016年11月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASHC15H2U_V11C16A1AA2P00/ 2019年11月10日閲覧。 
  3. ^ 舞洲地区のまちづくり”. 大阪市. 2019年11月10日閲覧。
  4. ^ a b c d 此花区の舞洲について知りたい。”. レファレンス協同データベース. 2019年11月10日閲覧。
  5. ^ a b “都市開発 甘い予測で頓挫 大阪港 街づくりの夢(3)”. 日本経済新聞. (2016年11月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASHC11H63_U6A111C1AA2P00/ 2019年11月10日閲覧。 
  6. ^ “幻の湾岸万博 構想再び 大阪港 街づくりの夢(1)”. 日本経済新聞. (2016年11月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASHC10H1B_Q6A111C1AA2P00/ 2019年11月10日閲覧。 
  7. ^ 毎日新聞大阪本社 2008年5月24日 夕刊9面「建築夢伝説 井上章一さんが歩く 舞洲工場」
  8. ^ 大阪「カジノと万博の島」に鉄道は延びるかㅤIR誘致の候補地「夢洲」へ3つの路線延伸案 - 東洋経済オンライン 2018年6月16日

関連項目編集

外部リンク編集