メインメニューを開く

舩木 聖士(ふなき さとし、1973年8月26日 - )は、広島県三原市出身の元プロ野球選手投手)。

舩木 聖士
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県三原市
生年月日 (1973-08-26) 1973年8月26日(45歳)
身長
体重
174 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1995年 ドラフト1位(逆指名)
初出場 1996年4月7日
最終出場 2004年8月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

プロ入り前編集

尾道商業高等学校時代は1年上に山内泰幸がいたために2年時までは控え投手。3年時でエースとなったが故障もあり満足した成績を残せなかった。

ドラフト候補にも名前が挙がっていたが、社会人野球NKKに進み、1995年第66回都市対抗野球大会で本格派のエースとして準優勝に貢献し、自らも久慈賞を受賞。同年にはアトランタオリンピックの予選代表にも選出された。同年のドラフト会議阪神タイガースから1位指名を受け入団。

プロ入り後編集

1996年(1年目)から140km/h台後半のストレートスライダーを武器に早速先発ローテーション入りし、当時の阪神は打線が弱かったが6勝を記録、将来のエースとして大いに期待されたが、翌年以降はの故障に苦しみ成績は大きく低迷。1999年、監督に新任した野村克也の指示で、腕の位置を下げたり新変化球としてシュートを覚えたりとしたが劇的な変化も無く2002年オフに戦力外通告を受けた。

2002年に同球団を解雇された後は、ロッテにテスト入団。主に中継ぎとして登板していたが、2004年限りで引退。

引退後編集

2005年から関西メディカルスポーツ学院でトレーナーになるための講義を受け、翌2006年には教員・ピッチングコーチとなった。この転身は現役時代に怪我に苦しんだ経験から、「僕みたいな選手の力になりたい」との思いを強くしたからだという[1]

2007年からスポーツDEPO尼崎下坂部店にアドバイザーとして勤めている[2][3]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1996 阪神 20 17 4 1 0 6 9 0 -- .400 451 104.1 104 9 44 3 1 70 5 1 54 52 4.49 1.42
1997 24 17 0 0 0 1 8 0 -- .111 393 87.1 104 10 36 1 1 75 0 1 53 47 4.84 1.60
1998 10 3 0 0 0 0 2 0 -- .000 126 25.0 31 2 18 0 2 12 0 1 19 19 6.84 1.96
1999 18 7 0 0 0 2 5 0 -- .286 233 51.1 50 6 31 2 3 38 0 0 22 22 3.86 1.58
2000 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 7 1.0 3 1 0 0 0 1 0 0 4 3 27.00 3.00
2001 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 84 17.2 24 3 9 0 2 11 0 0 17 13 6.62 1.87
2002 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 1.0 2 0 1 0 0 2 0 0 2 2 18.00 3.00
2003 ロッテ 16 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 123 26.0 24 4 20 0 2 24 1 0 19 18 6.23 1.69
2004 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 7 1.0 3 0 0 0 1 1 0 0 2 2 18.00 3.00
通算:9年 101 44 4 1 0 9 24 0 -- .273 1430 314.2 345 35 159 6 12 234 6 3 192 178 5.09 1.60

タイトル編集

記録編集

背番号編集

  • 35 (1996年 - 2002年)
  • 56 (2003年 - 2004年)

脚注編集

  1. ^ 舩木聖士さんがトレーナーを目指す理由
  2. ^ 週刊ベースボール2012年4月16日号 P14
  3. ^ 雨上がりの「Aさんの話」〜事情通に聞きました!〜”. goo tv(関西版) (2017年6月20日). 2017年6月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集