メインメニューを開く

航空総隊(こうくうそうたい、英称:Air Defense Command、略称:ADC)とは、航空自衛隊戦闘機部隊および高射部隊、警戒管制部隊などの防空戦闘部隊を一元的に指揮・統括している組織である[1]航空総隊司令官が指揮を執っており、防衛大臣から直接、指揮監督を受ける[2]

航空総隊
Air Defense Command
創設 1958年(昭和33年)8月1日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
部隊編制単位 総軍
所在地 東京都福生市
テンプレートを表示

目次

概要編集

航空総隊司令部航空自衛隊横田基地に所在する。有事の際は戦闘機部隊、高射部隊および各地のレーダーサイトなどとリンクしたシステムによって航空総隊司令官が部隊の指揮を執る。司令官・副司令官は空将である。

ミサイル防衛では、航空総隊司令官が内閣総理大臣及び防衛大臣からの「弾道ミサイル等の破壊措置命令」や防衛出動等の行動命令を受けた場合は、海上自衛隊イージス艦をも含めたBMD統合任務部隊[3]の指揮官を兼務する。これに関連し、航空総隊司令部は2011年7月1日に航空総隊副司令官職を新設した他、アメリカ軍との防空・ミサイル防衛の情報共有・連携強化を通じて、実質的な防空作戦能力の向上を図ることを目的として2012年3月26日に府中基地から横田飛行場内に移転完了・運用開始した[4]。横田の司令部庁舎は、アメリカ第5空軍司令部庁舎と隣接し、地下連絡通路の他、共同統合運用調整所も設置される等、日米の連携強化が図られている[5]

沿革編集

  • 1956年(昭和31年)08月01日:入間川に「臨時航空訓練部」が編成
  • 1957年(昭和32年)08月01日:臨時航空訓練部を解散し、府中基地に「航空集団」を編成
  • 1958年(昭和33年)08月01日:航空集団を「航空総隊」に改編。司令部と北部・中部航空方面隊を編成
  • 1961年(昭和36年)07月15日:西部航空方面隊を編成
  • 1973年(昭和48年)10月16日:前年の沖縄返還を受けて、沖縄展開中の各臨時部隊を編合し、南西航空混成団を編成
  • 1981年(昭和56年)12月17日:飛行教導隊を新編。
  • 1986年(昭和61年)04月05日:警戒航空隊を新編。
  • 2011年(平成23年)
03月28日:基地警備教導隊を新編。
07月01日:「自衛隊法施行令及び防衛省の職員の給与等に関する法律施行令の一部を改正する政令」(平成23年6月29日公布、政令第百八十九号)[6]に基づき、副司令官(空将)職を新設
  • 2012年(平成24年)03月21日:航空総隊司令部及び作戦情報隊・防空指揮群が府中基地より横田飛行場に移転。3月26日より運用を開始する[7]
  • 2013年(平成25年)
03月26日:航空支援集団隷下の航空救難団を総隊直轄に編制替え
08月01日:「自衛隊法施行令及び防衛省の職員の給与等に関する法律施行令の一部を改正する政令」(平成25年7月31日公布、政令第二三〇号)[8]に基づき、航空総隊戦術官(空将補)職を新設
03月26日:防空指揮群、プログラム管理隊を廃止し、作戦システム運用隊を新編(初代隊司令は防空指揮群司令が就任)[9]
08月01日:航空総隊戦術官を廃止し、航空戦術教導団を新編[10]。また、航空総隊司令部飛行隊を廃止、同部隊に所属の電子戦支援隊が電子作戦群として航空戦術教導団隷下へ異動。支援飛行隊が中部航空方面隊司令部支援飛行隊として、中部航空方面隊隷下へ異動。
04月01日:政策補佐官を参事官に改組[11]
07月01日:南西航空混成団を南西航空方面隊に改編
  • 2019年(平成31年)03月26日:防衛部の演習企画課を訓練課に改組[12]

部隊編成編集

 
航空方面隊の配置(南西航空混成団(SCAD)は2017年に南西航空方面隊(SADF)へ改編されている)
 
航空総隊司令部庁舎(横田基地)

(航空総隊直轄部隊)

司令部編成編集

  • 総務部
    • 総務課
    • 人事課
  • 防衛部
    • 防衛課
    • 運用課
    • 通信電子課
    • 訓練課[12]
  • 装備部
    • 計画課
    • 整備課
    • 補給課
    • 施設課
  • 情報課
  • 監理監察官
  • 法務官
  • 医務官
  • 参事官

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
航空総隊司令官 空将 井筒俊司 2019年08月23日 西部航空方面隊司令官
副司令官 空将 上ノ谷寛 2019年08月23日 南西航空方面隊司令官
幕僚長 空将補 柿原国治 2018年08月01日 北部航空警戒管制団司令
参事官 事務官 前原正臣 2017年08月01日 内閣官房内閣参事官
総務部長 1等空佐 右田竜治 2019年08月13日 航空自衛隊幹部候補生学校
教育部長
防衛部長 空将補 亀岡弘 2019年08月23日 防衛監察本部監察官
装備部長 1等空佐 廣明一郎 2018年12月20日 航空自衛隊補給本部航空機部長
情報課長 1等空佐 松隈俊一 2016年04月01日 航空総隊司令部勤務
監理監察官 1等空佐 芳賀和典 2019年05月11日 警戒航空隊司令
法務官 1等空佐 田中愛久 2019年08月01日 航空幕僚監部首席法務官付
法務官
医務官 1等空佐 生駒浩次 2016年08月01日 航空支援集団司令部医務官
歴代の航空総隊副司令官
(空将・指定職3号[13]
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
01 齊藤治和 2011年07月01日 - 2012年01月30日 防大22期 北部航空方面隊司令官 航空総隊司令官
02 秦啓次郎 2012年01月31日 - 2012年12月04日 防大21期 航空開発実験集団司令官 退職
03 半澤隆彦 2012年12月04日 - 2013年08月21日 防大24期 南西航空混成団司令 航空支援集団司令官
04 吉田浩介 2013年08月22日 - 2015年03月29日 防大25期 航空自衛隊幹部学校
目黒基地司令
航空自衛隊補給本部
05 前原弘昭 2015年03月30日 - 2016年12月21日 防大27期 統合幕僚監部運用部長 航空総隊司令官
06 小野賀三 2016年12月22日 - 2017年12月19日 防大26期 航空自衛隊幹部学校長
兼 目黒基地司令
退職
07 武藤茂樹 2017年12月20日 - 2018年07月31日 防大28期 南西航空方面隊司令官 航空総隊司令官
08 金古真一 2018年08月01日 - 2019年08月22日 防大30期 中部航空方面隊司令官 航空支援集団司令官
09 上ノ谷寛 2019年08月23日 - 防大30期 南西航空方面隊司令官

脚注編集

  1. ^ 航空自衛隊の組織
  2. ^ 自衛隊法第20条及び第21条別表第3
  3. ^ [BMD:Ballistic Missile Defense、対弾道ミサイル防衛]
  4. ^ 航空総隊司令部の横田移転 平成24年防衛白書
  5. ^ http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-27/2012032704_01_1.html 航空総隊司令部が横田基地に移転 しんぶん赤旗 2012年3月27日号
  6. ^ 官報平成23年6月29日号外第139号38面、2011年6月30日閲覧。
  7. ^ 自衛隊法施行令及び防衛省の職員の給与等に関する法律施行令の一部を改正する政令(平成24年3月22日公布、政令第五十三号)官報平成24年3月22日号外第63号
  8. ^ 官報平成25年7月31日号外第166号27面
  9. ^ 防衛省人事発令(1佐職、2014年3月26日付)
  10. ^ 防衛省組織令の一部を改正する政令(平成二十六年七月二十四日公布政令第二百六十三号)
  11. ^ 防衛省令第四号(平成二十九年四月一日施行)
  12. ^ a b 航空総隊司令部、航空支援集団司令部、航空教育集団司令部、航空開発実験集団司令部、航空 方面隊司令部及び航空団司令部組織規則の一部を改正する省令(平成31年防衛省令第2号)官報本紙第7473号、2019年3月25日
  13. ^ 自衛官#自衛官と防衛省内局及び他省庁の官僚との比較を参照

関連項目編集

外部リンク編集