メインメニューを開く

若松 政和(わかまつ まさかず、1939年8月10日 - )は将棋棋士。2000年、引退。棋士番号は98。藤内金吾八段門下。兵庫県神戸市長田区出身。

 若松政和 八段
平成30年11月、姫路市で行われた人間将棋にて)
名前 若松政和
生年月日 (1939-08-10) 1939年8月10日(79歳)
プロ入り年月日 1967年10月1日(28歳)
棋士番号 98
出身地 兵庫県神戸市長田区
師匠 藤内金吾八段
段位 八段
戦績
一般棋戦優勝回数 2回
2019年4月4日現在

目次

棋歴編集

1961年、アマ名人戦で優勝し、史上初のアマ六段となる。

1967年度後期の奨励会A組(三段リーグ)で関西優勝をし、関東優勝の野本虎次との東西決戦で勝利してプロ入りをする。

1970年度、四段にして棋聖戦で本戦出場。

1971年度、第2回新人王戦において、決勝三番勝負で森安秀光を2-0で破って優勝。これが棋戦初優勝となる。同年度、古豪新鋭戦ではベスト4.

1976年度、第3回名棋戦においては、決勝で青野照市に勝って優勝。ちなみに、この3年後の優勝者は、弟子の谷川浩司である。

1978年度、第19期王位戦でリーグ入り。

人物編集

  • 谷川浩司のほか、井上慶太藤原直哉も若松の弟子である。
  • 若松の師匠の藤内が阪田三吉の弟子であるため、若松は阪田の孫弟子の一人。
  • 1987年度〜1994年度、日本将棋連盟理事を務める(1993〜1994年度は、常務理事)。
  • 女流王位戦五番勝負のうち、神戸新聞社所管の対局の立会人を第1期から2018年の第29期まで務め続けている。当該対局が第4局以降に当てられることもあったが、すべて開催に至っている[1][2]

昇段履歴編集

主な成績編集

通算372勝499敗

1992年、現役通算25年表彰

棋戦優勝編集

優勝合計2回

在籍クラス編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 立会人は若松政和七段”. 女流王位戦中継Blog (2016年5月12日). 2019年1月30日閲覧。
  2. ^ 夕食会”. 女流王位戦中継Blog (2018年5月21日). 2019年1月30日閲覧。
  3. ^ 昇段・引退棋士のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2019年4月1日). 2019年4月4日閲覧。

外部リンク編集