萩原康

桐蔭学園高校野球部=コーチ 萩原 康(はぎはら やすし、1969年7月26日-)は、1990年代から2000年代にかけての社会人野球たくぎん、シダックスで活躍した選手・コーチである(投手、左投げ左打ち)。現在、桐蔭横浜大学硬式野球部助監督。

萩原 康
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
生年月日 (1969-07-26) 1969年7月26日(48歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

目次

経歴編集

神奈川県出身。桐蔭学園では甲子園出場こそないが、大久保秀昭とバッテリーを組み、小桧山雅仁とともに左右の両エースとして活躍し、法政大学に進んだ。同級生には高村祐がいたが、エースとして東京六大学通算22勝を挙げ、3度のリーグ優勝、ベストナインに選ばれている。また、日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、斎藤隆金本知憲町田公二郎らと日本の優勝に貢献した。 その後たくぎんに入行し、全日本代表に選出され国際大会にも出場。1996年シダックスへ移籍。1999年社会人野球日本選手権大会の初優勝に大きく貢献した。現役引退後は野村克也監督のもとで投手コーチを経験。チーム解散後は桐蔭横浜大学でコーチ、助監督を務める。

エピソード編集

  • 高校時代は小桧山雅仁投手、大学時代は高村祐投手が同級生だが、エースの座を守った。後に2人ともドラフト1位でプロ野球に入団する。
  • 高校時代は打撃成績も優秀で、先発登板で無い場合には3番ファーストで先発出場していた。
  • 桐蔭横浜大学では東明大貴横山弘樹らの投手を指導した。

キャリア・主なタイトル編集

日本代表キャリア編集

  • 第20回日米大学野球日本代表
  • キューバ国際親善大会日本代表

関連項目編集

外部リンク編集