萩原 康(はぎはら やすし、1969年7月26日 - )は、神奈川県出身の元社会人野球選手投手)・コーチ。左投左打。

萩原 康
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
生年月日 (1969-07-26) 1969年7月26日(51歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

1990年代から2000年代にかけて、たくぎんシダックスで活躍。引退後は大学野球の指導にも携わった。

経歴編集

神奈川県出身。桐蔭学園では同期の大久保秀昭とバッテリーを組み、小桧山雅仁とともに左右の両エースとして活躍。1986年秋季関東大会県予選は準々決勝で横浜商に敗退。翌1987年春季関東大会では準決勝に進み先発、関東一高と延長11回の熱戦の末に0-1で敗れる。同年夏の甲子園県予選は準々決勝でまたも横浜商に延長10回敗退。

卒業後は法政大学に進む。東京六大学野球リーグでは在学中3回の優勝を経験。1990年秋季リーグではベストナインに選出される。1991年には日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、斎藤隆金本知憲町田公二郎らと日本の優勝に貢献した。リーグ通算45試合登板、22勝11敗、234奪三振、防御率1.88。大学同期に投の二本柱であった高村祐がいる。

その後たくぎんに入行、都市対抗などで活躍する。全日本代表に選出され国際大会にも出場。休部により1996年シダックスへ移籍。1999年社会人野球日本選手権大会では決勝で先発、松下電器を抑え初優勝に大きく貢献した。現役引退後は野村克也監督のもとで投手コーチを経験。チーム解散後は桐蔭横浜大学でコーチ、助監督を務めた。

エピソード編集

  • 高校時代は小桧山雅仁投手、大学時代は高村祐投手が同期であり、後に2人ともドラフト1位でプロ野球に入団する。
  • 高校時代は打撃成績も優秀で、先発登板で無い場合には三番打者、一塁手で先発出場していた。
  • 桐蔭横浜大学では東明大貴横山弘樹らの投手を指導した。

キャリア・主なタイトル編集

日本代表キャリア編集

  • 第20回日米大学野球日本代表
  • キューバ国際親善大会日本代表

関連項目編集

外部リンク編集