薄井信明

日本の官僚

薄井 信明(うすい のぶあき 1941年1月1日 - )は、日本大蔵官僚。第43代大蔵事務次官、第31代国税庁長官を歴任。

薄井 信明
うすい のぶあき
生年月日 (1941-01-01) 1941年1月1日(81歳)
出生地 東京都の旗 東京府
出身校 東京大学経済学部経済学科
前職 国民生活金融公庫総裁
大蔵事務次官
国税庁長官
称号 経済学士(東京大学・1965年

在任期間 2003年1月12日 - 2008年10月1日

在任期間 1999年7月8日 - 2000年6月30日

在任期間 1998年1月31日 - 1999年7月8日

在任期間 1995年5月29日 - 1998年1月31日

在任期間 1991年6月11日 - 1995年5月26日

その他の職歴
日本の旗 名古屋国税局長
1990年6月29日 - 1991年6月11日)
日本の旗 大蔵省主税局総務課長
1989年6月23日 - 1990年6月29日)
テンプレートを表示

人物編集

東京府生まれ。都立戸山高校を経て、東京大学経済学部経済学科卒業。大学時代は小宮隆太郎の下で国際金融などを学ぶ。大学在学中に国家公務員上級甲種試験(経済職)に2〜7番目の成績で合格[1]。1965年大蔵省入省。入省同期には鏡味徳房竹島一彦榊原英資浜田卓二郎根本貞夫(内閣審議官、岩手県副知事)、大塚功(駐ジャマイカ特命全権大使)、近藤健彦(駐仏公使、官房審議官、立命館アジア太平洋大教授)、谷川憲三(関東財務局長、第三銀行頭取)、東力白石忍オリックス社長)など。

キャリアの多くにおいて税制畑を歩み、竹下内閣時代の1986年に主税局税制第二課長として消費税導入に尽力したことから、同期では竹島と並んで次官レースの先頭に立ち、国税庁長官を経て事務次官に就任。時に斎藤次郎ら「主計人脈」の凋落が云われていた。東大法学部以外の出身で大蔵事務次官に就任したのは池田勇人京大法学部出身)以来。また、経済学部出身の大蔵(財務)事務次官は山際正道東大経済学部出身)以来である。当初は同期で主計畑であった竹島(当時 内閣内政審議室長)の起用案もあったが、薄井の前任の事務次官である田波耕治が「2代続けてイレギュラーな人事(田波自身も事務次官の前職は大蔵省ではなく、内閣内政審議室長)はすべきでない」と判断し、主税畑で国税庁長官だった薄井を昇格させたという[2]。退官後、政策研究大学院大学教授、2003年国民生活金融公庫総裁を経て、2008年より2011年まで株式会社日本総合研究所理事長。2021年、瑞宝重光章受章[3]

略歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 榊原英資『日本を演出する新官僚像』山手書房、1977年10月発行、39頁
  2. ^ 『官界,第5~8号』行政問題研究所、2001年発行、98頁
  3. ^ 『官報』号外第99号、令和3年4月30日
  4. ^ 『職員録 第1部』大蔵省印刷局、1977年発行、480頁
  5. ^ 『職員録 第1部』大蔵省印刷局、1980年発行、495頁


その他の役職
先代:
尾崎護
国民生活金融公庫総裁
2003年 - 2008年
次代:
解散
官職
先代:
田波耕治
  大蔵事務次官
1999年 - 2000年
次代:
武藤敏郎
先代:
舩橋晴雄(心得)
  国税庁長官
1998年 - 1999年
次代:
伏見和彦
先代:
小川是
  大蔵省主税局長
1995年 - 1998年
次代:
尾原榮夫
先代:
杉崎重光
  名古屋国税局長
1990年 - 1991年
次代:
松川隆志