メインメニューを開く

薄田 泣菫(すすきだ きゅうきん、1877年明治10年)5月19日 - 1945年昭和20年)10月9日)は、日本詩人随筆家。本名、淳介(じゅんすけ)。

『暮笛集』『白羊宮』などで島崎藤村土井晩翠の後を継ぐ浪漫派詩人として登場。また、象徴派詩人として蒲原有明と併称された。大正以後は詩作を離れ、『茶話』『艸木虫魚』などの随筆集を書いた。

薄田 泣菫
誕生 薄田 淳介
1877年5月19日
岡山県浅口郡大江連島村
死没 (1945-10-09) 1945年10月9日(68歳没)
日本の旗 日本 岡山県
職業 詩人随筆家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 岡山県尋常中学校中退
代表作 『暮笛集』(1899年)
『二十五絃』(1905年)
白羊宮』(1906年)
茶話』(1915-30年)
艸木虫魚』(1929年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

生涯編集

1877年5月13日岡山県浅口郡大江連島村(現在の倉敷市連島町連島字大江)に、父・篤太郎、母・里津の長男として生まれた。父は村役場の書記で、俳諧を嗜んでいた。玉島高等小学校を経て、岡山県尋常中学校(後に第一岡山中学校。現在の県立岡山朝日高校)を中退[1]

1894年上京し、上野書籍館に通いながら漢学塾二松學舍(現在の二松學舍大学)で学ぶ[2]

1897年、帰郷すると、いくつか詩を作り『新著月刊』に投稿、後藤宙外島村抱月らに絶賛され掲載された。翌年第一詩集『暮笛集』を刊行、『小天地』を編集しながら『明星』などに詩を載せ、『ゆく春』『白羊宮』など、古語や漢語を多用した詩風で、蒲原有明とともに泣菫・有明時代を築き、島崎藤村土井晩翠後の明治後期の詩壇を背負って立った。

明治の終わりごろから一時小説に興味を移したが、結局随筆に転じ、詩作を離れた。国民新聞社帝国新聞社に勤めた後、大阪毎日新聞社に勤め、1915年、『茶話』の連載開始。これは「茶を飲みながら喋る気楽な世間話」と言う意味で、古今東西の噂話、失敗談、面白おかしい話を幅広く紹介している。『大阪毎日新聞』、『東京日日新聞』、『サンデー毎日』、『苦楽』、『文藝春秋』他に執筆され、異本が多い。

1917年パーキンソン病に罹患。

1919年、大阪毎日新聞社学芸部部長に就任し西宮市に在住、自邸を「雑草園」と名づけた。芥川龍之介を社員として招聘して多くの文章の発表場所を与えた。

1923年、病気が悪化したため、休職。晩年は口述したものを夫人が筆記していた。

1945年10月4日、意識不明となり疎開先の井原町から連島に戻ったが、10月9日尿毒症で死去した。68歳没。戒名は至誠泣菫居士[3]

没後編集

墓所は岡山県倉敷市

著書編集

詩集編集

  • 暮笛集(1899年11月、金尾文淵堂
  • ゆく春(1901年10月、金尾文淵堂)
  • 二十五絃(1905年5月、春陽堂
  • 白玉姫(1905年6月、金尾文淵堂)
  • 白羊宮(1906年5月、金尾文淵堂)
  • 泣菫詩抄(岩波文庫、1928年、復刊1983・1999年ほか)

随筆集編集

  • 象牙の塔(1914年8月、春陽堂)
  • 茶話(1916年10月、洛陽堂)
  • 後の茶話(1918年4月、玄文社
  • 新茶話(1919年6月、玄文社)
  • 忘れぬ人々(1924年4月、金尾文淵堂)
  • 太陽は草の香がする(1926年12月、アルス
  • 猫の微笑(1927年5月、創元社
  • 艸木虫魚(1929年1月、創元社、1940年、創元選書)
  • 大地讃頌(1929年6月、創元社)
  • 樹下石上(1931年10月、創元社)
  • 独楽園(1934年4月、創元社) 
  • 人と鳥虫(1943年3月、桜井書店)
全集
  • 薄田泣菫全集(全8巻、創元社、1938–39年、復刊1984年)

没後刊編集

選集
  • 『泣菫随筆』(冨山房百科文庫、谷沢永一山野博史編、1993年)
  • 蒲原有明・薄田泣菫 近代浪漫派文庫15』(新学社、2007年)
    • ※薄田泣菫詩抄・大国主命と葉巻・森林太郎氏・お姫様の御本復・鵞鳥と鰻・茶話より・艸木虫魚より
茶話ほか随筆
  • 『完本 茶話』(全3巻、冨山房百科文庫、谷沢永一・浦西和彦編、1983-84年)、解説向井敏、811篇
  • 『茶話』(岩波文庫、1998年)、解説坪内祐三、154篇。元版は、自選集『茶話抄』(創元社、1928年)
  • 『艸木虫魚』(岩波文庫、1998年)、解説杉本秀太郎
  • 『独楽園』(ウェッジ文庫、2009年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『泣菫小伝一』薄田泣菫顕彰会 発行, 2002年5月1日, p.8
  2. ^ 『泣菫小伝七』薄田泣菫顕彰会発行、2008年7月、pp.36-37
  3. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)122頁

参考文献編集

  • 松村緑『薄田泣菫考』(研究選書・教育出版センター、1977年)
  • 野田宇太郎『公孫樹下にたちて 薄田泣菫評伝』(永田書房、1981年)
  • 松浦澄惠『薄田泣菫 詩の創造と思索の跡』(アーツアンドクラフツ、2007年)

関連項目編集

外部リンク編集