藤井 昇(ふじい のぼる、1925年(大正14年)11月28日 - 2003年(平成15年)4月12日)は、日本のラテン文学者東京府東京市芝区(現在の東京都港区高輪に生まれる。妻妾同居の家庭でに育てられ、実母を慕う。

1942年横浜ハリストス正教会日本正教会小野帰一主教により受洗聖名はマトフェイ。1943年、慶應義塾普通部4年を修了、慶應義塾大学予科進学。1944年、三重県第一気象連隊に入隊。1948年、慶大文学部英文科卒、助手商学部助教授、1966年教授、1974年同言語文化研究所教授、1991年定年名誉教授。戦後、澤木興道に参禅、浄土真宗に帰依する。1973年、ホラティウス『歌章』その他により慶應義塾賞を受ける。江藤淳と親しかった。

著書編集

  • 『ラテン文学のすすめ』講談社現代新書、1966年
  • 『ローマ史ものがたり』わらび書房、1984年
  • 『ラテン文学の周辺』わらび書房、1985年

共著

翻訳編集

参考編集