藤井隆 (経済学者)

経済学者

藤井 隆(ふじい たかし、1929年 - )は、日本経済学者。専門分野は、経済政策論。名古屋大学名誉教授慶應義塾大学総合政策学部教授、日本計画行政学会会長、日本学術会議会員等を務めた。

経歴編集

岡山県生まれ。海軍経理学校第六高等学校 (旧制)一橋大学に学ぶ。

1962年、「経済進歩の理論」で一橋大学より経済学博士を取得[1]

大学では中山伊知郎の指導を受けた。中山の友人であった酒井正三郎名古屋大学経済学部教授の誘いを受け[2]1963年、名古屋大学経済学部講師、のちに助教授を経て、教授1992年、退職後、名誉教授

1992年 - 1995年慶應義塾大学総合政策学部教授。

1996年 - 2000年立正大学教授、のち、2005年まで立正大学石橋湛山講座特任教授。

2005年 - 2011年日本計画行政学会会長[3]日本学術会議会員(13期 - 15期)。国際社会科学団体連盟(IFSSO)名誉会長。

おもな著書編集

  • 国際的産業再配置論、東洋経済新報社、1975
  • 戦争と協力、同文舘、1985
  • 競争と協力の政策学、同文舘、1994
  • 秩序と進歩の政策学、同文舘、1994
  • 長寿社会を企画する、勁草書房、1996
  • 人類社会経営論、東洋経済リサーチセンター、2006
  • 宇宙時代の政策学一般理論、東洋経済リサーチセンター、2012

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 経済進歩の理論--博士論文要旨 藤井隆”. 国立国会図書案. 2012年12月21日閲覧。
  2. ^ 「酒井正兵衛(正三郎)先生を偲ぶ」2012年12月26日 佐藤治
  3. ^ 「歴代会長」日本計画行政学会

参考文献編集

  • 藤井隆(2012):宇宙時代の政策学一般理論、東洋経済リサーチセンター(著者紹介)
先代:
加藤寛
日本計画行政学会会長
1995年 - 1999年
次代:
熊田禎宣