藤岡町藤岡

日本の栃木県栃木市の地名・大字
日本 > 栃木県 > 栃木市 > 藤岡町藤岡

藤岡町藤岡(ふじおかまちふじおか)は、栃木県栃木市大字郵便番号は323-1104。  

藤岡町藤岡
栃木市役所藤岡総合支所
栃木市役所藤岡総合支所
藤岡町藤岡の位置(栃木県内)
藤岡町藤岡
藤岡町藤岡
藤岡町藤岡の位置
北緯36度15分19.75秒 東経139度38分45.81秒 / 北緯36.2554861度 東経139.6460583度 / 36.2554861; 139.6460583
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tochigi Prefecture.svg 栃木県
市町村 Flag of Tochigi Tochigi.svg 栃木市
地域 藤岡地域
地区 藤岡地区
人口
2017年(平成29年)8月31日現在)[1]
 • 合計 5,790人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
323-1104
市外局番 0282[2]
ナンバープレート とちぎ

地理編集

栃木市の南部、藤岡地域の南部に位置し、東で藤岡町赤麻、南で藤岡町内野群馬県邑楽郡板倉町大字海老瀬、西で群馬県邑楽郡板倉町大字・大字除川、北で藤岡町甲藤岡町大前と接する。

栃木市役所藤岡総合支所をはじめとする各種行政機関・公共施設、および金融機関・商業施設などが集中し、藤岡地域の中心をなす。東武日光線が地内を南北に通過し藤岡駅があり、市街地は駅の東側に集中する。また、市街地を縦断するように栃木県道9号佐野古河線(藤岡大通り)が通過し、それに並行するバイパス路線として栃木県道11号栃木藤岡線(藤岡バイパス)が市街地の東端を通過する。市街地北部を西から東へ渡良瀬川が流れ、新開橋藤岡大橋がこれを跨ぐ。南部の一部は渡良瀬遊水地となっている。

河川編集

歴史編集

沿革編集

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)8月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
藤岡町藤岡 2,331世帯 5,790人

人口の変遷編集

総数 [戸数または世帯数:   、人口:   ]

1891年(明治24年)[3]       988戸
     3,157人
1982年(昭和57年)[3]        1,935世帯
     7,572人
2012年(平成24年)[4]      2,277世帯
    6,160人
2017年(平成29年)[5]       2,318世帯
      5,810人

交通編集

鉄道編集

路線バス編集

  • 栃木市営バス
    • 藤岡線(栃木駅 - 川連 - 富田 - 和泉 - 藤岡 - 三鴨谷中湖
      • (三鴨方面)藤岡文化会館西 - 藤岡総合支所前 - ヤオキ前 - 藤岡郵便局入口 - 藤岡駅 - 腰塚医院入口 - 藤浪商店前 - 藤岡総合体育館 - スポーツふれあいセンター前 - 山合南
      • (谷中湖方面)藤岡文化会館西 - 藤岡総合支所前 - ヤオキ前 - 藤岡郵便局入口 - 藤岡駅 - 腰塚医院入口 - 藤浪商店前 - 藤岡総合体育館 - 原向高間公民館前 - 篠山
    • 部屋線(栃木 - 片柳 - 川連 - 富田 - 水代 - 部屋 - 藤岡
      • ベーカリーメルヘン東 - 荒立市営住宅西 - 藤岡文化会館前 - 藤岡総合支所前 - ヤオキ前 - 藤岡郵便局入口 - 藤岡駅

道路編集

橋梁

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

自治会 小学校 中学校
向山自治会以外 栃木市立藤岡小学校 栃木市立藤岡中学校
向山自治会 栃木市立赤麻小学校

施設編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 人口状況 - 平成29年8月末日現在町内別世帯数及び人口一覧表”. 栃木市 (2017年9月1日). 2017年9月4日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  3. ^ a b 『角川日本地名大辞典 9 栃木県』角川書店
  4. ^ 月別・地区町内別世帯数及び人口”. 栃木市. 2012年3月11日閲覧。
  5. ^ 人口状況 - 平成29年3月末日現在町内別世帯数及び人口一覧表”. 栃木市. 2017年9月9日閲覧。
  6. ^ 栃木市立中学校通学区域表”. 栃木市 (2022年4月). 2022年4月18日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集