メインメニューを開く

藤本 和貴夫(ふじもと わきお、1938年9月19日[1] - )は、日本の歴史学者。専門は西洋近現代史、ロシア史。文学博士(大阪大学)。大阪大学名誉教授。大阪経済法科大学学長。京都市生まれ。

略歴編集

  • 1964年 大阪外国語大学ロシア語科卒
  • 1973年 東京大学大学院社会学研究科国際関係論専攻博士課程中退
  • 1973年 大阪大学教養部講師
  • 1976年 同言語文化部助教授
  • 1986年 同教授
  • 1989年 大阪大学 文学博士 「ソヴェト国家形成期の研究 -1917-1921-」
  • 1998年 大阪大学大学院言語文化研究科教授
  • 2002年 大阪大学名誉教授、大阪経済法科大学教授

著作編集

単著編集

編著編集

共編著編集

共著編集

  • 『日露・日ソ関係200年史』(新時代社、1983年)

翻訳編集

  • トロツキー『革命はいかに武装されたか――赤軍建設の記録』<1・2>(現代思潮社、1970・73年)

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.273

外部リンク編集