メインメニューを開く

藤永 壯(ふじなが たけし、1959年 - )は、日本の歴史学者大阪産業大学教授。専門は朝鮮近現代史山口県下関市生まれ。

朝鮮近現代史に関する研究・著書が多い。いわゆる「嫌韓流」批判の代表的論者の一人であり、複数の著書でその歴史認識を批判している。慰安婦問題に対しても積極的な発言をしている。

目次

略歴編集

活動編集

  •  韓国・中国の学者と協力して、慰安婦記録の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界記憶遺産への登録を積極的に推進している。この活動は韓国政府の女性家族部も推進している。2014/2/9上海師範大で開かれた学術会議には、成均館大東アジア歴史研究所の李信チョル(イ・シンチョル)教授、大阪産業大人間環境学部の藤永壮教授、元中国社会科学院近代史研究所長の歩平氏ら30人余りが参加した。[1]

その他編集

『「マンガ嫌韓流」のここがデタラメ』において、「日清戦争前に朝鮮が中立宣言した事実はない。」、「統計によれば植民地朝鮮での人口増加は44%前後。」、「1894年李氏朝鮮は賎民解放令を出し、形式的には白丁奴婢は解放された。」などと一次史料を用いた解説を展開し、「マンガ嫌韓流」の主張を批判している。

主な著書編集

共著編集

  • 『韓国の民衆歌謡』(ウリ文化研究所、1988年)
  • 『日本の植民地支配』(岩波ブックレット、2001年)
  • 『ナヌムの家歴史館ハンドブック』(柏書房、2002年)
  • 『東アジアの冷戦と国家テロリズム』(御茶の水書房、2004年)
  • 『戦争・暴力と女性3 植民地と戦争責任』(吉川弘文館、2005年)
  • 『岩波講座アジア・太平洋戦争4 帝国の戦争経験』(岩波書店、2006年)
  • 『「マンガ嫌韓流」のここがデタラメ』(コモンズ、2006年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集