虎の尾を踏む男達

虎の尾を踏む男達』(とらのおをふむおとこたち)は、1945年に製作され、1952年に公開された日本映画である。監督は黒澤明、主演は大河内傅次郎榎本健一モノクロスタンダードサイズ、59分。の『安宅』とそれを下敷きにした歌舞伎勧進帳』を元に、道化役である榎本演じる強力のエピソードを付け加えて、喜劇仕立てに脚色した作品である[1][2]。黒澤初の時代劇映画であるが、終戦を挟んで撮影されたため、終戦直後のGHQの検閲によって1952年まで公開が認められなかった。

虎の尾を踏む男達
Tora no o wo fumu otokotachi poster.jpg
監督 黒澤明
脚本 黒澤明
製作 伊藤基彦
出演者 大河内傳次郎
藤田進
榎本健一
音楽 服部正
撮影 伊藤武夫
編集 後藤敏男
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1952年4月24日
上映時間 59分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ編集

キャスト編集

スタッフ編集

製作編集

1945年黒澤明は『續姿三四郎』を撮り終えたあと、大河内傅次郎榎本健一主演で桶狭間の戦いを描いた『どっこい!この槍』という作品を企画したが、戦時中のため馬が調達できず、急遽同じ主演俳優を起用して本作を作ることになった[3]。この企画は『勧進帳』を基にして脚本をすぐに書ける上に、セットは1杯、ロケは撮影所裏の林で行うことができるため、敗戦直前の物資不足の中でも製作が可能だった[4][5]。撮影中に終戦を迎えたため、進駐軍の兵士たちが撮影を見学しており、そのひとりにジョン・フォードがいたという[4]。また、マイケル・パウエルもスタジオを訪れたという[6]

スタイル編集

本作では能の形式が意識的に取り入れられている。タイトルの『虎の尾を踏む男達』は、謡曲「安宅」の一節「虎の尾を踏み、毒蛇の口を逃れたる心地して、陸奥の国へぞ下りける」から取られており、劇中では謡曲の一節が現代的な音楽にアレンジされ、ヴォーカルフォア合唱団合唱により歌われている[2][5][7]。謡曲のほか、歌舞伎の下座音楽祭囃子神楽などの伝統音楽も使われている[8]。そのため本作は和製ミュージカルに位置付けられることも多い[2][5]。また、本作では『勧進帳』をパロディ化している部分もあり、本来ならば弁慶の見せ所である飛び六法は、道化役の榎本にやらせている[2][5]

公開編集

本作はGHQの検閲により、義経と弁慶の主従の忠義を描いていることから、GHQが日本政府に出した「反民主主義映画の除去」の覚書に沿った「反民主主義映画」の1本に選ばれ、上映許可が認められなかった[3]1952年3月3日、反民主主義映画に認定された映画のうち、CIEの通達による第一次解除映画の1本に含まれ、ようやく上映の禁が解かれた[9]。同年4月24日に一般公開された[9]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 都築政昭『黒澤明 全作品と全生涯』東京書籍、2010年3月、124-125頁。ISBN 9784487804344
  2. ^ a b c d 岩本憲児「批評史ノート―『虎の尾を踏む男達』」『全集黒澤明』第1巻、岩波書店、1987年11月、 423頁、 ISBN 9784000913218
  3. ^ a b 浜野保樹「解説・黒澤明の形成―『虎の尾を踏む男達』」『大系黒澤明 第1巻』講談社、2009年10月、693-694頁。ISBN 9784062155755
  4. ^ a b 黒澤明『蝦蟇の油』岩波書店〈同時代ライブラリー〉、1990年3月、262-263頁。ISBN 4002600122
  5. ^ a b c d 佐藤忠男『黒澤明作品解題』岩波書店〈岩波現代文庫〉、2002年10月、51-55頁。ISBN 9784006020590
  6. ^ スチュアート・ガルブレイス4世『黒澤明と三船敏郎』亜紀書房、2015年10月、84頁。ISBN 9784750514581
  7. ^ 黒澤明研究会編 『黒澤明 夢のあしあと』 共同通信社〈MOOK21シリーズ〉、1999年12月、359頁。ISBN 9784764130418 
  8. ^ 西村雄一郎『黒澤明 音と映像』立風書房、1990年4月、30頁。ISBN 9784651700458
  9. ^ a b 浜野保樹「解説・黒澤明の形成―『虎の尾を踏む男達』」『大系黒澤明 第2巻』講談社、2009年12月、673-674頁。ISBN 9784062155762

関連項目編集

外部リンク編集