メインメニューを開く

伊藤 武夫(いとう たけお、1887年明治20年)3月4日 - 1968年昭和43年)3月4日)は、日本砂防工学者、農林技師林学博士。第2代新潟県立農林専門学校校長、元新潟大学農学部学部長、新潟大学名誉教授。

略歴編集

新潟県古志郡長岡東神田町(現長岡市)出身。1907年明治40年)に新潟中学校を卒業、1910年(明治43年)に第一高等学校を卒業、1913年大正2年)に東京帝国大学農科大学林学科を卒業、東京帝国大学農科大学林学科講師に就任。

1920年(大正9年)に勅令第344号学位令第2条により林学博士号を取得。1921年(大正10年)にアメリカおよびフランスに留学。

1922年(大正11年)に三重高等農林学校教授に就任、1939年昭和14年)に東京帝国大学農学部林学科教授に就任[注 1]1947年(昭和22年)に第2代新潟県立農林専門学校校長に就任。

1949年(昭和24年)に新潟大学農学部林学科教授および新潟大学農学部学部長に就任[注 2]1953年(昭和28年)に新潟大学農学部学部長に再任[注 3]1958年(昭和33年)に新潟大学農学部農学専攻科教授に就任。

1959年(昭和34年)に新潟大学を定年退官、新潟大学名誉教授の称号を受称。

海岸砂防の権威で、新潟県の海岸砂防事業を推進して新潟県技術賞を受賞した[1][2]

著書編集

訳書編集

訳註書編集

  • 『治山原理 山地に於ける水の運動法則』カール・エドアルド・ネー[著]、日本治山治水協会、1964年。

論文編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 林業試験場技師を兼任。
  2. ^ 1951年昭和26年)に学部長を退任。
  3. ^ 1959年(昭和34年)に定年退官するまで在任。

出典編集

参考文献編集

外部リンク編集