メインメニューを開く

広島県スポーツ賛歌 虹の輝き」(ひろしまけんスポーツさんか にじのかがやき)は日本都道府県の一つ、広島県体育歌である。作詞・高橋玄洋、作曲・細川俊夫

虹の輝き
(広島県スポーツ賛歌)

体育歌の対象
Flag of Hiroshima Prefecture.svg 広島県

作詞 高橋玄洋
作曲 細川俊夫
採用時期 1994年11月20日
言語 日本語
テンプレートを表示

解説編集

1996年平成8年)開催の第51回国民体育大会(ひろしま国体)に合わせて国体実行委員会が県にゆかりの深い専門家を特に指名し、作成された[1]。最初の演奏は1994年(平成6年)11月20日の県民体育大会総合開会式で行われ[2]、以後も毎年1月に開催される天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会開会式や国体の県選手団結団式などで不定期に演奏されている。

広島県は県民歌を制定していないため、スポーツ関連の行事に限定してではあるが県旗の掲揚に際しては本曲が代用曲とされている。本曲の他には毎年8月6日開催の広島平和記念式典で演奏される「ひろしま平和の歌」が県民歌の代用曲とされる場合があり[3]1995年(平成7年)に豊田郡本郷町(現三原市)を会場として開催された第46回全国植樹祭では「ひろしま平和の歌」が未制定の県民歌に代えて演奏された[4]。ただし「ひろしま平和の歌」の制定主体は、広島県ではなく広島市である[5]

関連項目編集

  • なみはやのうた - ひろしま国体の翌1997年(平成9年)に開催されたなみはや国体に際して制作された国体讃歌。開催地の大阪府は広島県と同様に府民歌を制定していないため、国体の閉会後も稀に代用曲とされる場合がある。

脚注編集

  1. ^ 中国新聞』1994年11月19日付27面『広島国体で演奏 スポーツ賛歌の「虹の輝き」』。
  2. ^ 『広島県スポーツ年鑑'94』(広島県体育協会)、26ページ。
  3. ^ 西崎嘉太郎/日本青少年音楽教育センター 監修『日本うたの地図』(しなの出版、1970年)104-105ページでは、未制定の県民歌に準ずる旨の注釈付きで「ひろしま平和の歌」が掲載されている。
  4. ^ 『第46回全国植樹祭記録誌』(電通、1995年)。
  5. ^ ひろしま平和の歌