蜂須賀 隆長(はちすか たかなが)は、阿波国富田藩2代藩主。阿波徳島藩2代藩主・蜂須賀忠英の五男・蜂須賀隆喜の長男。母は岡本氏(要受院)。

 
蜂須賀隆長
時代 江戸時代中期
生誕 延宝2年4月13日1674年5月18日
死没 正徳4年9月17日1714年10月25日
改名 吉之助(幼名)、隆長
別名 頼母
墓所 東京都台東区松が谷海禅寺
官位 従五位下飛騨守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
阿波富田藩
氏族 蜂須賀氏
父母 蜂須賀隆喜、要受院
蜂須賀隆重
兄弟 隆長、芳、宗英
慈光寺仲学
清隆、女子、隆寿正員春姫
テンプレートを表示

正室は慈光寺仲学の娘。子は1男1女。養子に蜂須賀隆寿蜂須賀綱矩の三男)、蜂須賀正員(蜂須賀綱矩の四男)、養女(蜂須賀隆重の七女、南部利幹正室)がいる。官位は従五位下。飛騨守。通称は吉之助、頼母。

生涯編集

先代藩主・蜂須賀隆重の嫡男・正上が早世していたため、元禄12年(1699年)12月12日に隆重の養嗣子となる。同年12月28日、将軍徳川綱吉御目見する。元禄13年(1700年)12月21日、従五位下下総守に叙任する。後に飛騨守に改める。

宝永2年(1705年)12月16日、養父隆重の隠居により家督を相続した。

正徳4年(1714年)9月17日に死去、41歳。法号は鶴峰院殿定応大心大居士。墓所は東京都台東区松が谷の海禅寺

系譜編集

関連項目編集

参考文献編集

  • 『蜂須賀家記』