メインメニューを開く
天神真楊流の蟹鋏捕

蟹挟かにばさみ)は、柔道横捨身技の一つ。多くの大会では禁止技となっている。サンボ総合格闘技プロレスリング等でも使用され、足関節技を仕掛けるためにこの技を用いることがある。また、天神真楊流の乱捕技の一つでもある。IJF略号KBA/P25。別名挟返(はさみがえし)[1]。英名シザースロー(scissor throw)。プロレスリングにおいては、レッグ・シザーズ(leg scissors)の別名もある。

概要編集

立っている相手の後襟、上衣の背中、右袖などを左手でつかみ、相手の右から自ら足から飛びつき、左脚を相手の腹付近、右脚を相手の両膝裏付近に両脚で挟み込み、右手を床について相手を後方に倒す。他の技のような熟練を必要としないため簡単に覚えることが出来る[要出典]

柔道編集

連携としては大車→蟹挟がよく使われる。相手が払腰で避けても、同様に決めることが出来るため、効果的な連続技である。

その他の分野編集

サンボ総合格闘技ではテイクダウンすることよりも、その後で足関節技を狙うために使用される。柔術天神真楊流では、吉田千春が得意とした。

プロレスリングでは、相手を後方のみならず、前方に倒す事も多い。また、走ってくる相手に対するカウンターとしても使用される。また、テイクダウンや足攻撃以外にも、コーナーのターンバックルに顔面をぶつけたり、場外で鉄柵にぶつけたり、タッグマッチではタッグパートナーが倒れる相手に打撃等を加えたりなど、応用が多い繋ぎ技となっている。

ブラジリアン柔術では国際ブラジリアン柔術連盟国際柔術連盟ともに禁止技である。

歴史編集

柔術天神真楊流蟹鋏捕という技が存在する。『柔道極意教範』には「この形は最も他派に掛かりやすき手にて、常にこの形を十分に稽古を勉強すべき者なり」と書かれており他流試合では非常に有効であったとされる。また、戸塚派揚心流神道六合流檀山流では蟹捨という。

講道館柔道では昔から有る技だが、正式に講道館の技と認められたのは1982年と比較的最近のことである。

柔道で禁止技となった経緯編集

蟹挟での負傷例は非常に多く、禁止技にするかをたびたび議論されていた。

この技は、後方に倒された時よりも、仕掛けられて倒れるのを嫌いこらえる時の方が、膝関節や靭帯を損傷する可能性が高いためである。

1980年全日本選抜柔道体重別選手権大会で、遠藤純男が蟹挟を仕掛けた時に、山下泰裕が左脚腓骨を骨折し大きな反響を呼んだ。負傷棄権で引き分けとなったので山下の連続不敗記録は止まらなかった。これを機に反則でない技で負傷棄権した場合、負傷者の負けとなることとなった。山下の骨折から二か月後に全日本柔道連盟[要出典]の委員会が開かれ、蟹挟の是非について検討され禁止賛成派と反対派に別れた。

禁止賛成派の意見
  • 現在のビニール畳は足が滑らず危険である
  • 柔道が危険なスポーツと思われるのは好ましくない
  • 負傷は事実上の「負け」であり、相手を負傷に追い込んで勝つという手段に用いられる
禁止反対派の意見
  • 合理的に掛ければ負傷することはまずない
  • 掛けられた方の対応が未熟である
  • 柔道の伝統が失われる

といった具合で結論が出ず、暫定的に講道館ルールでは「少年男子」の部は禁止とし、「成年男子」は従来通り認めるということになった。罰則は「反則負け」となった。1985年には女子で禁止となった[2]。罰則は「警告」となった。当時、日本では講道館ルールの大会も多く、国際柔道連盟(IJF)ルールでは女子も禁止ではなかったので日本人女子柔道家が国際試合で蟹挟で負けることが度々起きた[2]1989年、成年男子では禁止するかどうかは各大会主催者に任せることになった[2]。罰則は「警告」となった。その後1994年[要出典]または1998年[2]にIJFルール附則で男女で蟹挟は禁止技となった。罰則は「反則負け」となった。上村春樹は、蟹挟と体を捨てる腕挫腋固が禁止技となったせいで、片手だけで組んで技をかける変則変形柔道が増えている、との意見を持っている[3]

七大柔道では「昭和57年(1982年)7月17日より施行」と記載された審判規定ですでに禁止技となっている。罰則は「反則負け」[4]

脚注編集

  1. ^ 三船久蔵『柔道の真髄:道と術』誠文堂新光社東京(原著1965年4月10日)、188頁。
  2. ^ a b c d 小俣幸嗣、松井勲、尾形敬史『詳解 柔道のルールと審判法 2004年度版』大修館書店(原著2004年8月20日)。
  3. ^ 今月のことば 年頭所感 講道館長上村春樹”. 講道館 (2010年1月). 2019年4月16日閲覧。
  4. ^ 七大学柔道大会試合審判規定”. 東京大学運動会柔道部公式サイト 赤門柔道 (2010年6月15日). 2019年4月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集