メインメニューを開く

衛星政党(えいせいせいとう、bloc party / satellite party)とは、ヘゲモニー政党制で常に政権を独占する政党以外の合法小政党である。

目次

狭義の定義編集

ヘゲモニー政党の体制を支持し、一定限度の狭い利益を代表するが、ヘゲモニー政党に代わって政権を握ることはできない政党のことを指す。

狭義の例編集

中国編集

民主党派」とよばれる。

北朝鮮編集

トルクメニスタン編集

  • 農民正義党

台湾編集

民主化前の「党禁」時代

ベトナム編集

1988年まで存在(1976年までは北ベトナムに存在)

東ドイツ編集

1949年の建国から1989年の民主化まで(支配政党はドイツ社会主義統一党

チェコスロバキア編集

1948年から1990年までのチェコスロバキア共産党政権時代

ポーランド編集

ポーランド人民共和国時代(支配政党はポーランド統一労働者党

ブルガリア編集

ブルガリア人民共和国時代(支配政党はブルガリア共産党

メキシコ編集

制度的革命党中道包括政党)の支配期(2000年まで)

シリア編集

2012年の憲法改正でバアス党指導政党とする規定は削除されたが、議会に議席を有するバアス党以外の政党は衛星政党のみである。

ウズベキスタン編集

ウズベキスタン共産党が改組したウズベキスタン人民民主党を中心として議会に議席を有するいずれの政党も政権を支持している。

広義の定義編集

本来の意味から転じて、社会主義国以外の国家で「特定の大政党と共同歩調を取る」政党を揶揄する用語として使われている[1]

広義の例編集

日本編集

翼賛体制(支配政党は大政翼賛会

  • 翼賛政治体制協議会

自公連立政権(支配政党は自由民主党および公明党

民国連立政権(支配政党は民主党

大阪府政および大阪市政(支配政党は大阪維新の会

東京都議会(支配政党は都民ファーストの会

ロシア編集

プーチン政権(支配政党は統一ロシア

脚注編集