メインメニューを開く
新嘗祭における衣冠束帯

衣冠束帯(いかんそくたい、:いくわんそくたい)とは、平安時代後期に生まれた日本衣裳の名称の一つで、公家正装をいう[1][2][3]

概要編集

衣冠(いかん、古音:いくわん)と束帯(そくたい)の複合語で、2つの違いが意識されなくなった江戸時代中期に[3][* 1]民間で呼ばれ始めた[1]というのが定説である。

しかし、歴史学者鈴木敬三による1979年(昭和54年)の説によれば[4]平安時代末期以降、宮中での束帯の着用機会が減少し、衣冠や直衣(のうし、なおし、:なほし)の着用が拡大した結果、参内(※さんだい。内裏に参上すること)するにあたって束帯の代用とする衣冠を指して「衣冠束帯(いくわんのそくたい、現代語音:いかんのそくたい)」、束帯の代用とする直衣を指して「直衣束帯(なほしのそくたい、現代語音:なおしのそくたい)」というようになったことに始まるという[4]。もっとも、鈴木が論拠とする『明月記』(治承4年-嘉禎元年〈1180年-1235年〉)等の公家の日記にみられる「衣冠束帯」および「直衣束帯」の表記は、丁寧に解釈すると、それぞれに「衣冠や束帯(を着た者がいる)」「直衣や束帯(を着た者がいる)」という意味で用いられている場合もあるため、上記の説については厳密な検証が必要との、[誰?]による反論もある。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 変化の起きた時期について、他の2つの出典のうち『精選版 日本国語大辞典』は「近世」、『デジタル大辞泉』は「江戸時代」としている。

出典編集

  1. ^ a b 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “衣冠束帯”. コトバンク. 2019年8月8日閲覧。
  2. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “衣冠束帯”. コトバンク. 2019年8月9日閲覧。
  3. ^ a b 三省堂大辞林』第3版. “衣冠束帯”. コトバンク. 2019年8月9日閲覧。
  4. ^ a b 鈴木敬三「衣冠束帯」、国史大辞典編集委員会『国史大辞典』第1巻、吉川弘文館、1979年。ISBN 978-4-64-200501-2

外部リンク編集