西文氏(かわちのふみうじ)は、日本氏族漢の高帝の子孫である王仁を始祖とする帰化した漢人集団[1][2]

西文氏
No image available.svg
家祖 王仁
主な根拠地 河内国古市郡西琳寺周辺
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

ははじめ天武天皇十二年(683年)九月にを賜わり、天武天皇十四年六月に忌寸となる。延暦十年(791年)四月、宿禰の姓を賜わる[1]。本拠地は河内国古市郡西琳寺周辺。

「文氏」とは、にも作り、朝廷において文筆を掌ったことに基づく。大和国東漢氏に対して西文氏と称す[1]

活発な経済活動を背景に、5世紀6世紀には倭王政府の使節として、南朝の政府に赴き、外交の実務を執行した[2]

脚注編集

  1. ^ a b c 「渡来系氏族事典」『歴史読本』第51巻第3号、新人物往来社、2006年2月、 209頁。
  2. ^ a b 楽敏 『鉴真东渡日文』五洲传播出版社、2005年、54頁。ISBN 7508508335https://books.google.co.jp/books?id=MmfQv6wvWWAC&pg=PA54&#v=onepage&q&f=false