メインメニューを開く

西日本旅客鉄道吹田工場

吹田工場(すいたこうじょう)は、かつて大阪府にあった西日本旅客鉄道(JR西日本)の車両工場および車両基地である。

吹田工場
基本情報
鉄道事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
帰属組織 近畿統括本部
所属略号 近スイ
整備済み車両略号 吹田工、ST
配置両数
電車 6両
合計 6両
備考 2019年4月現在のデータ
テンプレートを表示

概要編集

近畿統括本部が管轄している工場で、工場の組織としてはJR西日本の唯一であったが、2012年6月1日に検修体制の見直しにより、吹田総合車両所に改称されて廃止された[1]

JR西日本の車両所・車両工場としては唯一気動車を扱わない電車専門の工場であった。

本区編集

 
吹田工場高槻派出所構内

大阪府吹田市にあり、東海道本線JR京都線岸辺駅 - 吹田駅間の南側に位置していた。日本貨物鉄道(JR貨物)の吹田機関区と隣接している。車両の全般検査のほか、改造や更新工事なども行われていた。

主な検査車両は自所配置の車両のほか、下記の車両の検査が行われていた。

高槻派出所編集

大阪府高槻市にある車両基地で、東海道・山陽本線(JR京都線・JR神戸線)の普通(京阪神緩行線)で使用されている車両の夜間滞泊基地として使われていた。高槻電車区として使用されていたが、宮原電車区を経て当工場に統合され、留置線のみが残っていた。

沿革編集

1921年大正10年)11月1日に湊町駅(現在のJR難波駅)に併設されていた鉄道省湊町工場が廃止され、当工場地に移転したことで開設された[2]

年表編集


車体に記される略号編集

所属車両に記される略号
近畿統括本部を意味する「近」と、吹田を意味する「スイ」から構成された「近スイ」となっている。京都支社の管轄だった頃は「京スイ」。過去に高槻派出所に207系が配置されていた頃には、「京スタ」(京都支社を意味する「京」と、吹田を意味する「ス」・高槻派出所を意味する「タ」から構成)→「近スタ」であった。
整備済みの車両に記される略号
吹田工」、「ST

所属車両編集

2019年4月1日現在の所属車両は以下の通りで、本区のみに配置されていた[6]

電車 気動車 機関車 客車 貨車 合計
6両 0両 0両 0両 0両 6両

過去の所属車両編集

 
223系9000番台
  • 207系電車(1994年 - 1997年)
  • 223系9000番台電車(1両)
    • 1両が所属していた。213系と編成を組んで在来線用技術試験車「U@tech(ユーテック)として改造され、地上側と車両側を高速大容量通信で結ぶ「沿線無線WAN」対応の車上設備を搭載している。2019年3月31日付で廃車[6]
  • 213系電車(2両)
    • 2両が所属していた。以前は岡山電車区に所属し、快速マリンライナー」として運行されていた。そのうち1両は元パノラマグリーン車である。上記の223系9000番台とともに「U@tech」として改造され、2019年3月31日付で廃車された[6]


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「車両部門の組織改正 JR西日本、近畿統括本部」『交通新聞』2012年6月5日
  2. ^ a b 『天王寺鉄道局三十年写真史』天王寺鉄道管理局、1981年、p.165。
  3. ^ a b c d e f g 『鉄道ピクトリアル』通巻690号、p.54
  4. ^ 『JR電車編成表 '94夏号』ジェー・アール・アール 、1994年。ISBN 4-88283-021-3
  5. ^ 組織改正などについてインターネットアーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2010年11月16日
  6. ^ a b c 鉄道ダイヤ情報』2019年6月号 交通新聞社

参考文献編集

関連項目編集