メインメニューを開く

岡山電車区(おかやまでんしゃく)は、岡山県岡山市北区にある西日本旅客鉄道(JR西日本)の車両基地である。

岡山電車区
基本情報
鉄道事業者 西日本旅客鉄道
帰属組織 岡山支社
所属略号 岡オカ、岡
車両基地概要
配置両数 345両
配置両数
内燃機関車 2両
電車 290両
貨車 53両
テンプレートを表示

概要編集

岡山支社が管轄しており、岡山支社管内の電化区間における普通快速用の電車電気機関車貨車が配置されている。かつては客車の配置があったが、現在は配置がない。なお、岡山支社が管轄している気動車の車両基地である岡山気動車区は、1989年から2009年の間、当電車区の支所(気動車支区→気動車センター)であった(現在は互いに独立した組織)。

山陽本線岡山駅 - 北長瀬駅間に位置しており、山陽新幹線博多総合車両所岡山支所日本貨物鉄道(JR貨物)岡山貨物ターミナル駅と隣接している。

所属車両の車体に記される略号編集

旅客車は岡山支社の略号である「岡」と、岡山の電報略号である「オカ」から構成された「岡オカ」で、機関車は「岡」である。

  • なお、前述のJR西日本岡山気動車区所属の旅客車に表示される略号も「岡オカ」、後述のJR貨物岡山機関区所属の機関車に表示される略号も「岡」である。

所属車両編集

現在の車両編集

2019年4月1日現在の所属車両は以下の通り[1][2]

電車 気動車 機関車 客車 貨車 合計
290両 0両 2両 0両 53両 345両

電車編集

 
105系電車(地域色)
 
115系電車
 
117系電車(地域色)
 
213系電車
 
223系電車
  • 105系電車(14両)
  • 113系電車(52両)
    • 4両編成(B編成)が13本所属している。下関総合車両所広島支所から転属の0番台・2000番台リニューアル車(転換クロスシート)で組成される。
    • 両先頭車は全車ATS-P搭載工事を実施済。
    • 山陽本線(姫路駅 - 三原駅間)・宇野線・赤穂線(相生駅 - 播州赤穂駅間は1往復のみ)・伯備線(倉敷駅 - 新見駅間)で運用されている。
  • 115系電車(157両)
    • 4両編成(A編成)12本、3両編成(D編成)31本、中間車を先頭車化改造したクモハ114(1000番台)をつないだワンマン運転対応の2両編成(G編成)8本が所属している。G編成以外のリニューアル車(アーバンネットワークの113系のリニューアル車両に準じた仕様)は転換クロスシートである。
    • 豪雪地帯である山陰本線に多くの編成が乗り入れた経緯があるため(現在はG編成のみ)、配置車両の大部分が耐寒耐雪構造の1000番台となっているのが特徴である。D編成は1000番台の編成(D-01 - D-21、D-28 - D-31)と、国鉄末期に三鷹電車区(現・三鷹車両センター)から転入した300番台の編成(D-22 - 27)がある。
    • かつては中間車が3500番台の4両編成(K編成)も在籍していたが、2016年に消滅している。
    • 山陽本線(姫路駅 - 三原駅間)・赤穂線(播州赤穂駅 - 東岡山駅間)・伯備線(新郷駅 - 伯耆大山駅間はG編成のみ運用。ただし、新郷駅 - 上石見駅間は、D編成が回送で乗り入れている。)・福塩線(福山駅 - 府中駅間)・宇野線・本四備讃線茶屋町駅 - 児島駅間)など岡山支社管内の在来線のほか、伯備線を経由して山陰本線(伯耆大山駅 - 西出雲駅間、G編成のみ運用。以前はD編成が運用)に乗り入れるなど幅広く運用されている。2002年までは西明石駅までの運用も存在していた。2019年3月までは山陽本線広島シティネットワークや、瀬戸大橋線を経由して四国旅客鉄道(JR四国)予讃線宇多津駅 - 多度津駅間)および土讃線(多度津駅 - 琴平駅間)への乗り入れも存在した。
      • 以前はA・D・K編成が快速『スーパーラビット』(東福山駅 - 広島駅間)に使用され、ヘッドマークも取り付けられていた。
    • 2007年からはATS-Pの搭載工事をG編成をのぞいて順次実施し、2009年に対象となる全編成の整備が完了した。
  • 117系電車(24両)
    • 4両編成(E編成)6本が所属している。全編成がワンマン運転に対応している[3]
    • E-04 - 06編成が1992年に宮原電車区(現・網干総合車両所宮原支所)から転属した0番台の編成、E-07 - 09編成が2015年に下関総合車両所運用検修センターから転属した100番台の編成である。
    • 山陽本線(東岡山駅 - 三原駅間)・赤穂線(播州赤穂駅 - 東岡山駅間)で運用されている。
    • 山陽本線の快速サンライナー」を中心に運用されるが、一部は山陽本線や赤穂線の普通列車にも使用されている。
  • 213系電車(28両)
    • 3両編成4本(C-01・C-05・C-06・C-12編成)、ワンマン運転に対応した2両編成7本(C-02・C-03・C-07 - C-11編成)と、「La Malle de Bois」2両編成1本(LA1編成)の計28両が所属している。かつてはスーパーサルーン「ゆめじ」(C13編成)用のクロ212形1両も配属されていたが、2010年11月1日付で廃車となった[4]
    • C-07 - C-11編成については中間車の先頭車化改造工事を受けた車両(クハ212形100番台)が組み込まれている。C12編成については、通常は2両編成(クモハ213-10+クハ212-8)で使用され、C04 - C06編成が検査の際に中間にクハ212-7を組み込んだ3両編成として運用される。
    • LA1編成以外の編成は、山陽本線(姫路駅 - 三原駅間)・赤穂線(播州赤穂駅 - 東岡山駅間)・伯備線(倉敷駅 - 新見駅間)・宇野線・瀬戸大橋線(岡山駅 - 児島駅間)で運用されている。元々は宇野線(瀬戸大橋線)の快速「備讃ライナー」→「マリンライナー」用として投入されたが、2003年10月のダイヤ改正で「マリンライナー」運用からは離脱し、前述の短縮化改造を受けている。「マリンライナー」充当時には山陽線の快速「サンライナー」での間合い運用もあったほか、呉線経由下関直通臨時列車の運用実績もある。
    • 2012年6月に吹田総合車両所を出場したC-08編成を皮切りに2015年8月までに、全編成に体質改善工事を施工。
    • 2016年3月に旧C-04編成のクハ212-4とクモハ213-4を「La Malle de Bois」に改造しLA1編成とした。抜かれたサハ213-4はC-01編成に組み込まれ、3両編成となった。
  • 223系電車(14両)
    • 5000番台2両編成(P編成)7本、計14両が所属している。
    • 瀬戸大橋線の快速「マリンライナー」で運用されている。ほとんどの列車でJR四国高松運転所所属の5000系電車3両編成(M編成)とペアを組んでいる。一時、網干総合車両所から借入されたサハ223形を中間に組み込んだ3両編成で運行されていた時期があった。
  • クモヤ145形電車(1両)
    • 1000番台1両(1124)が所属している。牽引車。この車両は2010年11月24日にこれまで配属されていた1103と入れ替える形で下関総合車両所運用検修センターから転属した車両である[4]

機関車編集

機関車の検修は日本貨物鉄道(JR貨物)岡山機関区に委託している。

貨車編集

  • チキ5200形貨車(30両)
  • チキ5500形貨車(6両)
    • レール輸送用長物車。常備駅は、東福山駅。
  • チキ6000形貨車(8両)
    • レール輸送用長物車。常備駅は、東福山駅。
  • ホキ800形貨車(9両)
    • バラスト輸送用ホッパ車。常備駅は、岡山貨物ターミナル駅。

過去の車両編集

電車編集

  • 32系電車
    • 宇野線、赤穂線、山陽本線で運用。1976年、運用終了。
  • 40系電車
    • 宇野線、赤穂線、山陽本線で運用。1976年、運用終了。
  • 42系電車
    • 宇野線、赤穂線、山陽本線で運用。1976年、運用終了。
  • 51系電車
    • 宇野線、赤穂線、山陽本線で運用。1976年、運用終了。
  • 72系電車
    • 1988年、クモニ83形を旅客用に改造したクモハ84形が3両配属され、宇野線、瀬戸大橋線で活躍したが、1996年廃車。
    •  同形式は、民営化後に誕生した唯一の旧性能電車の新形式だった。
  • 80系電車
    • 宇野線、赤穂線、山陽本線で運用。1978年、運用終了。
  • 103系電車
    • 2009年4月1日現在で4両編成1本(H13編成)が所属していたが、日根野電車区から貸し出されていた4両(H17編成)とともに、6月23日に吹田工場まで回送された後、7月2日に同編成のクモハ103-110が近畿車輛へ回送されている。これにより、岡山電車区所属の103系は消滅した[5][6]
  • 211系電車(2両)
    • C13編成(スーパーサルーン「ゆめじ」)のクモロ211形1両とモロ210形1両の2両が所属し、臨時・団体列車で運用されていた。
    • 2010年3月7日に「さよなら運転」が行われ運用を終了し[7]、同年4月14日に吹田工場に回送され[8]、同年6月30日付けで廃車となった[9]

客車編集

 
ゆうゆうサロン岡山

機関車編集

歴史編集

  • 1982年昭和57年)6月25日:岡山運転区が岡山電車区に改称[11]。岡山運転区と岡山客車区が統合され、岡山客貨車区が発足[11]
  • 1984年(昭和59年)2月1日:糸崎客貨車区が廃止され岡山客貨車区の客貨車区になる[11]
  • 1985年(昭和60年)3月14日:岡山客貨車区糸崎支区が糸崎機関区と統合し、糸崎運転区になる[11]
  • 1986年(昭和61年)11月1日:岡山電車区と岡山客貨車区の客車部門を統合して、岡山運転区になる。
  • 1987年(昭和62年)3月1日:岡山運転区から岡山運転所に改称[1]。岡山派出所・岡山西口派出所・宇野派出所は継承される。宇野派出所はのちに廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化で西日本旅客鉄道の施設になる。
  • 1989年平成元年)3月11日:岡山運転所岡山派出所が岡山運転区に、岡山運転所と岡山気動車区が統合して岡山電車区になる。岡山気動車区は岡山電車区の気動車支区になる[12]
  • 1990年(平成2年)6月11日:気動車支区が津山鉄道部の岡山気動車分室になる[13]
  • 2008年(平成20年)6月1日:津山鉄道部が廃止され、津山鉄道部気動車分室が岡山電車区気動車センターになる[14]
  • 2009年(平成21年)6月1日:気動車センターが岡山気動車区として分離[14]


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2019夏 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2019年、p.185-189。ISBN 9784330972190
  2. ^ 「JR旅客会社の車両配置表」『鉄道ファン』2019年7月号、交友社
  3. ^ 105系・115系・213系のワンマン対応車と異なり、車内で運賃を収受しない、快速「サンライナー」のワンマン運転に対応した改造であるため、前述のワンマン対応車には設置されている整理券発行器・運賃箱・運賃表示器は設置されていない。
  4. ^ a b 『鉄道ファン』2011年7月号、交友社。
  5. ^ 103系8両が吹田へ - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp鉄道ニュース 2009年6月24日
  6. ^ クモハ103-110が近畿車輛へ - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp鉄道ニュース 2009年6月24日
  7. ^ さよなら「スーパーサルーンゆめじ運転終了セレモニー」実施について Archived 2010年2月26日, at the Wayback Machine. - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2010年2月22日
  8. ^ 「スーパーサルーンゆめじ」が吹田工場へ - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp 2010年4月15日
  9. ^ 『JR電車編成表 2011冬』交通新聞社、2010年。ISBN 978-4-330-18410-4
  10. ^ 『直流電気機関車 EF65』イカロス出版、2008年、p.153。ISBN 978-4-86320-074-6
  11. ^ a b c d ジェー・アール・アール『復刻版 国鉄電車編成表1986.11 ダイヤ改正』交通新聞社、2009年、p.88。ISBN 978-4-330-10609-0
  12. ^ 『JR気動車客車編成表 90年版』ジェー・アール・アール。ISBN 4-88283-111-2
  13. ^ 『JR気動車客車編成表 92年版』ジェー・アール・アール、1992年。ISBN 4-88283-113-9
  14. ^ a b ジェー・アール・アール『JR気動車客車編成表 2010』交通新聞社、2010年、p.236。ISBN 978-4-330-14710-9

関連項目編集