メインメニューを開く

西村 亨(にしむら とおる、1926年1月25日[1]- )は、国文学・民俗学者、慶應義塾大学名誉教授。

東京生まれ。麻布中学から慶應義塾大学文学部へ進む。在学中から折口信夫に師事し、古代学の継承と王朝の和歌・物語を研究。慶應義塾中等部教諭をへて、1970年慶應大学文学部助教授、1974年教授。1980年「恋の文学形成の研究」で文学博士1989年退職、名誉教授。

目次

著書編集

共著・編著編集

論文編集

編集