メインメニューを開く

西舞鶴運転所(にしまいづるうんてんじょ)は京都府舞鶴市にあるWILLER TRAINS(京都丹後鉄道。丹鉄)の車両基地・乗務員基地である。宮津線宮舞線宮豊線)および宮福線の列車運行の重要拠点となっている。

概要編集

当運転所は西舞鶴駅構内にあり、特急用車両が7編成16両、普通列車用車両が12両所属し、京都丹後鉄道の車両運行の拠点となっている。また車両の保守・整備も行っている。

日本国有鉄道(国鉄)西舞鶴機関区の流れを汲む車両基地であり、国鉄時代は舞鶴線中舞鶴線舞鶴港線を含む。)および宮津線の車両基地として機能していた。

沿革編集

  • 1946年(昭和21年) - 国鉄の西舞鶴機関区が開設される。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)に継承。
  • 1990年(平成2年)4月1日 - JR宮津線の北近畿タンゴ鉄道転換に伴い、当運転区も移管。北近畿タンゴ鉄道 西舞鶴運転区となる。
  • 2012年(平成24年) - 西舞鶴運転所に改称。当時に傘下の福知山運転支区は福知山運転所、豊岡運転派出は豊岡運転所となる[1]
  • 2015年(平成27年)4月1日 - 丹鉄に移管。

所属車両編集

 
KTR001形
 
KTR8000形
 
KTR800形
  • KTR001形(6両)
    • 愛称は「タンゴエクスプローラー」
    • 3両編成2本が所属し、グリーン車の設定がない普通車のみのモノクラス編成である。
    • 当初は両編成ともそれぞれ単独で運用され、併結運行は不可能であったが、1999年(平成11年)に併結可能に改造され、以後は多客期に両編成を連結した6両での運用も見られた。
    • 特急及び快速・普通列車の定期運用、臨時・団体列車などにも使用されている。
    • 2013年(平成25年)3月16日のダイヤ改正により、定期運用が終了した。
  • KTR8000形(10両)
    • 愛称は「タンゴディスカバリー」
    • JR西日本の183系電車との併結装備を持つ8000番台(2両編成2本)と併結装備を持たない8010番台(2両編成3本)が所属する。
    • 主に特急車両として運用されるが、快速・普通列車として定期運用もされている。
    • 特急としてははしだてまいづるたんごリレーで運用されている。
  • KTR700形・KTR800形(12両)
    • トイレ付きのKTR700形が9両、トイレのないKTR800形が3両が所属する。
    • 基本的に単行での運用だが、多客期には2両 - 3両編成で運用されており、その際は車掌も乗務する。
    • 主に宮舞線・宮豊線で普通列車として運用されている他、宮福線でも使用される。
    • 過去には一部列車が豊岡駅からJR山陰本線に乗り入れ、城崎駅(現・城崎温泉駅)まで運転されていた時期があったが、1999年10月2日のダイヤ改正で廃止された。

過去の所属車両編集

乗務範囲編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 北近畿タンゴ鉄道安全報告書(2011年度版)の安全管理体制ではそれぞれ西舞鶴運転区長、福知山運転支区長、豊岡運転派出所長とあるが、翌年の北近畿タンゴ鉄道鉄道安全報告書(2012年度版)においては西舞鶴運転所長、福知山運転所長、豊岡運転所長に変わっている。

関連項目編集