西谷村 (福井県)

西谷村(にしたにむら)は、福井県の南東部にあった大野郡1970年7月1日大野市に編入され、消滅した。

にしたにむら
西谷村
廃止日 1970年6月30日
廃止理由 編入合併
西谷村→大野市
現在の自治体 大野市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 福井県
大野郡
団体コード 18341-5
面積 198km2
総人口 1,605
1960年国勢調査
隣接自治体 今立郡池田町大野市大野郡和泉村
岐阜県本巣郡根尾村揖斐郡徳山村
西谷村役場
所在地 912
福井県大野郡西谷村中島
Fukui nishitani-village.png
特記事項 着色部分全体が現在の大野市で、濃い黄緑色の部分が旧西谷村である。
 表示 ウィキプロジェクト
中島集落(麻那姫湖青少年旅行村)
温見集落の「ふるさとの跡」

目次

離村に至るまで編集

面積は198km2。11の集落があり、1960年の国勢調査では人口1,605人だった。現在の大野市の南部一帯に当たる。

それ以前に、1959年笹生川ダムの建設(3集落が離村)、及び1963年三八豪雪(3集落が離村)で被害を受けた。1965年9月15日四〇・九風水害によって全村で壊滅的な被害を受けた。一旦は復興へと話が進むも、1966年九頭竜川支流の真名川真名川ダムが建設されることになり、非水没集落も含めた全住民が集団離村することが決定。村民は大野市を中心に県内外の各地に居を移した。大野市は市内への移住や就業を希望した村民を受け入れるため、1966年に大野市下据(旧大野郡上庄村)に集合住宅「市営西谷団地」(20棟80戸)を建設した。1969年には新しい行政区名を西谷村民から公募し、「西里」と命名。「市営西里団地」となった[1][2]。村は1970年6月30日限りで廃村となり、翌日全域が大野市に編入された。

ダムの建設で廃村となった岐阜県徳山村とは山一つ隔てているのみで、地理的には隣接という位置関係になるが、直接両者を繋ぐ幹線道路はない。

集落編集

  • 小沢
  • 下秋生
  • 上秋生
  • 本戸(準水没扱い)
    • 以上4集落は笹生川ダム建設により離村。
  • 巣原(準水没扱い)
  • 熊河
  • 温見(準水没扱い) - 現在も岐阜県境の「温見峠」にその名が残る
    • 以上3集落は三八豪雪により離村。後に雲川ダムが建設される。
  • 中島
  • 上笹又
  • 下笹又
  • 黒当戸(準水没扱い)
    • 以上4集落は四〇・九風水害で甚大な被害。下笹又は真名川ダム建設によって水没

交通編集

京福大野駅(現・大野三番)から村内「中島」停留所まで京福バスの路線があったが、廃村に際して廃止となった。

現況編集

現在は西谷村の中心集落だった中島(現在の大野市中島)に麻那姫湖青少年旅行村が整備され、夏を中心にレジャーやキャンプを目的に観光客が訪れている。また、国道157号の脇には離村集落ごとに「ふるさとの碑」が建立されているほか、石垣や水車など生活の遺構も見ることができる。また、夏にはかつての住民やその子などが農業などをしている。冬は深い雪に閉ざされ道路も通行止めになるため、訪れるものは皆無である。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『市政大野』第178号1969年3月1日 大野市役所企画室広報係(PDF) 当時の団地の写真を掲載している。記事中に「西谷村では204世帯のうち148世帯が市内への移住を希望しています」「西谷村との合併についても、市と西谷村との間で協議が行なわれています」「下据の西谷団地を市の行政区に編入するため、3月末までに新しい行政区名を西谷住民から公募することにしています」とある。その後は一般の市営住宅となり、空室については西谷村からの移住者以外の大野市民にも入居募集が行われた。2018年現在も市営住宅として存在しており住民がいる。
  2. ^ 市営住宅(公的住宅等一覧)2016年10月27日 大野市役所建築営繕課

外部リンク編集