メインメニューを開く

KADOKAWAの文庫レーベル(カドカワのぶんこレーベル)では、株式会社KADOKAWAが発行・発売もしくは同社に吸収合併された角川グループパブリッシング(角川GP)が発売元となっていた文庫本のレーベル一覧について、各ブランド(旧ブランドカンパニー)別に記述する。

目次

角川書店編集

以下は角川書店のレーベルである。ただし「角川文庫」は他のブランドが使用することもある[1]

廃刊した角川文庫の派生レーベル編集

角川学芸出版編集

以下は角川学芸出版のレーベルである。統合前のレーベルはいずれも角川文庫からの派生であり、角川書店が発行していた。

  • 角川ソフィア文庫 - 以下の2レーベルを統合、角川mini文庫より「ビギナーズ・クラシックス」を継承
    • 角川日本古典文庫 - 旧角川文庫黄帯(創刊時は紫帯)、江戸時代以前の日本の古典作品
    • 角川文庫ソフィア - 旧角川文庫白帯、思想・科学・芸術その他

富士見書房編集

以下は富士見書房のレーベルである。1991年から2005年は「角川書店富士見事業部」が正式名称で「富士見書房」は現在と同様にブランドとしての存在であった。富士見書房の文庫レーベルは、2013年9月までは独自のISBN(978-4-8291)を使用していた。2013年10月にブランドカンパニー化して以降はKADOKAWAのISBN(978-4-04)に統合されている。

廃刊した富士見書房のレーベル編集

アスキー・メディアワークス編集

以下はアスキー・メディアワークスおよび旧メディアワークスのレーベルである。

旧メディアワークスのレーベル編集

現在はいずれも廃刊。1999年までは主婦の友社が発売していた。

エンターブレイン編集

以下はエンターブレインのレーベルである。アスペクトが発行していたレーベルは含まない。

メディアファクトリー編集

以下はメディアファクトリーのレーベルである。メディアファクトリーは2011年11月に角川グループ傘下となったが、2013年9月までは従前のISBN(978-4-8401)を使用していた。2013年10月にKADOKAWAへ吸収合併され、ブランドカンパニー化して以降はKADOKAWAのISBN(978-4-04)に統合されている。

中経出版編集

以下は中経出版のレーベルである。2009年4月に角川グループ傘下となったが、メディアファクトリーと同様に従前のISBN(978-4-8061)を使用していた。2013年10月にKADOKAWAのブランドカンパニー化して以降はKADOKAWAのISBNに統合されている。

  • 中経の文庫 - ビジネス書、実用書などが中心
  • 新人物文庫 - 歴史関連書。旧新人物往来社から継承

ブランド横断のレーベル編集

ブランドカンパニー化以前は協力出版形式を採っており、タイトルによって角川書店、角川学芸出版、角川マガジンズ(旧角川・エス・エス・コミュニケーションズ)、富士見書房、アスキー・メディアワークス、エンターブレインなど発行元が分かれていた。

脚注編集

  1. ^ 『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版]』(アスキー・メディアワークス)[1]、『幽談』(メディアファクトリー)[2]、『テルマエ・ロマエII 〜小説版〜』(エンターブレイン)[3]など
  2. ^ 後に角川文庫に再統合
  3. ^ 本レーベルで復刊後、角川文庫のラインナップへ復帰した作品も存在する。
  4. ^ 創刊時はテーブルトークRPGのリプレイ・サプリメント等を中心とするレーベルであった。

関連項目編集

外部リンク編集